2008/11/30

ヴェルディ戦あれこれ  サッカー(マリノス)

マリノスからの「ヴェルディ戦に友達二人を連れて来てください」の呼びかけに応えて、友人のためにチケットを買った。

試合後「満足、満足、楽しかった」とメールをもらった。良かった。

今日は、ゴール裏の応援が見たいと思い、2階のバックスタンドにした。日差しが強くて、暑いくらいだった。

試合のことを書こうと思ったのだが、なんだか、あの場で満ち足りてしまったので、書くことがない。

負けたり、引き分けたり、不完全燃焼の試合のほうが、負のエネルギーでダダダっと文章が書けるみたいだ。

先発メンバー。漢字ばっかり。
クリックすると元のサイズで表示します

カタカナ名は後半のアーリアだけだね。

そうだ、今日は試合前におなかが痛くはならなかった。負けないと信じていたから。

前半ヴェルディペースの時もあんまり心配しなかった。あの、平本がゴール前でフリーになった時は以外は。

あれは横から見ていたから角度がわからなくて、入ったと思ったのにネットが揺れなかったので、「?」と同時にすごい安堵した。

千葉戦と同じく後半勝負だなと思った。ハーフタイムは「他会場の途中経過」が気になった。

しかしまぁ、直樹のシュートはすごかったね!最初誰がいれたかわからなかった。兵藤?でも団子状態の上の方にいたしなぁ。アナウンスで直樹と知る。
クリックすると元のサイズで表示します
本当に嬉しかったね。みんな飛び上がった。

その後も波状攻撃。狩野がゴール裏を煽ったね。そういうことをする人なんだ。ちょっと意外。でも盛り上がった。

追加点が奪えないと、1−0の試合の怖さも知っているから、段々心臓がパクパクしてくる。要らぬ心配とわかっていても。

マリノスの守備は鉄壁。直樹のラインコントロール、中澤の高さと読み。すごいわ。

小椋が足を痛めて残念ながら交代。彼は本当にガッツがあるね。ガッツゥーゾ?すっかりファンになりました。坂田、清水の交代は納得。

アーリアが出てきた時、1−0の試合で守りきらなくてはいけないのにこの若手で大丈夫?と不安に思ったのは、、、木村監督ごめんなさい。

木村監督は博才があるというか、勝負師なんかなぁ。

ヒーローインタビューの直樹の言葉に胸が熱くなった。天皇杯取ろうね!

試合後セレモニー。あんまり話を聞いていなかった。社長が「国立」を「くにたち」って言ったって?

選手がピッチを一周。「大島〜」の声が頻繁に(はんざつにあらず)かかった。

選手達がサインボールを観客席に投げ込んだ。投げ込んだ後肩を気にする選手が多かったのはなんか笑える。中澤がゆっくり丁寧にボールを渡していたね。
クリックすると元のサイズで表示します
勝利の挨拶。みんな笑顔だった。

「国立まで大島と共に戦う」弾幕が二つあった。「大島ヒデゴー」の歌が長く歌われた。大島は何度も頭を下げていた。ジンとする光景だった。

マリノスのサポーターは温かいね。選手とのこういう関係はずっと続けていきたい。

(どこかのチームはまさに殺伐だったね)

帰り、ヴェルディのバスを見た。柱谷監督は無表情だった。選手は土屋の頭しかわからなかった。

夜はスポーツニュースをはしご。日産にオシム監督が来ていたとは。

最後のホームゲームがこういう結果でよかった。幸せ。まだ、天皇杯で国立に行ったことがないので、絶対に行きたいです。

(書くことがないと言いながら、書いていたら長くなった)

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ