2008/9/23


ありがとう!押されていたけど、決められて良かったよぉ。後半も気を引き締めていこう!
国立は暑い暑い暑い。選手もサポーターも大変だ、熱中症にならないように気を付けて。(携帯から)
0

2008/9/22

秋の花  季節

今日は夕焼け空に富士山のシルエットがくっきり見えた。また、富士山が見える季節が巡ってきた。

朝、道を歩くとドングリが幾つも落ちている。マテバシイの並木があるからだ。ドングリが街中に落ちてるなんて素敵。

携帯で撮った写真。
クリックすると元のサイズで表示します
昔これを「十五夜花」と言って、ススキと一緒に十五夜に飾った記憶がある。お団子や栗やサツマイモを供えて、家族でお月見をしたものだ。

その頃は、秋の夜長、影絵なんてやって遊んだけど、今はそんな悠長なことはしていないのだろうなぁ。

クリックすると元のサイズで表示します
秋といえば萩の花。でももう終わり。写真が不鮮明で申し訳ない。

今年はまだ金木犀の花も香りも気づかないのに、ドングリや萩を見た。金木犀はこれから?

2週間くらい前、菊名駅の、横浜へ向かって右側の斜面に黄色い花が沢山咲いているのを見た。キツネノカミソリにしては季節が合わない。色も黄色だし・・・。

電車で一瞬で通り過ぎてしまったが、あれはキイロヒガンバナだったか?キイロヒガンバナは鍾馗水仙(ショウキズイセン)と言うらしい。

クリックすると元のサイズで表示します
ムラサキシキブの実。これは、これからだね。ご近所のお庭でもよく見かける。きれいな紫だ。

さて、明日は国立競技場で川崎戦。今から緊張してるよ。

明日勝たないとジュビロ戦の勝利が泡と消えかねない。頑張ろう!

0

2008/9/21

発音とか  テレビ番組

NHK土曜ドラマ「上海タイフーン」第2回を見た。

偽札かどうかをチェックするシーンがあって、天津での出来事を思い出してしまった。偽札チェックは当たり前にやる行為なんだね。偽札がそれ程多いとは。

中国語がたくさん話されるので、じっと聞いた。木村多江さんが話す中国語はゆっくりだけど、正確。私には聞きやすい。松下由樹さんはぺらぺらしゃべるけど、ちょっと「?」のところも。

中国人投資家の曹飛(ピーター・ホー)の日本語もちょっと変だったりする、あの感じかな。

中国語の四声は本当に厄介。覚えきれない。

でも中国語の先生に言わせると、中国語の方が簡単。

曰く:
基本的に一つの漢字に一つの発音しかない。四声も、変化は三声−三声の連続の時、二声−三声に変わることくらい。

日本語は幾つもの読み方がある。覚えるのは本当に大変。それに人名が難しい。

何故「木下」は「キシタ」でなく、「キのシタ」と「の」が入るの?

アクセントも同じ語でも他の言葉が付くと変わってくる。「テレビ」のアクセントと、「テレビ局」の「テレビ」のアクセントは違うでしょ?

「テレビ」のアクセントは言われるまで気づかなかった。そうかぁ。

でも日本語もきっとアクセントや発音の規則はあるよね。国語学の先生達がきっと分析しているはず。

アクセントで思い出した。

私の故郷の「秩父」。よその人たちは発音する時、最初の「チ」を高く言い、2番目「チ」で下がり「ブ」は同じか少し上がる。「テレビ」と同じ高低だ。

でも地元は違う。ずっと低く「チ」「チ」と続けて「ブ」で少し上がる。

例えば「秩父鉄道」と言ってみる。最初の「チ」は高くない。「チチブ」と低くて「鉄道」の「テ」で上がる。

その「チチブ」の発音だ。最初の「チ」を高く言うと、「秩父鉄道」は言えない。

だから、皆様。「秩父」と言う時は低く平に「チチ」と言って、軽く「ブ」と言って下さい。

同じように、西武秩父駅の一つ手前の駅、「横瀬」も電車のアナウンスは「ヨ」を高く言う(「テレビ」と一緒)けど、これも違う。地元では、「横」を発音する時は平に「ヨコ」と言う。「横浜」もそうでしょう。平に「ヨコゼ」です。

地元愛の、「正しい発音」講座でした。
3

2008/9/20


応援に行かれた皆様、ありがとうございました。

テレビ観戦も出来ず、携帯への速報メール頼りでした。最初のメールで「大島」の字を見た時は嬉しかった。

その後はずっと心配だった。試合終了のメールが来て、マリノスの勝利を知った。ホッとした。

9時過ぎのNHKBS「Jリーグタイム」でようやく映像を見ることができた。

最後の、あのピンチよく防いだね。哲也ありがとう。

マリサポの皆さんの報告を読むと、狩野が良かったみたいね。能力は高いのだから、自分を信じてガンガン勝負して!

23日の国立は参戦します。

他のチームを見ると、千葉がいい調子になってきた。残留・降格での戦いは「自信」の部分が大きい。自信を取り戻して、迷いのないプレーができるようになると、全てが上手く回り始める。

反対にジュビロがよくない。元気がないね。

鹿島は、サポーターの大愚行があった。あれはレーザー光線と同じくらい悪質だよ。ありえない。

小笠原が全治6ヶ月の重傷を負った。鹿島は痛いだろうし、ひょっとしたらW杯を戦う代表にとっても痛いかもしれない。

大分、名古屋は好調。羨ましい。ちゃんと根拠があっての強さなのだろうが、何かがうまく回り始めると、なにもかも上手く行くみたいな、いい循環だね。何より選手が楽しそう。

監督の力もあるけれどね。

マリノスも、これをきっかけにして今度こそ、チームが良い方に回りますように。
0

2008/9/19

芸術の秋  展覧会

しばらく、展覧会へ行っていない。いつ以来かと考えてみたら、5月だ。東京国立博物館のユリノキの花が咲いていた頃。

夏には西洋美術館「コロー展」に行くつもりだった。北京五輪ツアーから帰ってきてから、行く機会を作ろうと思ってはいた。でも今年は天候不順で、とうとう機会を逃してしまった。

休みに限って、豪雨だった。

そういえば、今、横浜トリエンナーレ開催中だ。3年に1回だから、前回からもう3年か。前回は中華街の公園の東屋(四阿)がホテルになるっていう作品があったね。

現代美術は以前はどう向き合ってよいか分からなかった。それと、ちょっと薄気味悪い作品も多かった(気がする)。

でも、最近、新国立美術館や横浜美術館での展示を見て、少し好きになった。脳が刺激される気がする。解説を読まなくても、解釈しなくても、感じればいいんだと思えるようになった。

みなとみらい地区が会場だから行ってみようかな。

映画も同じく5月以来見に行っていない。最近見たい映画がない。

「ダークナイト」が秀作らしいのだが、暗く重そうだ。アクション物は好きじゃない。ポニョは気恥ずかしい。宮崎アニメ以外の日本映画は基本的に見ない。

「旅するジーンズと19歳の旅立ち」は行こうとした日の前日で上映終了だった。「アクロス・ザ・ユニヴァース」も見たいが上映館が限られている上に、夕方からの上映だ。

演劇も芸術だけど、これは本当に見に行かない。

今年は久しぶりに「歌わせたい男たち」(戸田恵子主演)を見に行ったがその後、全く行ってない。見る習慣がないと行かないものだ。

友人・知人に3人、藤原竜也ファンがいる。彼の舞台はチケットがあっという間に売れてしまうらしい。でもファンは偉くて(友人のこと)、ホリプロの株主になったり、東急文化村の友の会会員になってチケット入手を試みている。

藤原竜也は同郷なので、そんな熱烈ファンがいるのは嬉しいね。テレビではイマイチ魅力がわからないけれど、舞台では圧倒的らしい。「彼は天才」と友人は言う。

今は演劇とは縁遠くなってしまったが、やっぱり機会を見て行くべきだね。

若い時に見たピーター・ブルック演出のロイヤルシェークスピア劇団の「冬物語」や「真夏の夜の夢」は今でも忘れられない。

名演出と称えられた舞台を見たのは一生の思い出だ。

芸術といえば、音楽もそうだ。コンサートもしばらく行っていない。明日は日産でB'sのコンサートがある。どうやら台風直撃は避けられそうでよかったね。

これも友人の一人が行く。武道館にも行き、日産にも行くそうだ。いずれのファンも熱心だなぁ。

こういう大規模コンサートは私はあんまり見たいとは思わない。行きたいのはクラッシックだ。でも、チケット代が高額。

結局、お金の問題か。演劇も音楽もチケット代が高い。それに比べれば、展覧会や映画は安いもんだねぇ。

お金の問題と言いつつ、サッカーにはついお金を出してしまうんだよね。五輪ツアーもそうだし、日本代表の試合も、クラブW杯も。

価値観の問題ですかね。芸術の秋よりスポーツ(見るだけ)の秋。

と、書きつつ、実は明日の試合が気になって仕方ない。勝ってね!
0

2008/9/18

家電の進歩  政治

普段、バラエティ番組は見ないのだが、たまたまつけたテレビで、「家電芸人」というのをやっていて、何となく見てしまった。

テレビの話。パイオニアプラズマテレビ・KUROの色がすごいという話は初めて聞いた。

dボタンも使うと便利というが、考えてみれば一度も使ったことはなかった。

番組ナビと番組表しか使ってないね。

テレビが壊れたので、地デジの液晶テレビに変えたわけだが、録画は相変わらずでアナログでしている。

今の録画機はVHS、HDD、DVDで録画・再生できる。デジタル放送は録画できないので、昔のVHS機(アナログ)から録画している。スカパーもWOWOWもこのVHSを通して録画だ。

近所の電気屋さんがテレビやレコーダーやらをつなぐのに苦労していた。

最近、DVDレコーダーのGガイドが使えなくなってしまった。番組表に情報がない。アナログだから?

番組の収録スタジオで、VHSを持っている人?と挙手させたら、ほぼ全員だった。VHSで録画したものがたくさんあるのだから、機械を捨てるわけには行かない。でも、いずれウチにあるサッカーのVHSも劣化して見られなくなるのだろうなぁ。

時代の変化についていくのも大変だ。

電子レンジ(日立のヘルシーシェフ)、洗濯機・衣類乾燥機(三洋のAQUA)、掃除機の紹介もあり、すごいもんだなぁと思ったものの、今は必要なし。

若手芸人はスピーカーにもうるさいね。音や映像に関心が強いみたいだ。

スピーカーはあんまり高性能でも近所迷惑になるからなぁ。ご近所で、オペラがお好きな方がいて、休みの日には朝から大音量で聴いてらっしゃる。ソプラノの声は悲鳴に聞こえるから、近隣住民としては困っている。

近所迷惑にならないのはヘッドホンだが、耳に悪いような気がして好きじゃない。

iphoneもあの番組ではみんなの注目を集めていた。

iphoneも触ってみたいなぁとは思うものの、どうせ使いこなせないと思ってあきらめている。

考えて見ると、ipodあたりから、私は世の中の動きについていけなくなった。

いや、その前だ。MDウォークマンがうまく使いこなせなかった。初代のウォークマンは使った。CDウォークマンも使った。

と言っても、大体、イヤホンで音楽や語学を聴くのがあんまり好きじゃないから、使ったと言うほどではない。使うことができた、程度。

ipodナノは、一応興味があったので、家電量販店のポイントで購入したのだが、そのまま娘のものになった。

家電量販店に行くのは楽しい。でも、壁掛け時計(電波時計とか)、体重計、万歩計とか、ドライヤーとか、安いものばかり見ているから、いいお客ではないな。

(9/19誤りがあったので、訂正しました)
0

2008/9/17


神戸戦の後、マリノスに対して、どうすればいいのか迷っている、と書いた。自分でも何を書いていいのかわからなくなってしまった。

私はアウェイには行かないし、ゴール裏にいるわけではない。試合中ずっと応援し続けるわけではないし、ハマトラの配布やポスター貼りの活動もしていない。ユニフォームだって着ない。

試合を見るだけのぬるいファンだ。

批判ばかりして、チームをサポートする活動をしていないではないか、と言われれば「はいそうです」とうなだれるしかない。

だけど、マリノスを応援するものとして、チームを心配する権利はあると思う。

とっても心配。とっても心配。

指揮官が前任者以上にひどい。指揮をとった最初の試合で愕然としてしまった。

札幌戦勝利後は浮上のチャンスだったのに、大宮では敗北、神戸ではギリギリ引き分けの体たらく。もう後はないよ。

なのに、監督にも選手にも危機感が感じられない。

malicia webの石井さんは15日に会社にメール(監督解任)をしたと書いていた。

ハマトラSNSの中で、16日に蒼井真理さん、今日はマスター氏、ひみこさんが「危機感の薄さ」を書いていた。

14日の千葉の試合を見た時、千葉に逆転されかねないと思った。

あんな緊迫感はマリノスの神戸戦では感じられなかった。サポーターの「♪どんな時でも」は本当に脱力する。応援が嫌になる。

01年は辛かった。

でも選手は必死だったし、会社も手を打った。ラザロニ監督及び3人のブラジル人選手が来た。その一人はあのドゥトラだ。

そのことを考えると、今のマリノスは危ない。15位という位置以上に、チームの雰囲気が危機的だと思う。

「派閥を作っている場合じゃない」という城の「喝」も異様といえば異様だった。

01年というと、残留が決まった後の左伴社長の「作文」を思い出す。「J1残留、J2降格の場合と2種類の経営計画書を作成した、そのJ2の計画書を焼いた、様々な思いが去来した」というような内容だったと思う。

(齋藤社長は2種類の計画を作成中だろうか)ボソッ

とにかく、何よりも、何にもまして、まず残留を決めなくてはならないのだ。

だから、ジュビロ戦、絶対勝って!

今日はマリノスから「クラシコ」のお知らせが来た。友人を2人以上連れてきて下さいと書いてあった。友人を誘うよ、もちろん。

だけど胃の痛くなるような試合じゃ嫌だよ。

「クラシコ」というと5月の、あの不様な試合を思い出すよあの時から妙な楽観主義が監督周辺にあった。監督が変わってもその雰囲気は変わってないね。

「名門だから」、「J1では2番目の収入のチームだから」、最後は救ってもらえるとか思ってるのかと邪推したくなる(最後の4連勝byコーキチ、とかね)

ぬるいファンのたわごとをいくら書き連ねても意味ない。ビール断ち再開。次の試合(23日)は「残留」と書いたプラカードでも持っていくか。

それとも、また、盛り塩ですかね。選手の茶髪ですかね。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ