2009/1/31

フランスのゼネストに思う  政治

フランスでは「雇用確保と賃上げ」を求めて全国規模のゼネストとデモ行進が行われた。250万人が参加した。

フランスで大規模ゼネスト 250万人が参加!」(人類猫化計画さん)

クリックすると元のサイズで表示します

30日朝のNHKBSニュースは「交通機関が麻痺して、市民生活に支障が出ている」と締めくくった。

だが、直後の「フランス・ドウ」のニュースは、デモ行進に参加していた労働者の声を伝えて締めくくった。

「企業は我々が働いたことによって、利益を上げた。まだ十分に利益があるのに、我々の雇用を守らないのはおかしい。我々は雇用確保のために闘う」

日本とフランスの報道の違いに、というより、日本の報道のおかしさに腹が立った。

ストライキは労働者の権利だ。彼らがストライキをする時は確かに日常に不利益を被るかもしれない。でも彼らがストライキをすることによって、守られるものは、彼らだけのものではない。自分たちも守られる。

フランスでは確か昨年秋頃にも教員のストライキがあった。

その時のフランスのニュースは、「行き場のなくなった子どもたちを預かる受け皿を自治体がちゃんと用意したかのチェック」だった。ちゃんとスタッフと施設を用意した自治体は取材を受けて、誇らしげだった。用意しなかった自治体は批判されていた。

ストライキはフランスに限らない。アメリカでは脚本家のストライキが話題になった。有名俳優たちも脚本家を支持していた。

日本でもかつては「春闘」でストライキが風物詩(?)だった。国鉄民営化は労組つぶしが目的だったのではないかとすら思う。経営者にとっては労働組合は憎き存在だろう。民間のサラリーマン、中小企業の労働者にとっては官公労は「特権階級」に見えたろう。

だが、国労、動労がつぶされて、日本の労働環境は確実に悪くなった。「過労死」「自殺」「ワーキングプア」「非正規雇用」「貧困社会」「子どもの貧困」・・・は労組つぶしと無縁ではない。

そんなことを考えていた時、私の支えでもある村野瀬玲奈さんがまさにそのタイミングで以下のような記事を挙げていた。「村野瀬玲奈の秘書課広報室」より

こちら⇒「フランスの大規模ストを伝える毎日新聞の記事を賞賛します

そこで紹介されていた「イル・コモンズのふた」さんの言葉
************************
「都市の地下鉄運行が半減し終日、混乱した。」
「主要都市で交通機関の3〜7割がマヒしている。」
「市民生活への影響が出ています。」

これじゃまるで、台風や地震の被害を伝えるニュースみたいだ。
こんなものを、子どもの時からずっと見せられたら、
そりゃ誰だって、ストと聞くと、脊髄反射的に、つまり、
何も考えずに、「えー、迷惑だなぁ」と思うようになるだろう。

「市民生活への影響が出ています」とはいうが、
そのストやデモをやってるのも市民たちであって、
その市民たちがどんな理由で、またどんな表情で、
どんな思いで、どんなふうにストやデモをしているかを、
マスメディアは伝えない。市民の意志を伝えない。

「混乱した」のではない、市民が自らの意志で電車をとめたのだ。
「マヒしている」のではない、市民が自らの意志で交通をマヒさせたのだ。
「市民生活への影響」ではない、市民自らの意志で行動を起こしたのだ。
************************

村野瀬さんは記事の最後の方で、「毎日新聞の記事に書いてあることに注目してほしい。『フランス国民の7割がこのストを支持している』という一文です」と書いている。

私がさらに追記すると、NHKBSニュースも夕方には、「市民生活に支障」は言わず、「フランス国民の8割が支持している」と伝えたんだよ!!

NHKにも問題意識を持った記者(デスク?)がいると感じた。

ともかく、日本の新聞・メディアだけではだめだ。日本のメディアは「勝ち組」の人達が多い。中堅の人達は、もちろん全部ではないが傾向として、豊かな家庭で育ち、受験競争に勝ち抜いたエリートが多いから、どうしても権力に近い偏った方向になる。

誰かが権利を行使した時、それは自分の権利も守ることになる、また、その迷惑を引き受けることは、自分が権利を行使するためにも必要だということはちゃんと知っておこう。
0

2009/1/30

全豪オープン準決勝  スポーツ一般

いやぁすごい試合だった。

夕飯準備中から始まって、夕飯食べ終わって、時々NHK「ゴールデングローブ賞授賞式」を見たり、「キックオフマリノス」を見終わってもまだ試合が続いていた。

ナダル対ベルダスコ。ともにスペイン出身のサウスポー。

ナダルが3−0か3−1で勝つだろうと思っていた。

ところがところが、だった。

6−7、6−4、7−6、6−7、6−4というデュースまたデュース、タイブレークまたタイブレーク、フルセットの大激戦。3−2でナダルの勝利。

大会史上最長時間5時間14分だったそうだ。

私は全部見ていたわけではないんだけど、時折見るとスーパーショット続出で、「お〜」「う〜んすごい」とうなってばかりだった。

テニス選手の労働(?)は過酷だ。5時間(小休止はあるにせよ)もプレイし続けるってアンビリーバブル。

サッカーは走りっぱなしのようで、90分。野球は長い試合もあるけど、9人以上でするわけだし、投手以外は結構楽そう。マラソンだって2時間半程度。

それに、コーチがそばについているわけではないし、コートに入ればたった1人だ。体力と精神力がないとやっていけない。

ナダルもベルダスコもりっぱでした。

これで、決勝は望んでいたナダルvsフェデラーになった。フェデラーは1日休みが多いし、準決勝は80分で片付けたから、体調はフェデラーの方がいいんじゃないだろうか。

両方応援したいけれど、今回はフェデラーで!!。ナダルはまだ若いからこれからもチャンスはあるよね。

ところで、サッカー・フィンランド戦のメンバーが発表になった。あんまり面白くないね。いや、海外組には期待しますよ。でも、ブツブツ・・・(自粛)

まぁ、とにかくオーストラリア戦に勝ってくれればいい。
0

2009/1/29

負けた、らしいね  サッカー(代表)

昨晩はテレビ中継がないものの、気になってスポナビ速報を見たり、マリノスサイト「一行の叫び」を見たりしていた。

すると「あ〜」「失点」という文字が目に飛び込んだ。スポナビでは虹(レインボーカラー)の「goooooal!!」

バーレーンの先取点だった。FKからヘディングと書いてあった。

「内田の責任」とか「川島はだめだなぁ」とか、批判の言葉が続いた。

「中澤1人で守ってるじゃないか」と言う文を見て、「かわいそ〜」と思った。

でも、まだ前半の早い時期だから、当然追いついて勝ち越せると思っていた。で、寝た。

朝、新聞を見るとまだ途中経過だけ。パソコンを起動させるのも時間がかかるので、携帯のニュースを見た。

「日本敗れる」だった。スコアは「0−1」。結局、あの1点を取り返せなかったのか。

バイトから帰って、夜、試合評をいくつか読んだ。

混乱状態だったみたいね。ある人は本田がひどい、稲本がだめ、と書き、ある人は内田が狙われていたと言う。あるいは中盤でタメが作れなかった、パスミスが多かったとも言う。

見てないから何ともいえないけれど、でもセットプレー&ヘディングで失点というのはイエメン戦と同じ。セットプレーが弱点になってしまった。

これオーストラリアにもやられちゃうんじゃないの。

サッカー評論家の1人は「オフシーズンだから勝てと言う方が無理、オーストラリア戦では負けても、その後の星勘定考えれば、大丈夫」というが。

負けるのは気分が良くない。やっぱり勝たなくちゃ。

遠藤や俊輔や、闘莉王が戻れば大丈夫なのか?

岡田監督で大丈夫か?

勝っている時は岡田監督を信じようと思うけど、ちょっと変な試合をされるとすぐマリノス後期の岡田監督を思い出して不安になる。

あの低調な指揮ぶりは何故だったんだろう?その前の輝かしいマリノス連覇時と比べるとあの落ち込み方が不思議でならない。その原因がわからないから、岡田監督を信じきれない。

でも、何を言っても仕方ない。ただ応援するのみ。

「アメトーク応援!サッカー日本代表応援芸人」を見た。やっぱドーハ→ジョホールバール→フランスW杯→シドニー五輪→日韓W杯が黄金時代だったね。今は耐えるしかない。
0

2009/1/28

テレビ中継もなしか  サッカー(代表)

アジアカップ予選バーレーン戦はテレビ中継がない。ネットでは見られるようだけれど面倒だし、有料だし、それに深夜だから、見ない。あきらめた。

テレビなら「ちょっと見ようかな」と思うこともあるが、ネットでは無理。

代表の価値も下がったなぁ(涙)。

Jリーグ観客の平均年齢も上がり40代が4割だという。観客数が増えたと言っても、リピーターが増えているだけで、裾野が広がっているわけではないという話もある。

若者はJリーグを見に来る余裕(経済的・時間的)もないのか。

厳しい話だ。

地上波でJリーグを放送しなくなったのも良くない事だよ。

どこでもここでも、お笑いやクイズ番組ばかりの民放TVはどうかしている。視聴率ばかり追いかけてジリ貧。経済雑誌に「新聞テレビメディア大崩壊」というのがあったぞ。

志を持って文化を創ろうとしなくちゃだめ。
(野球や大相撲と違ってサッカーは日本の大衆文化になり得ないというのなら、悲しい)

それと、年末年始、ゴンやカズがゲストというサッカー番組は、楽しかったし、面白かったけど、本当はそれではいけないはず。

でも彼らに次ぐ人がなかなかいない。俊輔くらい?

「なか〜た」サンは(上から目線の)環境・貧困問題啓蒙活動だしね。まぁ頑張ってください。

「釣りロマン」の坂田&狩野を見たけど、「まだまだ」だね。「テレビに出演する人」としての魅力が薄い。まずサッカー選手としての実績を積まないと。

サッカーがイマイチ盛り上がらないので、今は全豪オープンを見てる。家族が好きで見ているから一緒に見ているわけだけど、これがなかなか面白い。

段々選手の特徴がわかってきた。

フェデラーはやっぱりエレガント。濃いブルーのウェアがよく似合う。クール。バックハンドでスライスをかけて打った後の、右手を伸ばしたあの姿が、いいね。真似してしまう(笑)

ナダルは昨年までのノースリーブ、長めのパンツでなく、半袖、短パンになった。緑や赤のウェアが野生的な風貌に似合っていたけど、今回は、ちょっとダサい。でも圧倒的な強さだ。

決勝はフェデラーとナダルがいい。そしてフェデラーが優勝してサンプラスの持つグランドスラム最多優勝記録に並んで欲しい。

それと杉山さんに女子ダブルス優勝して欲しい。彼女もすごいね。伊達さんといい、日本女子はエライ!

あ〜それにしても今日の代表の試合見たいなぁ。録画放送とかあるんだろうか。

と、グダグダ書きました。
0

2009/1/27

ヒヤシンス  季節

ヒヤシンスが咲きました。良い香りが漂ってきます。
クリックすると元のサイズで表示します
(携帯写真)
0

2009/1/26

俳句はやっぱり  本・文学

今日月曜日は朝日歌壇・俳壇が掲載される日だ。

新聞を広げて読んでみた。

やっぱり俳句は感情移入しにくい。

短歌には次のようなものがある。

「親不孝通りと言へど親もなく親にもなれずただ立ち尽くす」(ホームレス 公田耕一)
(※昔そう呼ばれた通りが横浜にある)

「悲しみは乗り越えるものではなくてゆっくり忘れていくものである」(甲府市 網倉てる美)

「あなたよりわたしがさきに死ぬだろう病む妻いえり死なせるものか」(浜松市 松井恵)

「復興の山古志村で走り込みし子ら箱根路をひたむきに駆ける」(埼玉県 中里史子)
(※東洋大が山古志村で練習したという)

どれも、ふむふむと読みながら、感情がこみ上げてくる。

俳句だと、
「勿体なく性に合わざり寝正月」(茨木市 堀恭子)
「煮凝にワイン重ねるノクターン」(東京都 田治紫)
「枯葉舞う風に寄道少しして」(高槻市 会田仁子)
等が多少わかるなぁという句。どれも稲畑汀子さん選のものだ。

こういう風に並べて見ると俳句はやっぱり難しい。

高校の同級生は何人か、俳句を始めている。もともと文学の素養がある人たちだ。羨ましい。私が俳句やら短歌をたしなもうなんて日が来るのだろうか。

その日を夢見て、当分、新聞で勉強します。
0

2009/1/25

副都心線渋谷駅とか  旅・散歩

開通してから半年以上経つが、初めて副都心線渋谷駅に行った。

いやぁ、普段通る渋谷駅の地下にあんなに人通りの多い施設があったなんて、全然知らなかったなぁ。

私の知らない間にこんなに多くの人が行ったり来たりしていたなんて、何だか時代に置いてきぼりになった気分。

ていうか、今やほとんどが置いてきぼりで、それはあきらめているというか、その覚悟もあったはずなんだけれど、それでもその現場に居合わせてしまうと悔しさが蘇る。

でもなんだね。東横線が副都心線と乗り入れるようになると、「渋谷行き」がなくなって、「飯能行き」とか「和光行き」とかになるわけだね。そういうのが東横線を走るわけだね?

なんか埼玉行きというのは嫌だな。埼玉出身者の近親憎悪。もうこの歳になってまで、横浜に住んでン十年なのに、埼玉に逆戻り、みたいなのはガッカリだよ。

娘曰く、どうせなら工事をして乗り換え不便な銀座線と東横線をくっつければよかったのに。私もそう思う。「外苑前」に乗り換えなしで行けたら「国立」に行くのにも便利だ。

それにしても東急文化会館がないのは寂しい。

初めて見たプラネタリウムはここの五島プラネタリウムだった。小学生だったが、叔父が連れて行ってくれた。ただただ驚いて星空を見つめていた。

映画も見に来た。一番最近で(と言っても20年くらい前)、ディズニー「眠れる森の美女」のリバイバル上映だったかな。

文化特選街には、銀座4丁目の「鳩居堂」があったような気がするがどうだろう。おぼろげな記憶で「畳紙(たとう)」を買ったような気がする。帽子屋さんもあったような。

品のいい老婦人が好きそうな店が多かった気がする。

よく行ったのは三省堂。東急渋谷駅から橋を渡れば(信号もないし)、行けたので便利だった。

エスカレーターを上っていくと、全く縁はなかったけれど「資生堂美容室」があったなあ。

レストラン街で思い出すのは新成人の女の子達の会話。中華料理店にて。

「私『じょうかいふう焼きそば」にする。」もう一人がおずおずと「それって、『シャンハイ(上海)風』っていうんじゃないの』」「だからっ、あんたのこと嫌いなんだよ」 しばらくしたら、仲直りしていたけどね(笑)

立田野(甘味)やジャーマンベーカーリーにも寄った。ちょっと奥の方にあるので空いていて、ゆっくりできた。

友人達と子連れで青山「こどもの城」に遊びに行った後、ジャーマンベーカリーに入った。いや、ユーハイムだったかな。それとも西村パーラーだったろうか。

もうみんな記憶の彼方になりつつある。

私をプラネタリウムに連れて行ってくれた叔父も昨年亡くなった。寂しい。

賑わう渋谷駅の話が、なんだかしんみりしてしまった。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ