2009/11/10

今日来たメール  サッカー(マリノス)

(11日に追記しました。)
あまりサッカーに詳しくない知人からメールが来た。「横浜Fマリノス」という件名に「?」だった。本文を急いで見る。

「取引先との販促の関係で、マリノス清水戦のチケットが定価より安く手に入ります。必要でしたらご連絡ください」

あ〜残念。もう娘の分は買ってしまったよ。もう少し早く言ってくれればねぇ。

最終戦、会社はスタジアムをいっぱいにしたいんだろうね。頑張っているね。

日産自動車は中国で好調とか。次のような記事を見つけた。
⇒「中国でトヨタ、ホンダの死角突く “巨大商用車市場”を攻める日産、低価格「現地ブランド車」も投入」(日経ビジネス)

インドでも攻勢をかけるというニュースも聞いた。

あんまり親会社に頼るな、とは思うけれど、でも日産の営業成績が良くないとマリノスが苦しいのは事実だから、こういう話はほっとする。

毎年、監督が代わって、成績も低迷するのは「構造的な問題」という指摘もある。

桑原監督がやめる時、「一枚岩ではなかった。マリノスは反省して欲しい」と言った。連絡事項でさえ直接のやり取りがなく、書類での受け渡しだったという記事もあった。

今回も木村監督は「今後このクラブで仕事をすることは絶対にない」と語ったという。これも桑原監督の時と同じような構図だろうか。

木村監督の、はぐらかすようなコメント、自己保身に思える言葉も、こういう文脈に当てはめると「そう言わざるを得なかったのか」を思える節もある。

でももう、こういうことは止めて欲しいと思うよ。

今度こそ長期的な戦略を立てて、一貫した方針の下にチームを運営して、毎年優勝争いにからめるようなチームにして欲しいと切に願う。

ジェレミー・ウォーカー「“暫定”監督の座から抜け出せなかったマリノス木村監督

俊輔が戻ってくる可能性に触れている。だけどそれで解決とも思えない。

《ここ数シーズンというもの、マリノスファンにとっては不遇の時が続いた。何とかチームを盛り上げようと、彼らは大洞窟のような日産スタジアムに詰めかけ頑張ってきたのだ。》うん、その通り。

ともかく大分戦のような試合は見たくない。

岡田監督末期の大宮戦とか、桑原監督の磐田戦とか低調な試合はいくつもあったけれど、今回はそれ以上にひどかった。選手も気迫を見せてよ。

ホームでの2試合、天皇杯川崎戦ではリベンジを、清水戦では有終の美を。そして、12月中旬以降もマリノスの試合が見られますように。

CWCもないし、空白の12月は嫌だ。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ