2009/1/20

テレビでイエメン戦観戦  サッカー(代表)

イエメン戦があるのはちゃんと知っていた。忘れていた人が多かったみたいだけれど。

最初は細かいパスがすばやくつながって、「お〜やるじゃん」みたいな感じで見ていた。

7分にゴールが決まり、その後も日本の一方的な攻撃が続く。「相手が弱すぎて、つまらない試合じゃないの?」と家族が言う。

贅沢なもので、圧倒的に勝ちそうな時には「相手が弱いからつまらない」と言い、相手が強くて負けそうな時は「日本が弱くてつまらない」と言う。代表に何を求めているんだろうと時々思う。

ずっと攻めてはいるけれど、点が入らない。

「1点しか入らず、前半1−0で後半追いつかれる展開なんてなったら困ったもんだね」と言っていた。

その通りになった。

こういう展開はマリノスで嫌と言うほど味わっている。前半圧倒的に攻めながら、段々尻つぼみ。相手の逆襲に遭って「引き分け」とか「負け」とか。

でもまぁ、実力差はあるわけだから、突き放すのも時間の問題だった。2−1で勝利。

バーやポストにも嫌われて、2点しか取れなかった。シュートは27本も打ったらしい。枠内に行くのが少なかった。

勝ったからいいのかもしれない。それだけだった。若手もあんまりパッとしなかった。

次からレギュラー陣も加わるので、シーズンオフとはいえ、もう少しスカッとした試合を見せて欲しいと思う。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ