2008/6/14

ユーログループC・TV観戦  サッカー(その他)

夜、ジャスミン茶を飲んだら、眠れなくなってしまった。ポットに残っていた濃いのを飲んでしまったせいだと思う。

それで、そのままユーロ2008グループC「イタリア対ルーマニア」を見ることにした。これが面白くて眠気は完全に吹き飛んだ。

イタリアはオランダに3−0で負けているから、この試合はどうしても勝たなくてはならない。最初から積極的だった。次々と攻撃の手を繰り出してくる。受けるルーマニアも瀬戸際で強い。

イタリアのクロスの速いこと。ポワーンというクロスは皆無。ちょっと当てればそのままゴールするような強くて早いクロスだ。

でもどうにもゴールをこじ開けられない。トーニのシュートが枠を捉えきれない。捉えたのは微妙なオフサイドで取り消された。

でも前回の試合より自分勝手なプレーは減ってチームプレーを心がけているように見えた。デル・ピエロもいい動きなんだけどね。二人のゴールを見たい。

ルーマニアはムトゥに任せているような攻撃だった。

前半にルーマニア選手同士がヘディングでぶつかって、一人が電動自動車で運ばれて行った。立ち上がれず、目のところにガーゼを当てていた。車に乗せる時もすごく慎重だったので重傷のように見えた。もう一人は額にガーゼを貼った。血が出ているようだった。ヘディングの時痛いだろうなぁ。

こんな事故があってもルーマニアの闘志は衰えなかった。

後半、ザンブロッタの信じられないミスから、ムトゥがゴール。ヘディングのバックパスをかっさらった。イタリアが押していただけに「え〜?!」と絶句してしまった。

イタリアはすぐに反撃。CKをバヌッチが押し込んだ。イタリア選手も知らない人が増えた。ガッツゥゾも出てないし、アンブロジーニも出ていなかった。

同点でイタリアガンバレ!の時にPK献上。なんかイタリアに厳しい審判だったね。「イタリアさよなら」と思った。

が、ブッフォンが止めた!その時の雄叫び。深夜なのに、ウチでも声を挙げてしまった。(本当に酔狂なことに、家族3人で見ていた)

でもイタリアは勝てませんでした。でも「即敗退」ではないのが救い。

次のオランダ対フランスも勢いで見た、といってもカイトの得点が決まった後は夢うつつで、後半目を覚ました時にオランダの素晴らしい2点目が決まった。あの速さはすごいよ。

でも、フランスもアンリの得点で2−1と1点差になる。まだわからないぞ、と思っていたら、3点目が入り、万事休す。オランダは更に1点を加えて4−1。オランダ強し。

試合後、オランダ選手達は観客席一番前にいた家族のところへ行き、子供達を抱き上げた。子供達がみな超カワユイ。

ライブで見たのはオランダ−イタリアと、この2試合だけ。あ、ドイツークロアチアは最初の方だけ見た。ドイツがU23日本代表並に遅くてどうしたんだろう?と思った。翌朝負けたと知った。

後はスポーツニュースのハイライト。オーストリアのPKを決めたヴァスティッチは懐かしい。「男爵」って雰囲気。守る方のGKはセルティックでおなじみの選手だ。知ってる顔で面白かった。

セルティックと言えば、MBLのファイナルにボストン・セルティックスが出ている。やはりユニフォームは緑なんだね。朝家事をしながら、チラッと見たら、LAレイカーズの応援にジャック・ニコルスンやウィル・スミス、ジャスティン・ティンバーレイクとか映っていたね。

試合はレイカーズが2レグで20点くらい差をつけていたので、決まりと思ってテレビを消した。なんと夕刊を見たら、セルティックスが「王手」だって。逆転。面白い試合だったろうね〜。

やっぱりスポーツはライブに限る。でも体力が続かないし、こんなことに熱中するなんて「おばか」もいいとこ、と反省する。

でも、今日は代表のタイ戦がある。深夜はスウェーデン対スペインがある。困ったものだ。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ