2009/1/17

安田講堂から40年  政治

今朝、チャンネルを替えていたら、NHK「アーカイブ特集安田講堂から40年」をやっていた。途中から見た。

前の日、民放でドラマ仕立の「安田講堂」をやっていたようだが、こちらはまったく見る気がしなかった。

NHKのは、78年=安田講堂から10年目に「橋本治(作家=当時東大五月祭ポスターを描いた)」が東大全共闘の闘士たちのその後を訪ねるドキュメンタリーをはさみつつ、現在の彼らの姿を描く。

安田講堂防衛隊長だった故今井澄さんは服役後、諏訪中央病院で地域医療に尽くす。国会議員にもなった。

今井さんの告別式で東大全共闘議長だった山本義隆が弔詞を読む。

(うろ覚えです)

「国会議員としての今井澄を記憶している人達もいるだろう。医師として地域医療に尽くした姿を記憶している人達もいるだろう。しかし、僕にとってはあくまでも医学部闘争(・・・忘れた)議長、全学(・・・忘れた)委員長(?)、そして安田講堂守備隊長としての今井澄として記憶するのである。あの困難な任務は今井でしかできなかった。」

「君は、組織としてではなく、一個人として、個人の責任において、自立した思想を持って戦った・・・」

そうだと思う。全共闘運動は、その後のよど号や浅間山荘事件、内ゲバなどでフェードアウトしてしまった。それこそ「髪を切って就職」(イチゴ白書をもう一度)したり、「若い時の熱病」だったり。

しかし、その闘争の意味を真摯に考え続けた人々は少数ながらいた。

また、「ウーマンリブ=フェミニズム」や「環境保護運動」「生協・生活クラブ=安全な食」「福祉関係地域活動」などは全共闘運動から派生していった部分もあると思う。

別の感想だが、


続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ