2009/11/22

テレビも見られず神戸戦  サッカー(マリノス)

外出していて、神戸戦は見られなかった。

電車の中で、ワンセグをつけたら清水vsG大阪戦をやっていた。ちょうどガンバの2点目を見た。

その前から、ガンバの組織だった攻撃がすばらしくて、これは力からいってガンバ勝利だなぁと思っていた。チェを出してすぐに得点、というあたり、西野さんの采配もさすがだった。

さて、マリノス。試合が始まったかな?と思った途端、携帯に速報が入って「千真」のゴールと知った。新人記録おめでとう!!

でも、千真が早々得点すると勝ちきれない試合が多い(という思い込みがある)からなぁと心配していた。

しばらくするとまた速報。「狩野」のゴールだった。やっほぉ。

これは三ツ沢神戸戦の再現、とマリノスサポはみな思ってしまったよね。

ところがどっこいだった。

家に帰った時、後半75分過ぎだった。家族は「甲府vs湘南」を見ていた。

「マリノスは追いつかれたよ。」

はぁ、やっぱりか。「もう終わったの?」

「いや、まだやっているけど、かったるいから、やめてこっちの試合にした。こっちの方が、断然緊迫していて、迫力がある。」

そうだね。同じ2−2なら、甲府vs湘南を見てしまうか。

試合展開を見ると、湘南が2点リードした後、甲府が追いついたようだ。甲府1点目ゴールを決めたのは韓国の選手だった。こういうギリギリ勝負の時、韓国の選手には心の強さを感じる。

スタンドも満杯。プレー一つ一つに悲鳴のような声があがる。(マイクのそばに賑やかな女性がいるのか?)

と、湘南のFKのチャンス。GK中途半端な飛び出し、がバー直撃で逃れたか、と思ったら、坂本がシュート!決まる。サポーターの前で湘南の選手達が団子になって喜んでいた。
(観客席のフェンスも壊れたみたいね)。

湘南の勝ち。あと2試合。どうなるかな?

頻繁にチャンネルを替えて、マリノスの方もチラチラ見た。サポーターの歌がよく聞こえていた。神戸まで応援ありがとうございます。

結局マリノスは2−2の引き分け。追いつかれたわけだから、負けたような気持ちになる。ショボン。千真が早々点を入れたのに、勝てない。2点リードを守れない。

マリノスは1点取れば、守って勝てるチームだったんじゃないの?

中澤のコメント「こういうゲームを今年1年間やってきた。いい加減、チームとしても選手としても成長を見せていかないと厳しいと思う」

これは誰に向けられた言葉なのだろう。苛立ちが感じられるよ。

ちょっと前のマリノスの選手は、サイドチェンジとか、クロスとか、もっと上手だったと思う。

試合運びの巧さなどは、若いチームなので難しいところがある。気力気迫と言う面では頑張ってくれていると思う。

でも、技術面の未熟さはどうにかしないといけない。戦術的なものは選手が努力しても難しい部分はあるが、技術や走力は一人一人が努力することで獲得できるものだと思う。

もうあと2試合だ。ミスを少なく、持てる力を十分に発揮して、今年1年の成長を見せて欲しい。「若手を育てた」のが木村監督の功績だと言われているのだから、それをホームでしっかり見せて欲しい。

頼みますよ。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ