2009/9/18

日経の記事  サッカー(マリノス)

日経新聞スポーツ欄に水沼貴史さんのコラムがある。9月15日付けのコラムで中澤について触れているというので、捜してみた。あった!だけど、シワだらけ^o^;

クリックすると元のサイズで表示します
「日本選手の同じ失敗」という題だ。

オランダ遠征2試合の総括。「日本選手が同じ失敗を繰り返すのは忘れっぽいだけが理由ではない」

「日本の選手はもっと自分の限界を知る必要がある。中沢ら一部の例外を除き、心技体すべての面で突き詰め方がまだまだ甘い」

〜そう。マリノスの若い選手にも言えるね。目の前に最高のお手本があるんだよ!〜

「その中沢、2試合で6失点の責任を痛感し、今回の遠征で一番ショックを受けているかもしれない。それはいいことだと思う。彼はへこたれない男だし、ここからさらに何くそという気持ちを奮い立たせるはずだ。だから慰めの言葉も不要」

その後に、「ただこれだけは言っておきたい」と続ける。

「失点のほとんどに中沢がいた。それゆえに中沢の失態がクローズアップされてしまうのだが、」

「それは中沢の危機察知能力が日本のDFでは飛び抜けているいる証しに私には思える。気づくからこそ死地に飛び込み、気づかない人の分まで責を負ってしまうのである。」

中沢ブログ、広島戦の後「3試合連続3失点でどん底」と書いていたなぁ。中沢だけの責任じゃないよ。次戦では、チームとして、強敵鹿島を「ゼロ」に押さえてください。
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ