2008/6/3

雨でも観戦者は勝組  サッカー(代表)

やっぱり代表のW杯予選の雰囲気は独特だ。たまらない。

チケットが売れないのなんの、と言ったって、一歩スタジアムに足を踏み入れれば、サポーターの熱狂的な応援にいやおうもなく気分が高揚してしまう。

まして、こんな言葉を目にしたらねぇ。
クリックすると元のサイズで表示します
「辿り着こうぜ最高の場所へ」。いつもマリノスで歌っている歌だよ。

その呼びかけに呼応するが如く、中澤のボンバヘッド!
クリックすると元のサイズで表示します
遠藤のCK。この弾道の先に祐二がいる。

ボールの勢いはすごかったね。ネットが最大限後ろへ飛び出た。

クリックすると元のサイズで表示します
喜ぶ選手達。

このところマリノスはゴールが少ないから、ずっと閉塞感があった。スッキリしたぁ。NAKAZAWAマフラーを振り回しちゃった。

今日は長沼健元会長が亡くなったこともあり、選手の闘志は並々ならぬものがあったと思う。逆に硬くなっているんじゃないかと心配もした。でもこのゴールが心配を払拭した。嬉しかった。

次いで、「いつの間に闘莉王がここに?」と思った瞬間に俊輔から素晴らしいロングパスが来て、今回は落ち着いて落とし、大久保が走りこんできた。ここできちんと決めるのが大久保だね。今は本当にエースだと思う。

スポーツニュースでは、俊輔が素晴らしかったと言っていたけど、確かに得点の場面などは俊輔なんだけど、あんまり出来は良くなかったような気がした。特に前半。俊輔自身も、悔しそうに手を上下にパンと打つ場面が多かったし、頭を振ることも多かった。

ボールを奪われたり、判断が遅くてパスコースがなく、戻すこともいつもより多かったように見えた。
クリックすると元のサイズで表示します
CK。「シュンスケ!」「シュンスケ!」の声が飛ぶ。

クリックすると元のサイズで表示します
3点目。みんなで祝福。俊輔右足のシュート。GKちょっと反応鈍かった?

松井は最前線をすごいスピードで横切ったり、よく動いていた。走っていた。私には松井の方がキレがいいと思った。他の選手にも走れと指示していたしね。見ていて面白かった。

遠藤の巧さ、長谷部の安定。控えに啓太、憲剛といるわけだから、考えてみればすごいチームなんだよね。

3点目の後は雨がひどくなってきたので、写真はなし。

オマーンはパスを細かくつないだり、は巧いし、個人技のある選手もいたけれど、日本の激しい守備にシュートがほとんど打てなかった。

3−0で快勝。でももっと点が取れたと思う。連携はまだ途上。
クリックすると元のサイズで表示します

入場者数は4万7千人くらい。娘が「ヨン様の3万5千人を上回ってよかった」(苦笑)

クリックすると元のサイズで表示します
サポーターに挨拶。ピッチを一周。選手達みんな嬉しそうだった。

埼玉スタジアムじゃ、この選手挨拶を見ることができない。日産でやってくれると、見ずらいとかは問題じゃなくて、とにかく家から近いから良いのだ!

クリックすると元のサイズで表示します
バックスタンド前で選手整列(わかりにくけど黒い看板が途切れたあたりに選手がいる)。サポーター・観客も大満足。

帰り、横断歩道のところで、若者3人がびしょぬれだったので、折りたたみ傘をあげた。私は自転車だし、雨具を着ていたから傘はなくても大丈夫。

「優しさをありがとう!」と言われてしまった。

そういえば、01年のコンフェデ準決勝(豪雨)の時も親子連れに余分に持っていた傘をあげたっけ。あの小学生ももう高校生かな。

とにかくいい気分で帰ってきました。次の試合も頼みます。(と、すっかり以前の悲観論が雲散霧消)
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ