2009/11/18

ファミレスで  サッカー(その他)

今日の代表戦、終わってみれば0−4の快勝だった。

最初香港の出足が良くて、日本代表は長旅の疲れからか動きが重いように見えた。

長谷部の気持ちいいミドルシュート→ゴール(初ゴールおめでとう)から、基本、優位に試合を進めた。

後半、大久保が決めきれず、NHK解説の早野さんに「交代を考えた方が・・・」なんて言われていた。寿人が交代で入ると、2点目を決めて、これで勝負あり。

俊輔がFKを直接決めたが、あまり嬉しそうでもなし。バーレーン戦以来だったそうだ。

岡崎のPK。釜本さんの年間ゴール数に追いついて良かったね。

イライラしそうになる場面もあったが、見たかったものが見られたから、まぁよしとしよう。

ところで、タイトルの「ファミレス」の話。

今日、お昼に入ったファミレスの隣の席。男性2人でスポーツの話題で盛り上がってた。

聞くともなしに聞いていた。野球の話だった。

甲「A選手は、ヒットを打ってもインタビューに答えてくれないんですよ。全然ダメですよ。試合のヒーローの時くらい、答えるべきでしょう?」
乙「そりゃ、よくないなぁ。Bはどうだ?」

甲「B選手は答えてくれます。先輩選手の間では評判悪いんですけど、メディアに対しては普通ですよ」
乙「Bはなぜ、先輩の受けがよくないのかなぁ。」

甲「マイペースだからじゃないですか。C選手はとても偉いです。この間の試合のチャンスに凡ゴロ、ゲッツーで、負け試合の戦犯みたいなものだったんですが、インタビューでちゃんと話してました」
乙「ほう、そうか」

どうも、スポーツ記者(甲)と、野球球団の関係者(乙)みたいだった。

なぜDコーチを呼んできたか、の話もしていた。

乙「2軍のキャッチャーに、配球の仕方なんか教え込んでもいいことはない。コーチの言うとおり覚えたって仕方ないんや。1軍にあがってみろ。1軍のコーチは2軍のコーチとは違うことを言ったりする。

2軍時代のことは教え込まれただけで、自分の頭で考えたことじゃないから、そのキャッチャーは混乱するだけだ。そうやろ?

だから、2軍時代は、身体をしっかり作ることを主眼でやればいいんだ。遠投をさせて肩を作るとか、走りこませて下半身を安定させるとか。」

Dは、その辺のことをよくわかっているから、コーチに呼んだんだ」

甲「なるほどね」

このA、B、C、Dは実名だったが、野球のことはさっぱりわからない。帰ってネットで調べてみた。そしたら全員「某チーム」の選手・コーチだった。

その後、「今後のチームの補強について」スポーツ記者が聞きだそうとしていたけど、乙氏ははぐらかしていた。

選手の話など、いかにもありそうな話なのだが、「ファミレス」で、隣の人(つまり私)に筒抜けで、そんな話をするかなぁという疑問もある。本当に野球関係者、記者かなぁ?

でも、「2軍での選手養成」については、なるほど、と感心して聞いた。サッカーにも通じるところがあるような?

この話が野球でなくて、サッカーだったら、もっと面白かったのに。耳をダンボにして聞いていたよ、きっと。来年のチーム作りの話だもんねぇ。

サッカー界もそろそろ、そういう季節だから。

今年は辛い別れがありませんように。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ