2009/7/6

ウィンブルドン途中まで  スポーツ一般

ウィンブルドンテニス男子決勝はフェデラーの優勝だった。

試合は家族が見ていたので、私もチラチラ見ていた。セットカウントが2−2になった段階で、あきらめた。

決着がつくまでは到底起きてはいられない。結果は朝になって知った。

私の見なかった最終セットが白熱の試合だったらしいね。

見始めたら、最後まで見ずにはいられなかったとか。

良かったぁ、早目にあきらめて寝てしまって。夜更かしはお肌に悪い。

しかし、フェデラーは偉大な選手だ。史上最多のグランドスラム15勝達成。全仏で生涯スラムも達成している。

もうすぐ子どもが生まれるし、幸せの絶頂だね。この後モチベーションが下がるんじゃないか、なんて心配してしまうくらいだ。

全豪の時はフェデラーがこんなに早く目標を達成するとは考えられなかった。ナダルがいたから。

そう考えると、やっぱりナダルとフェデラーの試合を見たかったなぁ。ナダルは大丈夫だろうか?復活はいつだろうか。

それにしてもウィンブルドン決勝ともなるとセレブが集まるね。いかにもお金持ちそうな人ばっかり。美しい女性やカッコいい男性、渋い紳士。

ウッディ・アレンやラッセル・クロウ、ファーガソン監督やバラックもいたようだ。もちろんサンプラスやボルグも。

私はサンプラスの時代はあんまり知らなくて、テニス選手と言えば、ボルグだった。強かった。

時の流れを感じてしまう。しみじみ。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ