2009/10/15

トーゴ戦を見て  サッカー(代表)

テレビ観戦。

あんまりあっさり3点を取ってしまったため、後が退屈になってしまった。4点目が入るまでが長かった。

憲剛が言っていた様に攻撃が単調になってしまった。(憲剛の試合後の話は論理的具体的。賢い選手だよねぇ)

それに相手がメンバーを落としてきたのとコンディションが良くなかったのとで、とっても物足りなかった。

それでも、岡崎のハットトリック、森本のゴールは良かった

岡崎の成長ぶりはすごいと思う。北京五輪壮行試合・アルゼンチン戦の練習が始まる前、ウッチーとイヤホンを二人で分け合っていた、あの子どもっぽい雰囲気とはまるで別人のようだ。
クリックすると元のサイズで表示します
08年7月29日国立競技場で。内田と岡崎。

森本はあの反転シュートも見事だったけれど、ポストプレーで、ボールを頭の後ろ(つまり前方へ)落としたのが、あんまりJリーグでは見ないものだったので、「やるじゃん」と思った。

俊輔は、パスミスが多く、持ち過ぎだったり、判断が遅く、今日はあんまりいい出来ではないように思えた。

が、その後スポナビでインタビューを読むと、

「(パスミスが多かったが)動いてハードワークしていたから。」

「こういう試合は、あんまり動かないでトップ下ならトップ下にいてスルーパスばっかり狙ってアシストや得点がついた方が目立つかもしれないけど、それじゃあ全然先が見えない。ハードワークしていろんなところに顔を出して、ダイレクトや2タッチで動いて、というのを意識してやった。」

とあって、敢えてそういうプレーをしていたのだと知った。

その後の言葉は、

 「その切り替えがまだモリ(森本)とかは遅いし、ほかにも何人かまだ遅い選手がいる。」

と正直に話してしまう。

だから面白いんだけれど、「チームメイト批判」としてスポーツ紙に格好の話題を提供してしまう。

オランダ戦の時も試合終了直後のインタビューで、「後から入った選手が・・・(本田批判)」と思ったことをそのまま言ってしまう。テレビで見ていて、「あぁ言っちゃった。きっと面白おかしく取り上げられる」と思った。

その後、スポーツ紙は「俊輔vs本田」を煽り立てた。テレビ番組で「何でも『vs』で語られてしまう。『伸二だったりヒデさんだったり、松井だったり、今度は本田』」と嘆いていたが、正直すぎる自分の言葉にも原因があるんだよ。

でも、それがないと俊輔ではないし、面白くない。

この日、森本も、本田もインタビューでは謙虚、とっても殊勝で、「いい子たち」と改めて思った。

さて、アルゼンチン、気になっていた。ネットでスポナビを見たが、まだ結果が載っていない。FIFAのサイトを見たけど、英語だし、どこを捜せばいいのかわからず、アイマールのファンサイトなどをはしごして、ようやくアルゼンチンサッカーファンサイトを見つけた。0−1で勝ったと書いてあった。よかった!

その後、FIFAのニュースにも写真入で載った。スカパーのフジ系列に入っていれば、生中継が見られたのだけどなぁ。マリノスのナビ敗退即解約してしまったのだ

マラドーナは本当に大スター。昼過ぎからアルゼンチンW杯出場決定のニュースではマラドーナの雄たけびが何度も流された。

W杯決めたチームはどこもみんな喜び炸裂、歓喜の輪が広がった。一方敗退したクロアチア、スウェーデンは涙にくれたろう。

この、世界各地での歓喜の爆発は他の競技では見られない。前節出場を決めたセルビアは街頭に人々が繰り出して、大騒ぎだった。

日本ではW杯の、世界でのこの重さを十分に報道されないし、理解されないようなので、それがとても歯がゆい。野球のCSなんて言ってる場合じゃない。WBCなんかと重みが違うんだけどねぇ。ま、こんなことを言っても仕方ないけど・・・。

つまり、日本とアメリカだけを見ないで、世界中を見て欲しいと思うんだ。サッカーを見て世界を知る、って本当だと思う。

最終出場国が決まるまで、まだまだこんな喜びや落胆のドラマがある。そして更にW杯本番。サッカーはなんとワクワクさせるスポーツなんだろう!
1

2009/10/13

アボカドに願いを  サッカー(その他)

マリノスに距離を置く、ってナビ川崎戦2戦後に書いた。

前のように師岡熊野神社に勝利祈願に行ったりしないし、コーヒー断ちやビール断ちもしない。

そんな気が起きない。

が、一つ。

残留祈願していたものがありました。アボカドです!

クリックすると元のサイズで表示します
7月2日のアボカド。これが無事大きくなったら降格はなし。

今のアボカド
クリックすると元のサイズで表示します
ずいぶん葉っぱが増えた。背丈も伸びた。

途中虫食いがあって、ちょっと心配した。でもこの調子なら残留決めるまでは元気にいるでしょう。もっと大きくなったら、天皇杯行けるかも(笑)。

と馬鹿な話で、スミマセン。

先日、有明コロシアムへ行った帰り、最寄の国際展示場駅。就活のセミナーがあったのかリクルートスーツの学生さん達が沢山いた。プラットホームにいた女子学生。ふと耳に入った言葉「天皇杯」

「え?」とちょっと耳をそばだてると、「明日1時」「行きたいけど、長崎なんだ。遠いよ」

マリノスファンの女子学生だった。がんばれ就職活動!

またある日。隣に座ったご夫婦。ご主人「参ったなぁ。JFLより下のチームに負けるんだもの」。嘆き節。

「レッズ興隆の基礎を作った社長が、チェアマンやキャプテンになっちゃったからなぁ」

「なんでこうなったかなぁ。確かに、以前から攻撃は外人頼み、エメルソンとかワシントンとか個人技に頼っていたとは言われていたけど。こんなに早く、ガタガタになるなんて」

「ふむふむ」と聞いていた。

浦和のこの敗戦のショックは、マリノスのナビ川崎戦敗戦より大きいだろう。あのマリノスの無惨な試合も大したことではないような気がしてきた。もう、あの怒りをもう納めようかな・・・なんて。

電車の中でサッカーの話を聞くと、他所のチームの人でも「同志」という気がするから不思議。
1

2009/10/12

優勝おめでとう!  サッカー(マリノス)

携帯から記事をアップしたように、今日は途中からのテレビ観戦だった。でも、7点のうち4点見たのだから、満足しよう。

普段見る試合では(代表、Jリーグ)なかなか枠に行かないシュートも、今日は気持ちよいほど、正確に枠を捉えていた。迷いのないシュートだった。

「優勝」

いい文字だ。

ダブルハットトリックなんて、めったに見たことない。

ユースの選手達、監督スタッフ、そして、いつもユースの応援にかけつける皆様、ありがとう!!

久しぶりにスカッとしました。今日の青空のようだ。

今年はトップ昇格が無かったそうだけど、3年生は一回り大きくなって、マリノスに戻ってきてください。

小机でユースの試合があった頃は時々見物(?)に行ったけれど、最近はなかなか見にいけない。「優勝」なんてしてしまうと、またユースの試合を見に行きたくなるなぁ。

ともかく、よかったよかった。
0

2009/10/12

高円杯決勝  サッカー(マリノス)

実家にて、テレビのチャンネル権を今、手にしました。早速BS朝日へ。

なんとマリノス3点も取っているじゃあ〜りませんか(古)!あ、4点目。すごいなぁ。このまま圧勝で!!(携帯から)
0

2009/10/11

気分は低調スコットランド戦  サッカー(代表)

有明コロシアムの試合を途中で抜け出して、家に帰る。
クリックすると元のサイズで表示します
ウォーミングアップ中の伊達さんです。

帰宅すると急いで夕食を流し込み、自転車でスタジアムへ。

有明では最上段の席だったから、階段上ったり下りたりで疲れている上に、自転車を飛ばしたから、スタジアムに着いた段階でかなりくたびれていた。

クリックすると元のサイズで表示します
試合前練習。

席は1階バックスタンド後段、屋根下。ふだん座らない席なので、屋根が重苦しい。大型ビジョンも全部見えない(その代わりにテレビが備えてある)。

試合全体も、頭の上に何かが覆いかぶさっているような印象だった。

そもそも、中澤はベンチ外。俊輔もサブ。テンション下がるよ。

今日は、いつもの観戦仲間のYさんと、初めてご一緒するTANYさんと観戦。

Nzさんはメイン2階「日の丸を出してます」とのメールに、その方向を見ると確かに日の丸が。代表の試合はサッカー仲間と再会できるから楽しい。

前半は、日本が遠い方へ攻めるから、よく見えず。近い方はスコットランドの攻撃が少なかったから見所なし。その上、日本の攻撃もちぐはぐな感じだった。段々退屈になる。

(そもそも、誰が出ているのか時々わからなくなる。しかも誰がどのポジションなのかもよくわからない。テレビのメンバー表を確認しての観戦だった。これじゃ集中できない)

ハーフタイム。W杯誘致のマスコット、「アトム」が登場。「微妙〜」が周りの声だった。プレゼントの当選番号発表は「小村」さんだった。

ハーフタイムの練習に俊輔はゼッケンをつけていなかったので、今日は出場しないんだなと思った。だから、ますますテンション下がる。

クリックすると元のサイズで表示します
憲剛と本田。本田のFKは惜しかった。ウッチーあれは決めてよ。

この時、周りはフロンターレサポだったのか、憲剛蹴れ、との声が多かった。

憲剛はよく働く。試合数も多いし、今日も、スルーパスにシュートに、クロスにCKも蹴って、本当にご苦労様だよ。

稲本に代わって駒野が入る。「今野が稲本のところに入ったの?」なんて話しているうちに、駒野の低いクロス⇒オウンゴール。

クリックすると元のサイズで表示します
喜ぶ観客。点が入らずジリジリしていたから喜び爆発。

この頃、隣の席の家族連れ。幼稚園児くらいの男児が「どうして俊輔出ないのぉ?」10番NAKAMURAユニを着てきたのにね。

本田の2点目。本田は今日は守備も頑張っていたから、ご褒美。スタンドも期待していたようだし(私は別に期待してないけど)。インタビューでは謙虚で、「いい奴」という感じだったね。

試合終了。

今日は暑くもなく寒くもなく観戦しやすい気候、6万人も入って、日本が勝って、まぁ満足すべき試合なんでしょう。

スコットランド代表の、あの06年5月ドイツW杯壮行試合の寒い寒い試合に比べれば、どんな試合でもよく見える。

けど、主力が出なかったから、私としてはやっぱりつまんなかった。新戦力と言ってもマリノスの選手はいないしさぁ〜。

これで今年の代表戦観戦は終わり。スタジアムで観戦した試合は低調な試合が多かった。0点か1点しか取れなかった。この試合も2点と言っても1点はOGだしね。まだトーゴ戦があるが、来年に期待。W杯の年なんだよ。

オシム監督の番組(NHKスポーツ大陸)を見たら、オシム監督で日本のW杯を見たかったなぁとしみじみ感じてしまった。

0

2009/10/10

スボーツ(観戦)の日  スポーツ一般

有明に来てます。テニス初生観戦♪ヒューイット対ユーズニーは熱戦だった!
次のモンフィス対ツォンガは全部見られそうもない。だって日本代表対スコットランド戦だから。一度家に帰ってから日産に向かいます。(携帯から)
クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/10/9

ノーベル平和賞  政治

オバマ大統領が今年のノーベル平和賞に決まった。

テレビの街頭インタビューで「まだ何もやってないじゃない」と言った人がいたけど、私もそう思う。

オバマ大統領を応援するための平和賞授与なら、ちょっとわかる気もする。現職のアメリカ大統領が「核廃絶」と「環境重視」「国際協調」を宣言したことは、大きな意味があるのは間違いがない。

オバマ大統領がアメリカ国内で「核廃絶」宣言した時は後ろにキッシンジャーとかブレジンスキーとか、シュルツとかアメリカ政界の長老達が並んでいた。長老達も核拡散の危険、核兵器競争、核戦争の危険を警告していた。それらを踏まえてのことだ。周到だったと思う。

でも、「核廃絶」で言うなら、平和賞は日本のヒロシマ・ナガサキの、核廃絶運動をしてきた人々に与えられるべきだと思う。地道な、息の長い運動だったからだ。

佐藤栄作のノーベル賞は嘘っぱちだけど、彼の功績と言われるものは日本の平和勢力、平和を願い続けた人々が築いてきたものだ。自民党右派はこれらの人々をずっと敵視してきたんだけどね。

時代が良い方に変わってきていると感じる。

だけどブッシュや森・小泉・安部・麻生がひどすぎたんだけどね。「はだしのゲン」のポスターすらはがしたんだからね。日教組の陰謀とか言っちゃって。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ