2009/1/13

鹿児島城西対広島皆実  サッカー(その他)

(途中まで書いてなかなかアップできなかった。)

今年も高校サッカー決勝戦に行った。毎年サッカー初観戦は高校サッカー決勝戦(天皇杯は無縁

サッカー後援会は時間制限を設けたので、いつもより早めに国立に行く。12時ちょっと過ぎにはかなりの人がいた。

座席はいつも日当たりのいいホーム側バックスタンドと決めている。

高校サッカーでは応援団はバックスタンドに陣取る。ホーム側に鹿児島、アウェイ側に広島。

両チームとも被り物のマスコットがいた。広島はどう見てもカブなんだけど、広島名産はカブ?鹿児島は犬。「クレヨンしんちゃん?」と言ったのは「西郷ドン」だったみたい。

入った時は日差しもあって「日よけ帽子を持ってきてよかった」と言っていたのだが、何だか雲行きが怪しくなってきた。

と、ぱらぱら粒が降ってきた。雪?雪にしてふんわり感がない。アラレ?かなり降ってきてびっくりだ。寒いよ。

選手入場、校歌斉唱があって試合へ。円陣を組む両チーム。

鹿児島は円陣を解いて配置についたが、広島はサークルを作って選手が外向きになり、何かを唱えている。精神統一かな。その間鹿児島は待たされる。待たされる方は集中が切れるんだよね。

さて、試合開始。広島に勢いがある。「鹿児島有利」だと思っていたのにね。

が、やはり「大迫」クンはすごかった。3人くらいに囲まれても、細かくボールを動かして失わず、わずかの隙間からシュート。決まってしまう。

クリックすると元のサイズで表示します
鹿児島の攻撃。広島GKが抑える。

広島もがっくり来るかと思えば、そんなことなく、ますます元気に攻撃。

同点のゴールはドリブルで持ち込んだ選手が巧かった(ハマコーと応援されていた選手かな)。そしてクロス→落とす→シュートの流れは美しかった。

広島はパスがスペースへ出て、そこへ選手が走りこむ。サイドチェンジもある。パスもよくつながる。選手がすごく動いていた。セカンドボールもほとんど広島。一人ひとりに技術がある。

もう1点加えて1−2。

ハーフタイムに「広島の選手が疲れていなければ、広島有利だね」と話した。

後半開始。後半は鹿児島の時間帯があった。大迫からチャンス→右から折り返すとフリーの選手がいて落ち着いてシュート。これもきれいな得点だった。

2−2の同点。

でも、広島はすぐ突き放す。2番村井くん(いい選手で気に入った)がサイドを駆け上がって絶妙クロス。

(隼磨見習え!あ、もうマリノスの選手じゃないから、見習わなくていい。マリノス以外のチームと戦う時だけ見習ってね)

金島君がヘディング。3点目。勝ち越し。
クリックすると元のサイズで表示します
広島は1番から11番まで揃っている。9番と10番が入れ替わってるだけ。珍しい。

鹿児島は大迫に放り込むだけのサッカー。大味で工夫がない。広島としては、大迫をきっちりマークして、パスの出所を押さえればすむ。大迫らFWの二人は前線で張っているだけ。守備もしないし、走らない。

40分過ぎたら、広島は露骨な時間稼ぎ。早すぎるんじゃないか、とちょっと嫌な感じ。

残り時間少なくなっての鹿児島セットプレー、2度、GKが帽子を投げ捨てて攻撃参加した。スタジアムが大いに沸いた。

後ろに女子高生たちがいたのだが、彼女たちも大喜びだったね。彼女たち、サッカー知識が微妙に不正確で面白かった(笑)

クリックすると元のサイズで表示します
試合終了。勝者と敗者の残酷な風景。日差しがすっかり戻っている。

「トラップがうまいから、Jの時のようにいらいらせずすんだ」「走れよ〜と言わずに見られるのはいいね」と、プロ選手に厳しい観戦仲間たちの感想。

クリックすると元のサイズで表示します
相手応援団に挨拶。これが高校サッカー・ユースの良いところ。

試合後、W杯ボランティア&観戦仲間と新年会。もう7年も経ったんですね。旅行の話やJリーグの話などで盛り上がった。'18または'22年にはW杯日本単独開催ができるでしょうか?

もうボランティアはできないけれど、老骨に鞭打って観戦に行きたい。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ