2008/6/15

サッカー観戦三昧の雑談  サッカー(代表)

タイ戦は快勝でよかったですね。最終予選進出も決定したし。テレビからも日本のサポーターの声がよく聞こえた。応援に行かれた皆様、お疲れ様そしてありがとう。

いよいよ本当のW杯予選が始まる。どの組に入るかが大きなポイントらしい。それと厳しい日程。Jリーグやナビスコ、ACLもある。日程はもっと考えないといけないと思う。欧州と違ってアジアは広すぎるよ。

タイ戦は力の差があるから勝つとは思っていたけど、それでも何が起こるかわからないのがサッカーだから、2点目を取るまではヒヤヒヤしていた。小心者なので。

試合終了後、川口が俊輔に話しかけていた時の表情が柔らかくて、とてもよかった。川口が胸のところを叩いていたのは「気持ちがみんなに通じた」とでも言っていたのかな(妄想)。

山瀬が出ていないのは驚きだったが、岡田監督はメッセージを込めたみたいね。

今日の朝日新聞、中鉢記者の記事は、日本の課題を具体的に書いていた。これはジーコの時にはなかった。試合後の選手のコメントも具体的。

「もっとサイドチェンジを仕掛けて相手を横に広げて、そこから壁パスで崩したい」(松井)

この試合ではないけど、サッカーダイジェスト6.24号の「中村俊輔・戦記」(オマーン戦)も実に細かく具体的な話だ。

彼らは問題点がよく見えているのだと思う。

これらと比べて、6.12カメルーン戦後の本田はアバウトだ。「(略)ただ、後半は意図するサッカーができなかった。身体能力の差なのか、何なのか、これからピデオを見て分析する」。試合中には課題が見えなかったようだ。

6.11朝日・忠鉢さんの記事「俊輔先輩のリーダーシップ」。俊輔が内田や長友に連係を作るために試合前も、試合中も、試合後もコミュニケーションを取っていると書いている。

「『試合中も周りとの連係を作った』(中略)『詳しくは言えないが、俊さんに連係を教えてもらった』(内田)(中略)「中村の出したパスと出さなかったパスがどう動いていたらいいかを内田に教えていた」

俊輔も、松井も、長谷部も、最新のサッカーに日々触れているわけだから、日本に足りないものがはっきりと見えるのだろう。問題を解決するのは「連係」だから、このチームの中でもっと熟成してほしいと思う。彼らの経験をぜひ生かしてください。

先の「俊輔先輩」の記事。衝撃的な文章がある。
続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ