2009/9/10

You Tubeで見た  スポーツ一般

サウジアラビアとバーレーンの「W杯アジア地区予選プレーオフの第2戦」は劇的幕切れだったんですね!

「You Tube」で、ロスタイムの攻防を見た。サウジが勝ち越し、その2分後バーレーンが追いついて、アウェイゴールの差でバーレーンの勝利。大陸間プレーオフに進出を決めた。

勝ち越した瞬間のサウジの選手、スタッフ、サポーター、お偉いさんの喜び爆発。シュンとなるバーレーンサポーター。

その2分後はまったく逆の光景になる。

CKで失点というのはドーハみたいだった。サウジの選手がバタっと倒れるのも同じ。

一方バーレーンの喜びはジョホールバールみたいだった。

こういうのを経験すると、サッカーの魅力にどっぷりはまってしまう。もう一生離れられなくなる。

もう一つ You Tubeで見たのは全米オープンテニス・・・。

なんと試合終了直後、ナダルがゲイにキスされてしまったのだ。

ゲイの青年が乱入、着替え中のナダルに抱きついて「I love you」と言いながらkissしている。

http://www.youtube.com/watch?v=Za1aI8Ybxoo
ナダルはびっくりしてたけど、特に邪険に扱うわけでもなく、おおらかなものだ。

Tennisunakama in NewYork」さんのサイトによると、ナダルは「僕は大丈夫だよ。ナイスガイだったよ」とナイスボーイぶりを発揮していたとか。彼はゲイに圧倒的に人気があるんですってね。

一方「きっと女性ファンが地団駄踏んでいるでしょうね」と言うコメントもあったらしい。

(テニスと関係ない話で申し訳ない。結構ウケてしまったのだ^▽^

これはお笑いですむけど、かつて(1993年)モニカ・セレシュは試合中、暴漢にナイフで刺されて、選手生命にも影響した。

だから、セキュリティはしっかりしないといけない。頼みますよ。

フェデラーも全仏の時、乱入男にプレーを邪魔された。この時の男は乱入を繰り返すので有名な人らしいけど、何が楽しくてそういうことをやるんだろうねぇ。(目立ちたい?ジョーク?よくわからん)

日本でもCWC「リバプール対サンパウロFC」の時、バックスタンドと南ゴール裏の間あたりから、男が飛び降りで、ピッチを縦断していった。あれはファンが興奮したのではなく、いわゆる「乱入男」だったのだろうか?

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ