2008/6/12

五輪代表カメルーン戦  サッカー(代表)

観客一万5千人。この試合を見に行く人はかなり物好きかも。

朝、大雨だったのでバイトに出かける時から万全の支度。大荷物。こんな思いまでして観戦に出かけた。

それで、あの試合かい、という思い。

なんていうか、「癒し」のゲーム。ピリピリ感・緊迫感なし。選手は走らない、様子見ばかり。

観客ものんびり観戦。大体選手がわからない。どこのチーム?歳幾つ?なんて言いながら見てる。

後ろの方では若い女の子たちが「もりもと〜♪」と叫んでいる。ゴール裏もキャアキャア声が多かったね。

何なんだろう、この空気。

まぁ、詳しくは明日書きます。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ