2009/9/5

同好の士  サッカー(その他)

先日、大宮ファンの人と話したと書いた。

浦和生まれなのに「大宮」。

「マリノスには負けてなかったんですよ〜。この間負けたけど」「お互いイマイチ、パッとしないですね」と彼女。

パッとしないチームでも、「この間みたいに鹿島に勝っちゃったり♪すると、応援やめられなくなる」「(埼スタのあの狭いエリアに押し込まれながら)、ダービーで勝ったりするんですよ。嬉しいったらない。」

そうなんだろうなぁ。今、私はこの心境に近づきつつあるのかもしれない。

でもね、マリノスは胸に星が三つ輝くんだよ。いくつもの輝かしい勝利を掴んできたんだよ。その感動は、たまに勝つことよりも遥かに心震える喜びだよ!

*****

一方、最近息子さんがサッカー有望選手という方とも話をした。今中学3年生だ。

「ますます活躍中?」と問うと、「いや〜、サッカー選手は怪我との闘いだね。それが一番きついかもしれない」

私「まして、成長中だから心身とも難しいですよね?」

「身体の方は、どうにか乗り越えられそう。コーチと接骨医の先生が十分にケアしてくれたので。」

サッカーに打ち込むといろいろな目にも遭う、とか。

「遠征とかあって、中学は半分くらいしか出席できてない。目立つから『ワル』の連中に目をつけられて嫌がらせというかイジメもあったしね。選手仲間でも上に上がれない子のヤッカミとかいろいろあってね。まぁ大変ですよ。」

あぁそうなんですね。こういう話は選手の近くにいる人からしか聞けないと思う。

私「中学3年生と言うと受験ですよね。サッカー推薦?」

「外国に行くって言っています。ブラジルに行きたいと」

15歳で、中学を出てすぐ外国に行きたい。それも遠いブラジルへ。根性が違うなぁ

彼が大きい選手になって日本代表FWで活躍する姿を見たいと思う。それまで、お父さん、しっかり稼いで息子を支えてください。

この他にも、

プリンスとか高円杯とかユース中心に観戦をする人もいる。高校サッカーとクラブサッカーの違いが面白いとか、「これは!」と思った選手がJリーグで活躍するのを見るのが楽しみとか。

「ヴェルディの河野のドリブルは面白いよ」、「選手権で見た興梠も絶対活躍すると思ったね」

ひいきのチームはないけど、暇があれば三ツ沢や味の素、等々力に行くという方もいる。この週末は「ヴェルディvsC大阪」を見に行くそうだ。かつて3級審判の資格も持っていたとのこと。

野球ファンは多いけれど、サッカーファンはそうでもない。だから、同好の士と見つけるとそれはそれは楽しい。話が弾んでしまう。

ところで今日は代表戦。「サポティスタ」でも話題の「世界一蹴の旅」に面白い話がありました。
⇒「オランダ現地レポート」

選手は世界のレベルを体感してきて欲しいと思う。

それをチームに還元して欲しいけれど、マリノスは中澤さんだけなんだな。本当はマリノスの北京世代が世界レベル、代表レベルを経験して、自らを高めて欲しいと、それは切なる願いだよ。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ