2008/6/4

オマーン戦・試合外の話。  サッカー(代表)

昨日オマーン戦の記事で「代表の応援は熱烈」と書いた。

でも「旗振り隊」さんによると、「代表サポは壊滅状態。」「緊張感なんてどこにもない。」とか。

そうなのか。

私の席の周りでも、試合が始まっているのに何度何度も出たり入ったり、落ち着かない人たちがいた。試合見る気ないの?食べ物を買いに行くだけじゃなく、無駄に出入りしている。

こっちの視線も遮るので「見えませ〜ん」と言ったけど無視。「ONO」ユニだから、やっぱり浦和か

入場前手荷物検査、私の前の「おばさま」2人、ペットボトル発見されてた。「代表戦は持ち込み禁止」を知らなかったみたい。隠そうとすらしていなかった。いうことは初観戦?観戦客層が変わってきたのかも。

ユニフォームは圧倒的に「NAKAMURA」ユニが多かった。気をつけて見ると「10番」でなく「14番」もある。憲剛だって神奈川・地元だから当然だね。

憲剛は出番はなくても試合後のピッチ一周時、すごく嬉しそうで、声援にも生真面目に応えていたね。嬉しそうと言えば、能活の笑顔も印象的だった。

「NAKATA」ユニも随分見かけた。フランスW杯ユニもいた。昨年春は宮本や稲本が多かったけどね。何故に中田?7日に試合があるからって、着ている人は何をアピールしたいのだろう。

(ところで7日の試合、相手チームの選手は決まったの?)

雨具は透明レインコートが一番多いけれど、青色レインコートも多かった。青色の中ではJFAのものが多いかな。でもマリノスレインコートも結構多かった。私のは02年日韓W杯記念の雨具。これ、席の回りで着ている人が数名いたね。

後半強い雨で、芝が滑りやすくなっていた。オマーンの選手が転んで、中澤がボールを奪おうとしたら中澤も同じ形で滑った。なんだか笑ってしまった。

闘莉王は終わり頃、すごく右腿裏を気にしていた。肉離れ?次の試合は出られるのだろうか。闘莉王はケガが多いよね。Jリーグのことをあまり知らない家族は顔だけ見て「30過ぎだとケガが多くなるよね」だって(笑)。(浦和の皆さんごめんね)。

試合後、岡田監督は「我々はまだ何も手にしていない」と言った。どこかで聞いたセリフ。04年のチャンピオンシップ第1戦勝利後にも言わなかったっけ?

岡田監督があの時のような熱くて冷静な闘争心を持っているということかな。だったらいいけど

昨日会合で、「杉山・釜本、ダイヤモンドサッカー」以来のサッカーファンという方と合った。同世代の男性。

やはり、今は「代表よりJリーグのチーム」なんだそうだ。で、私が「パラグアイ戦のガラガラ・スタジアムはショックだった」と言うと、「僕がよく見ていた頃はそれが当り前。今日は早く帰れたから、試合でも見に行くか、って調子で当日券以外買ったことなかったですよ」だって。

「それにしても昔に比べると選手はうまくなったし、層も厚くなったね。ドーハの時は都並が故障したら、もういないんだものね」

こういうことを聞くと、心配することは何もないような気がしてきた
0

2008/6/3

雨でも観戦者は勝組  サッカー(代表)

やっぱり代表のW杯予選の雰囲気は独特だ。たまらない。

チケットが売れないのなんの、と言ったって、一歩スタジアムに足を踏み入れれば、サポーターの熱狂的な応援にいやおうもなく気分が高揚してしまう。

まして、こんな言葉を目にしたらねぇ。
クリックすると元のサイズで表示します
「辿り着こうぜ最高の場所へ」。いつもマリノスで歌っている歌だよ。

その呼びかけに呼応するが如く、中澤のボンバヘッド!
クリックすると元のサイズで表示します
遠藤のCK。この弾道の先に祐二がいる。

ボールの勢いはすごかったね。ネットが最大限後ろへ飛び出た。

クリックすると元のサイズで表示します
喜ぶ選手達。

このところマリノスはゴールが少ないから、ずっと閉塞感があった。スッキリしたぁ。NAKAZAWAマフラーを振り回しちゃった。

今日は長沼健元会長が亡くなったこともあり、選手の闘志は並々ならぬものがあったと思う。逆に硬くなっているんじゃないかと心配もした。でもこのゴールが心配を払拭した。嬉しかった。

次いで、「いつの間に闘莉王がここに?」と思った瞬間に俊輔から素晴らしいロングパスが来て、今回は落ち着いて落とし、大久保が走りこんできた。ここできちんと決めるのが大久保だね。今は本当にエースだと思う。

スポーツニュースでは、俊輔が素晴らしかったと言っていたけど、確かに得点の場面などは俊輔なんだけど、あんまり出来は良くなかったような気がした。特に前半。俊輔自身も、悔しそうに手を上下にパンと打つ場面が多かったし、頭を振ることも多かった。

ボールを奪われたり、判断が遅くてパスコースがなく、戻すこともいつもより多かったように見えた。
クリックすると元のサイズで表示します
CK。「シュンスケ!」「シュンスケ!」の声が飛ぶ。

クリックすると元のサイズで表示します
3点目。みんなで祝福。俊輔右足のシュート。GKちょっと反応鈍かった?

松井は最前線をすごいスピードで横切ったり、よく動いていた。走っていた。私には松井の方がキレがいいと思った。他の選手にも走れと指示していたしね。見ていて面白かった。

遠藤の巧さ、長谷部の安定。控えに啓太、憲剛といるわけだから、考えてみればすごいチームなんだよね。

3点目の後は雨がひどくなってきたので、写真はなし。

オマーンはパスを細かくつないだり、は巧いし、個人技のある選手もいたけれど、日本の激しい守備にシュートがほとんど打てなかった。

3−0で快勝。でももっと点が取れたと思う。連携はまだ途上。
クリックすると元のサイズで表示します

入場者数は4万7千人くらい。娘が「ヨン様の3万5千人を上回ってよかった」(苦笑)

クリックすると元のサイズで表示します
サポーターに挨拶。ピッチを一周。選手達みんな嬉しそうだった。

埼玉スタジアムじゃ、この選手挨拶を見ることができない。日産でやってくれると、見ずらいとかは問題じゃなくて、とにかく家から近いから良いのだ!

クリックすると元のサイズで表示します
バックスタンド前で選手整列(わかりにくけど黒い看板が途切れたあたりに選手がいる)。サポーター・観客も大満足。

帰り、横断歩道のところで、若者3人がびしょぬれだったので、折りたたみ傘をあげた。私は自転車だし、雨具を着ていたから傘はなくても大丈夫。

「優しさをありがとう!」と言われてしまった。

そういえば、01年のコンフェデ準決勝(豪雨)の時も親子連れに余分に持っていた傘をあげたっけ。あの小学生ももう高校生かな。

とにかくいい気分で帰ってきました。次の試合も頼みます。(と、すっかり以前の悲観論が雲散霧消)
0

2008/6/2

始まります  サッカー(代表)

やっぱり予選の雰囲気は違う。熱烈。今日亡くなった長沼さんために黙祷した。段々ドキドキしてきた〜(携帯から)
0

2008/6/1

藤棚商店街のフラッグ  サッカー(マリノス)

昨日のナビスコ・大分戦の山瀬幸宏のミドルシュートは素晴らしかった!!スポーツニュースで見てびっくりしてしまった。Jリーグベストゴール。兄もすごいから、筋肉のDNAが違うんだろうね。

勇蔵もFKが決まってよかった。携帯速報メールで勇蔵の得点と知った時、ヘディングだと思った。FKとは。

大分まで応援に行かれた皆様、勝てなかったけど見事な2ゴールが見られて報われたね。

代表は昨日東戸塚の元F・マリノス(現FC)グラウンドで非公開練習をしたとか。今日は日産スタジアムだね。代表は横浜駅近辺のホテル泊らしいから、中澤の散歩隊が散歩するのはマリノスタウンだね(笑)。

タイトルの「藤棚商店街のフラッグ」。マリノスフラッグがズラッと飾ってあった。
クリックすると元のサイズで表示します

藤棚商店街は名前は知っていたけど、どこにあるのか知らなかった。相鉄線の「西横浜駅」なんだね。駅から国道一号線を渡った先。商店街の先は坂を上って野毛山方面らしい(自信なし)。

藤棚商店街については→こちら 藤棚地区商店街連合会

クリックすると元のサイズで表示します
横断歩道や注意・危険ゾーンの舗装は赤でなく藤色(写真はわかりにくいかな)

なつかしい感じの商店街。今でも商店街のあちこちに藤棚があるらしい。

もうウチの近所ではなくなってしまった手芸屋さんや金物屋さんもここにはある。狭い範囲に手芸店が2軒あった。花屋が多いね。魚屋はすごく安かった。文房具屋さんも古い店舗で色あせたノートが置いてあった。

友人が藤棚一番街にある「ふらんすやま(洋菓子・喫茶)」に連れて行ってくれた。

1階がケーキ店、2階が喫茶店。

コーヒーを頼むと「ロア(薄い)とケア(濃い)とどちらにしますか?」というので「ロアはアメリカンですか?ケアはエスプレッソ?」と聞いた。「アメリカンではありません。初めての方はロアをお奨めします。ケアはロアに慣れてからお試し下さい。」

コーヒーを淹れるにも時間がかかった。

美味しかった ロアで十分濃厚。ケアには辿り着きそうにない。

クリックすると元のサイズで表示します
紫イモのケーキ

「ふらんすやま(ケーキ)」は以前新横浜駅にもあったそうだが、今はない。「ららぽーと横浜」にあるそうなので、ケーキを買いにいこうかな。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ