2009/7/14

梅雨明けで・・・  サッカー(その他)

関東地方の梅雨が明けた。今日は風もあったから、暑くても気持ちよかった。

7月14日はフランス革命記念日だ。日本の「パリ祭」というのは今もやっているのだろうか。

こういう日に監督更迭のニュースが二つあった。柏と大分の監督が交代になる。柏や大分もこれをキッカケに梅雨明けとなるのだろうか。革命記念日のようにアンシャンレジームが覆るのだろうか。

こういうニュースを聞くと、マリノスのことも気になる。今日はフルコートの練習をしたそうなので、明日の試合に成果が出るといいね。フジNEXTなどフジ3局はまだ解約していないので、試合は見られるんだろうなぁ。

昨日から日経新聞夕刊で「駆ける魂 鹿島アントラーズ監督 オリベイラ」(3回連続)が始まった。

昨日の見出しは「選手の心につかず離れず」「健全な競争 快進撃続く」

「平常心を保っていないと、いい判断、いい動作はできない。だから私の役割は選手の不安を取り除き、勇気を与えて試合に送り出すことなんです」

心理マネジメントに優れているんだろうなぁ。

誰かが試合でミスしても、個別に話をすることは却って選手を更に不安にさせる。だから「(チーム)全体の意識を統一させ、士気を高めることから初めて、チームとしてこういうふうにしたら、あのミスは防げるのではと指摘する」

ミスを見る目が、一段高いところにある。「チーム全体」の視点からミスをを次に生かそうとしている。

マリノスでは、たとえばセットプレーでの失点を、「どうすれば防げるか、チームとして考える」ことをしているのだろうか?

木村監督と同じように、「年齢や経験に関係なく状態のいい選手、いい取り組み方をしている選手を起用する」という。この措置は当人達だけでなく組織全体を刺激して、連勝という結果を出している。

同じ考えで選手起用をしているはずなのに、何故こうも結果が違うのだろう。

オリベイラ監督は名監督だ。顔をみても賢そうだよ。悔しいけど鹿島はいつもいい監督を連れてくるね。

この連載は明日まであるようなので、しっかり読むつもりだ。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ