2009/11/20

フランスのW杯出場決定  サッカー(その他)

昨日昼頃、バイト先に娘からメールが来た。「アイルランドとフランスの試合すごかったみたい。アイルランドって人を感動させるよねぇ」

あ、そうか、「今日未明に出場国が決まるんだった」。寝る前までは「起きてテレビ見ようか」などと考えたりしていたのに、もうすっかり忘れてしまって、昼まで思い出すことすらなかった。

で、携帯でサッカーニュースを見た。結局フランスが勝ったのか。

え?アンリのハンド?

夜、スポーツニュースで見た。ひどいよ。あれでアイルランドはW杯出場を断たれてしまったのか!

もし、アイルランドの立場が日本だったら、私など、もう仕事が手につかない、何週間も怒り、落胆し、アンリや審判を呪い続けるだろうよ。だって4年間は長すぎる。

フランスもあんな方法で出場して、後ろめたくないのかなぁ。

サッカーはそういうものだと思いつつ、割り切れない思いが残る。

ニュースで見たロビー・キーンのゴール。ダフがサイドを駆け上がって⇒ロビー・キーンというのは日韓W杯でも何度も見た。まさにアイルランドサッカー。

日韓W杯で、サウジアラビア対アイルランドの試合を横国で見た。

アイルランドはその前の試合でドイツに食い下がって、魂の戦いを見せていた。だから、この試合は楽しみだった。ロビー・キーンがゴールを決めて、側転をするパフォーマンスもあった♪

アイルランドのサポーターがずっとビールを飲み、歌を歌い続けていた。陽気で楽しい人々だった。すっかりファンになった。

岡田監督がマリノスの監督になった時「アイルランドのようなサッカーをしたい」と言った。そして、そういうサッカーを何度も見せてくれた。

マリノスも、福西の「ハンド」で試合を失ったことがあった。05年の開幕戦。マリノスは3連覇に向けて、意気揚々と船出するはずだった。

あの試合でケチがついて、夢がしぼんでいった。

〜もちろん、05シーズンの不調はあの試合、あの福西のハンドだけが原因じゃない。チーム作りに何かうまく行かないものがあった〜

でも「ハンド」で負けは悲しいよ。すごく悲しいよ。

マラドーナの「神の手」ゴール。あの試合はテレビで見ていた(録画放送だったとしても、私はライブと思って見ていた)。

マラドーナはあの後、伝説的5人抜きドリブルシュートがあったから、「神の手」も許されてきたと思う。

アンリは?W杯で伝説的活躍をするしかない。

追記:BSでフランスのニュースを見た。フランスはアンリに厳しかった。
「あのようなごまかしは、スポーツから最も遠いものだ」
「W杯に最もふさわしいチームが、最も恥ずべき方法で出場権を得た」
「余計な腕と素晴らしい足を持つ男アンリ。この罪を一生背負うだろう」

そして、最後は「かつてイングランドの選手は自ら反則を申し出て、フェアプレー賞を得ている」とまとめた。アンリもそうすべきだったと暗に主張していた。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ