2010/3/31

うきうき山形戦  サッカー(マリノス)

帰り道曇っていた空が晴れて、月がきれいに見えた。昨日は満月=ブルームーンだった。今日もまだ十分に満月。三ツ沢の桜も満開少し前の一番美しい時。うきうき。

1−0で勝つ試合は大勝とは違った充実感がある。

今日はりえすけさんが席を確保してくださった。Aさん、Y子さんと久しぶりにご一緒した。ありがとうございます。

三ツ沢は椅子が新しくなっていた。寒いけど、密集して座るから暖かく感じる。そして周囲の反応がぴんぴん伝わる。

観戦に来られない娘から写真を沢山撮ってきてと言われたが、へたくそなのでろくな写真がない。

もう夜遅いのでごく簡単に。

クリックすると元のサイズで表示します
試合前の練習。

今日はパブロが先発。「パ〜ブロォパ〜ブロォ」と何度もコールが行われた。山形選手紹介の時、「キム・クナン」にマリノスゴール裏から拍手が起きた。「山形でもFW起用なんだね」

前半は、回りの人達が「つまんないね」「眠くなった」の出来。
クリックすると元のサイズで表示します
山形のセットプレー。守るマリノス。

山形の19番、秋葉かな。が、中澤の下敷きになったり、吹っ飛ばされたり、とっても気の毒だった。ドリブルで駆け上がってきたが、途中で息切れ。「疲れちゃったんだね」の声。

ハーフタイム。サブ組が練習に出てくる。山瀬がすぐ前に来た。スタンドから「お兄ちゃん、代表でがんばってくれよ!」の声がかかった。

後半はこちら側に攻めるので、ゴールを期待。が、なかなかうまくいかない。

ベンチに動きがあった。「あ、功治が出る」。山瀬が準備している間にもう一人。「え?俊輔も?」。河合、アーリア⇒功治、俊輔。

二人が入った途端、マリノスは別のチーム。狩野も兵藤も裕介も走り出す。「俊輔は違うなぁ」の声。

どうしてだろう。代表でもそうだ。小笠原や遠藤まで、俊輔が入ると生き生きしだす。

今日だって、そう動きがいいわけではないのだ。守備はあんまりしないし、ボールを戻すことも多かったのに。

後半はCKも取れるようになった。二つくらい惜しいCKがあった。次、もう決まるでしょう。

すると、ボンバーヘッド!「相方ばかり目立っていたので、自分もそろそろ」とインタビューで答えてた。

山形はクナンが出てきた。「クナンが出るよ」「クナンが出るよ」と回りの人達大注目していた。クナンはなんかもったいない。マリノスにいればよかったのに。

ロスタイム3分。ドキドキする。2度ロスタイム弾があったから。

でも今日は冷静だった。無事終了。
(追記:選手のコメントを見ると、結構バタバタだったようだ)
クリックすると元のサイズで表示します
試合後挨拶に向かう。

クリックすると元のサイズで表示します
ずっと藤田に話をしている俊輔。「サッカー教室」ですかね。

「パブロ」はよかったと思う。技術もある。あのリフティング。守備も頑張っていた。代わって入った坂田には不満。それとアーリアも、ミスが目立った。アーリアはすごい才能と皆言うのだが、私にはわからないです。

木村監督は終盤ずっと立って見ていた。不満だったかな。

とりあえず、「CKで点を取って、守りきって勝つ」という試合ができるのはいいこと。

試合前は仕事で疲れていて「オロナミンCロイヤルポリス」を飲んだくらいなのに、帰り道の足の軽いこと。

「♪月がとっても青いから〜」なんて、私の時代でも懐メロだった歌を歌いたい気持ちでウキウキの夜だった。
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ