2010/3/20

楽し過ぎ川崎戦  サッカー(マリノス)

終了後すぐ家に帰り、録画を再生。反芻民族(夫の命名)なので、楽しかった試合を反芻し、堪能する。

今日は選手の意識も高かった。

サポーターの大ダンマクやコレオを見たら、選手はいやがうえにも発奮するだろう。準備を進め、行動してくださったサポーターの皆様ありがとうございます。川崎サポに一番近い場所でしなり旗を振っていた「しなり」さんの姿も勇気を与えたと思う。

俊輔のゴールで調子づいたチームと落胆したチーム。

Jリーグタイムでも福西がべた褒め。テレ東で前園さんも絶賛。いやん、そんな本当のことを言っては。

この調子でいったら、俊輔はボカに帰ってCWCに導いたリケルメや、エストゥディアンテスのベロンみたいになっちゃうのかなぁ・・・なんて浮かれっぱなし。

ゴールシーンは喜びすぎて、やはり写真はない。

今でもあの弾道が目に浮かぶ。蹴った瞬間はハズレそうと思ったのに、ネットが大きく揺れた。その瞬間、周囲も全員飛び上がった。

クリックすると元のサイズで表示します
FK。川崎は全員守備。

今日は、前節にまして風が強かった。風船も沢山ピッチに落ちた。

クリックすると元のサイズで表示します
ハーフタイムに飛ばした風船を拾うマリノスケや係員。

この風船飛ばし企画やめた方がいいと思う。試合の邪魔もしたし。

俊輔は要所要所で仕事をしたけど、2点入った時点でもう省エネモード。本人は反省の弁を言っていたが本音かな?

若い連中の活躍に場を譲ったみたいな形。交代した後、ドクターがすぐにそばに行ったけど、どこか傷めたのかと心配になった。

勇蔵は攻守ともにノリに乗っている。何か心境の変化があったのだろうか。その充実ぶりには驚く。圧倒的な力だ。

試合後のコメントも雄弁だった。そして「昨年までは攻撃の時間が短くて、その分ディフェンス陣は辛い思いをしてきた」と正直。

山瀬は「相手にとって一番怖い選手」だとずっと書いてきた。彼が躍動している今の姿は本当に嬉しい。またシャンパン飲もうかな。

褒めたい選手は沢山いる。ガツガツ守備した狩野も、走り回った兵藤も、小椋も波戸も裕介も、前節に続いて安定した守備の飯倉も、ゴールはなかったがアシストの千真も、怖いパスミスはあったもののさすがの中澤。けどアーリアはいつものように交代だとうまくゲームに入れない。
クリックすると元のサイズで表示します
観客に拍手しながら、ゴール裏に向かう俊輔。

昨年の豪州戦の時、このような光景がマリノスで見られるのかとワクワクしたが、⇒2009年2月12日blog下の記事一度は頓挫。

そして実現した今も、どこかまだ半信半疑でいる。レンタルの助っ人外国人のような感覚というのかな。

クリックすると元のサイズで表示します
神奈川を制圧

サッカーってこんなに楽しいものだったんですね。

岡田サッカーはどちらかというと、「ひたむき・あきらめない」で感動系。和司サッカーはひたすら楽しい。(2試合しか見てないけど)

昨年の苦行の後だけに、その喜びが一層深いものに思われる。これが続きますように。
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ