2008/6/19

NHKBSハイビジョンが好きだ  テレビ番組

最近サッカー以外、時計代わりにしかテレビを見ない。でもNHKBSハイビジョンは別。

このハイビジョン放送は削減対象になっているらしい。でも民放テレビは一つくらいなくなってもいいけど、ハイビジョン廃止は断固反対。

今日の「ゴブリンシャーク(ミツクリサメ)」も面白かったね!東京湾には深さ1000mに達する海底谷があって、そこに謎のサメが生息しているという。この海底谷は古東京川の名残なんだって。

その海底谷のへり、千葉県金谷港から漁船が漁をする海域に、中生代に栄えた「ゴブリンシャーク」がいる。この写真を見てください⇒ミツクリザメ

噛み付くときはこの口がボワーっと伸びる。気持ち悪いよ。

この番組は金谷港の漁師の協力を得て、ゴブリンシャークの撮影に成功する。更に発信機をつけてその生態も探る。

いやぁ面白かったね。

ハイビジョンでは2週間くらい前かな、ヨーロッパアルプスもやっていた。

私の見たのは再放送の「ドイツアルプス」だった。女優さんがバイエルン国王マクシミリアン2世の妻ルートヴィヒ2世の母マリー王妃の愛した山々を歩く趣向だった。

途中、ルートヴィヒ2世の立てたノイシュヴァンシュタイン城やリンダーホーフ城も通る。更にドイツ最高峰ツールシュピツェに登る。狭い峡谷(断崖の下は激流)を抜けると、すこし谷が開けて、そこをパルトナッハ川がまるで梓川のように流れていた。きれいだった。

山小屋で一泊していよいよ登山。2960mくらいある。雪渓もあるし、厳しい登山、最後はガイドとロープでつなぎ、はしごを上って頂上へ。

素晴らしい景色だった。

(今調べたらロープウェーで山頂まで行けると書いてあった。じゃあの登山は何?)

ハイビジョンの音楽番組もいいね。BS2でも放送するが「音楽探偵アマデウス」が面白い。先日はシベリウス「フィンランディア」だった。

フィンランディアの構成、楽器の使い方、休符や付点音符の意味など小気味よく解説してくれた。

「フィンランディア」はロシアの圧政に抵抗して立ち上がるフィンランド国民を鼓舞した曲だ。あの中間部に出てくる静かな美しいメロディは「第2国歌」(フィンランド讃歌)になっている。


「フィンランディア」はフジTVのアニメ「牧場の少女カトリ」でも使われていた。このアニメは大好きだった。ゆったりと詩情豊かにフィンランドの自然や人々の暮らし・労働を描いていた。フィンランド叙事詩の「カレワラ」などはこのアニメで知った。

ハイビジョンの旅番組もいい。前にも書いた「街角ふれあい旅」は、放送していれば必ず見る。でも見逃したのが多くて残念。「こころの旅」もいいね。人によって当たり外れはあるけれど。

というわけで、NHKBSハイビジョンは絶対存続!こんな質のいい番組を揃えているチャンネルは他にない。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ