2008/9/13

やれやれもやもや神戸戦  サッカー(マリノス)

急ぎ走り書きの感想のみ。

久しぶりの日産スタジアム。自転車を飛ばしていく。

いつものように2階ゴール裏へ。今日はあんまり観客の入りがよくない。神戸が少ないのは分かっているけど、マリノスも多くないね。

応援は気合が入っていた。打楽器が2階まで響いてきた。

でも試合は・・・。ハーフタイムに携帯から投稿した通り、退屈で眠たくなった。それでも手拍子したり、ミニフラッグを振ったりしていたんだけど、空しい気持ちになった。

選手も一生懸命やっていたのかもしれないけど、なんつーか、やっぱり足元足元でダイナミズムがない。攻めてきても最後詰まっちゃう。クロスもドリブルもポストプレーもシュートも下手だよ。

前を向いてボールを受けることができないの?後ろからのボールでも、ひょいと前に運ぶことはできないの?

坂田も隼麿もコミーも大島も、ついでに功治も、もう限界を迎えてしまったのか。成長が見られない。

だけど神戸も下手だから良い勝負。

後半、齋藤学が出てきて、「FWはとにかく『シュートを打つ!』」という姿勢を見せてくれた。高校生に負けてどうするんだ、プロ選手

金がJ初出場。あの使い方はマイクと同じ。(彼はそれでいいのか?)

八つ当たりついでに、言うと、

「♪どんな時でも〜」の歌を長々やるのはやめてくれないかな。悲壮感が漂ってしまう。これは、ここで何度も書いているんだけど、直接応援団長に言わないと変わらないのか。元気のいいチャントで選手を鼓舞しようよ。

試合終了後、観客は迷っていたね。拍手をする人もあり、ブーイングの人もあり。だけど一番多かったのは何も反応しなかった人達。どう迎えていいのかわからない。

スタジアムの階段を下りる時、大学生くらいの人たちの会話。

「90分間ストレスのたまる試合だったな」「最後のあれだけだったな」「まぁあれは達也の、ほんの残暑見舞いって言うか(笑)」

思わず私たちも笑ってしまった。娘は達也に向かって、「フィード外に出せ〜」「シュートこぼせ〜」と念を送っていたらしい。私は「中途半端に飛び出せ〜」と思っていたよ。

後半20分過ぎると、スタジアムにもやが立ち込めてきた。「先がぼんやり」は、今のマリノスのようだと思ったよ。

ここまで一気に書いた。他の思い出すことがあったら、また改めて書く(かもしれない)。
今日は写真を載せません

0

2008/9/13

もう!(怒)前半終了  サッカー(マリノス)

前半ロスタイムにあれはないよ。こういうところで大久保は抜け目がない。あっちはセットプレーを決め、こっちは全く決められない。

それ以前に、なんなんだ、この退屈サッカーは。守備は球際強く行っていて、気持ちがないとは思わないが、何しろ攻撃に迫力がない。

これから後半、神戸はガチガチに守ってくるから、崩すことができるか?

最初から手拍子し過ぎて、手が痛い。でも応援するからどんな形でも点を取って〜!(携帯から)
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ