2010/4/29

CL準決勝・鹿島戦後  サッカー(その他)

今朝は早起きして、欧州CL準決勝バルセロナ対インテルを見た。といっても4時頃だから、前半30分過ぎていた。

既にインテルは一人少なくなっていた。バルセロナは攻めても攻めても得点を奪えない。

まるで、日本代表やマリノスの試合のように(と言ったらバルサに悪いね)、バルサはボールを回すのに、シュートまで行かない。そりゃ、もちろん鋭いパスがあって守備網を切り裂いたか、と思う場面もないではなかったけれど、とにかくインテルは堅かった。

バルサが、攻めあぐねて、ことごとく、網に絡め取られていた。あの正確なパスが通らない。ボール保持率75%で、オフサイドっぽい1点しか取れなかった。

試合終了時のモウリーニョ!冷静な指揮官がわ〜と走り出した。

(モウリーニョはホントに名指揮官。名監督と凡庸な監督は何がどう違うのか、誰か解説してください)

決勝はどんな試合になるだろうか。一応見る予定だけれど、絶対見るぞ、というほどの意欲が湧かない。やっぱりバルセロナ、メッシを見たかった。

ところで、鹿島戦の後、他の人の観戦記などを読んで、感想を追加しようと思っていたのだが、自分を「おっちょこちょい」と反省して以来、筆が重くなってしまった。

それに、今回は観戦記自体があまり上がって来なかった。判断が難しい試合だったのかもしれない。

中には、あの試合で「心が折れてしまった」人もいたようだし、「試合前に席を後にした」人もいたようだ。

鹿島戦の翌日の東京新聞では大住良之さんが「横浜Mいま一歩」という記事を書いている。

「横浜の攻撃自体が相手の守備組織にからめ捕られ、決定的な形をつくりきれなかったという印象だった」「問題は前線に入った選手が止まってしまったこと。『前に行く』のと『前にいる』のは違う。」

私もそう思った。

maliciaは「中盤の穴」を動けない俊輔、無秩序に動く兵藤の責にしていた。

清水戦でもmaliciaは「無秩序に動く清水(ジロー)」と清水を批判していた。同じ清水に対して、別の人は「よく動いてボールを引き出していた」と評価していた。人によって見方が違うのはよくあるけれど、違い過ぎ。

チームはこの敗戦をどう総括しているのだろうか。観戦記の評価がばらばらでも別にいいのだが、チームはちゃんと問題点を把握して対策を立てなくてはいけないね。

でも、今日、練習を見に行った人の記事では、その「対策」に疑問符がつくという。うまく行ってないらしい。次の試合は近いのに心配だ。

嘉悦社長が言うように、しばらくは我慢の時なのだろう。

鹿島戦の観戦記で気になったのは、「俊輔枠」とか「W杯の練習台じゃない」とかの言い方。
続きを読む
7

2010/4/28

米映画ベスト100を見て  映画

昨夜、今夜とNHKBSで「アメリカ映画ベスト100」と「ジャンル別ベスト10」を放送していた。

映画100周年の1997年にベスト100を選出、今回は11年ぶりに選出し直したものだそうだ。

番組では名画が続々紹介される。やっぱり、前回も今回も、第一位は「市民ケーン」なんだなぁ。

でも、この映画を見ていない。オーソン・ウェルズの作品は「第三の男」も見ていない。

見るチャンスは何回かあったのに、見ていない。いつか、いつか、と思っていても、結局見ずに終わってしまうかもしれない。「見るぞ」と決心しないといけない。

今日取り上げられていた映画で、見たいと思ったのは、「ニュルンベルグ裁判」と「西部戦線異常なし」。二つとも内容が重そうなのが難点。

今日のジャンル別は、「アニメ」「ファンタジー」「SF」「スポーツ」「裁判」「ギャング」「西部劇」「ミステリー」「ラブコメディ」「歴史」

ジャンル別一位は、

アニメは「白雪姫」、ファンタジー「オズの魔法使い」、SF「2001年宇宙の旅」、スポーツ「レッドブル」、裁判「アラバマ物語」、ギャング「ゴッドファーザー」、西部劇「捜索者」、ミステリー「めまい」、ラブコメディ「街の灯」、歴史「アラビアのロレンス」。

映画館で見たのは「白雪姫」と「2001年宇宙の旅」のみ。

今回、名画のさわりを沢山見て、改めて思ったのは、男優たちの魅力。

ジェイムス・スチュアート、ヘンリー・フォンダ、グレゴリー・ペック、ゲイリー・クーパー、ハンフリー・ボガード、ケーリー・グランド、バート・ランカスター、伝説的な俳優ばかり。大人の雰囲気。

マーロン・ブランド、ボール・ニューマン、ロバート・デ・ニーロ、ロバート・レッドフォードも魅力的だ。だが、なんか違う。

つまり、私の父より年上で、その全盛期をリアルに知らない俳優さんたちということかな。それだけ、雲の上というか、スクリーンの向うの人という感じがする。

アメリカの良心、あるいは大人の分別を演じることができた人達だ。みんな、頼りがいがある。男っぽい。

ジャンル別では、普段一番好きなのは「ラブコメディ」だ。だが、今日紹介されたものは見たいと思わなかった。

一番見たいジャンルは「ミステリー映画」だった。「マルタの鷹」を見たい。
マルタの鷹(1941) - goo 映画


裁判映画では「情婦」を見たい。
情婦(1957) - goo 映画


二つとも原作がある。「マルタの鷹」はダシール・ハメットのハードボイルド小説。ハメットは映画「ジュリア」の主人公リリアン・ヘルマンのパートナーでもあるね。

「情婦」は言うまでもなく、アガサ・クリスティの「検察側の証人」が原作。

そして、「マルタ」はハンフリー・ボガード主演で、監督がジョン・ヒューストン、「情婦」はタイロン・パワー、マレーネ・デートリッヒ主演で、ビリー・ワイルダーが監督。原作、監督、主演と大物が揃っているわけだ。

まとめると、見るべき、見たい映画は「市民ケーン」「第三の男」「ニュルンベルグ裁判」「西部戦線異状なし」「マルタの鷹」「情婦」

これらの映画はTSUTAYAで借りられるだろうか?原作のあるものは、いっそ小説を読もうかな。
1

2010/4/26

村上龍のサイン  本・文学

「文壇アイドル論」の記事で、村上龍のことにちょっと触れた。

その時、そういえば、村上龍にサインをもらったことがあったなぁと思い出した。日本酒の枡にサインをもらったのだ。

1977年の文士劇を見に行った時のことだ。日比谷の宝塚劇場だったかな。

「文士劇」について、何かいい資料はないかとネットを調べたが、ネットでは見つけることができなかった。

「文士劇」は文芸春秋社が、文士(この語も死語だなぁ)を集めて劇場を借り切って素人劇をしたもの。結構人気で、テレビ中継などもあった。石原慎太郎も助六や織田信長をやったらしい。

私は1回だけ見に行った。

たぶんそれが文士劇の最後の公演だったようだ。

出しものは2つあり、一つは「百姓一揆もの」で、主演は水上勉だった。もう一つが「ヴェニスの商人」だった。

有吉佐和子が主演で「ポーシャ」役。村上龍が婚約者役だったから、バサーニオだったのかな。友人のアントーニオは中上健二だった。山本道子がポーシャのお付の役だった。

シャイロックが誰だったのかが思い出せない。

有吉佐和子は堂々たるヒロインだった。何度も文士劇には出ていて、演劇にも縁が深かったから、場慣れしていた。

「この『限りなく透明なブルーの指輪』を下さった」とか大きな身振りでアドリブも言って、会場を沸かせた。

中上健次はせりふが全く入っていなくて、プロンプター(従者役だった)が付きっきり。その一字一句をそのまま言っていた。客席から全部わかった。かなり酔っていた感じだった。

村上龍は、とにかく若くて、文士の中に入ると際立ってかっこよかった。今みたいに太っていない。

劇終了後、ロビーに出ると2階から、階段を大勢の人に囲まれながら、尾上菊五郎(当時は菊之助)と藤純子が下りてくるところだった。

菊五郎は腕組み懐手で、与太った感じだったが(テレもあったか)、藤純子さんは、白いファーに包まれて(ありきたりの表現になるが)大輪の花のようだった。美しいなぁとみとれた。

ロビーで、お酒がふるまわれた。

そこで、村上龍から枡にサインをもらったわけ。そばに垢抜けた美女がいたけれど、あれは奥様だろうか。

また、漫画家「滝田ゆう」もいて、同じ枡にサインをもらった。トレードマークの着物姿だった。

滝田ゆうも知る人が少なくなったかも。

こちら⇒wikipedia「滝田ゆう」

あの枡は何回か引越しをしているうちになくなってしまった。本箱の奥の方にでもあるだろうか。

有吉佐和子さんも亡くなり、中上健二も亡くなり、滝田ゆうも亡くなった。有吉さんが亡くなったのは53歳、中上健次も46歳、滝田ゆうも58歳。みんな若くして亡くなった。

あの文士劇「ヴェニスの商人」から33年か。

文士劇がなくなっただけでなく、いわゆる「文士」や「文壇」もなくなってしまったのではないだろうか。

そもそも、「本」や「出版」が大きな転換期にある。もう活字文化・紙の本ではなく、電子ブックで読むようになるのかもしれない。
2

2010/4/25

家電売り場で  生活

近所の店からの招待状をもらったので、家電展示会に行ってきた。

初めて3Dテレビを見た。3D映画を見たことがないので、初めての3D経験だった。

ふ〜ん、なるほど。立体感がある。石川遼君が背景から浮き出して見える。

そして、打ったゴルフボールが飛んできて、思わず身をよけた。バンカーに落ちたボールを打つと砂ぼこりがたって、それが目の前を漂っていた。お〜っという感じ。

これサッカーだったら、どう見えるんだろう。

次、テレビを買う時は3Dだね。一体何年後になるか、わからないけれど。

今回、展示会に来たのは、ブルーレイ&DVDレコーダーを買うためだ。今家にあるDVD(&HDD&VHS)レコーダーはアナログしか録画できない。デジタル放送を録画するためには、新しいレコーダーが必要だ。

今、うちのテレビは複雑なことになっている。テレビはデジタル。でもレコーダーはアナログしか録画できない上、BSチューナーがない。だから、BSアナログが入るVHSレコーダーとつないでBSを録画する。

デジタルテレビ、スカパーチューナー、WOWOWアナログチューナー、VHSレコーダー、それにDVDレコーダーがあるわけだ。

今度ブルーレイ&DVDレコーダーを導入すると、だいぶ整理される。

考えてみれば、ウチのテレビ環境は全部サッカーがらみで発展(笑)してきた。

VHSレコーダーを入れたのはメキシコW杯のため、BSを入れたのは、アメリカW杯を見るため、WOWOWを入れたのは中田のセリエAを見たいがため。セリエAがスカパー独占放送になったので、スカパーを導入。

スカパーを外してケーブルテレビを入れたこともあったが、02年W杯はスカパーでないと全試合放送しないというので、ケーブルテレビを解約、スカパーに戻した。

今のDVDレコーダーを入れたのは、録画したVHSテープが増えすぎたのをDVDに落とすためだった。そのほとんどがサッカー。でも、ノイズが入ってしまって、うまくダビングできないので、フランスW杯のアルゼンチンーイングランドくらいで、他はあきらめてしまった。

今回は、デジタル放送をブルーレイに録画するのだ。

スカパーもスカパーHDにしようかなぁ。
1

2010/4/25

現在の位置鹿島戦  サッカー(マリノス)

今日の鹿島の攻撃は、とても勉強になった。

代表もマリノスも、パスはつながるけど、ペナルティエリアの前で詰まってしまって、攻めあぐねてしまう。

そうか、ああいう風にやればいいのか、と思った。なるほどねぇ、と思う場面が沢山あった。マリノスに何が足りないのか、よくわかった。

「連動性がない」と言っても、「連動性」って具体的にどういうことか、私にはイメージできなかった。海外サッカーはしょせん、違う世界と思ってしまうが、鹿島は目の前でそれを見せてくれた。だから、今日の試合は、残念で悔しかったが、私は収穫があったと思っている。

湘南戦や川崎戦のように俊輔が好調で、すべてがうまくいった試合では、本当のところはわからない。今日はマリノスの「現在位置」がくっきりと見えたように思えた。

だから、「もっともっとできる」と選手が言ったのもわかる。

サッカー面白いよ。

今日は仕事から4時に家に戻り、着替えて、自転車でスタジアムへ。着いた時、「1階席は満席なので2階へ」と係員が言っていた。

バックスタンド2階は最上段立ち見の人もいた。4万3千人の観客数。
クリックすると元のサイズで表示します

だけど、手拍子は広がらなかった。いつもだと、特に後半、選手を後押ししようと、手拍子が広がっていくのだが、今日は私は孤立していた。初めての観客が多いのだと感じた。いつも手拍子をする人達が、散らばってしまったようだ。

もう一つ残念なこと、敗色濃かった時、たとえば代表で宮本が手を叩いて皆を鼓舞するように、あるいは闘莉王が声を出すように、そして、松田が喝をいれるような、そんな様子が選手達に見られなかった。誰か、声を出したり、手振り身振りで、「やろうぜ!」て言ってよ、と思った。

試合後、私は声が涸れていた。「ドンドン(太鼓)来い!」の「来い」を連呼したせいだ。最後の方、本当に、マリノスにもっと意地を見せて欲しかった。

俊輔は、神戸戦で足を踏まれ、清水戦で左足甲を痛めた。それ以来パフォーマンスは落ちたままだ。それでもFKはよくなってきている。あと少しだ。
クリックすると元のサイズで表示します
FK

俊輔の不出来は俊輔自身の問題でもあるが、チームの問題でもある。俊輔のパスを引き出すような動きがもっとほしい。

中澤は、今日は体調不良だった。3点目だけでなく、その前にも、振り切られて転んだ場面があった。もっと休みが必要なのかもしれない。

(転ぶといえば、興梠もよく滑っていたね。助かった)

波戸選手の怪我はどうなんだろう?心配だ。今日のアシスト、結局、あそこで鹿島DFを抜いたところから生まれた。つまりは1対1で勝つことなんだよなあ。

小椋選手には感謝。兵藤もあの気の利いた動きと闘争心を見習って。

マルキーニョス´_`良い外国人選手、得点力があるFWがいるとこうも違うのか、彼を見ていると痛感する。

今日、もう一つ、感じたのが鹿島の層の厚さ。交代で出てくるのが伊野波や青木。若手も順調に伸びているようだし、三連覇しながら、若手育成もしているという理想的な展開。勝利の経験値を積みながら、そのことが若手育成につながるということを示していると思う。若手育成だけが目標なんて本来ありえないのだ。

だから、マリノスも木村監督が言うように、攻撃サッカーを目標にし、練習に真剣に取り組み、敗北を糧として、チームの経験値を積み、それらを財産として次世代に繋げてていって欲しいと思う。

岡田監督が去った後は草一本も残らないと札幌降格時に言われた。マリノスもそのきらいはある。

今マリノスは総力を挙げてチームを立て直ししようとしている。ここで、踏ん張って、岡田監督が標榜しながら成し得なかった「常勝チーム」への基盤つくりをして欲しいと願っている。
2

2010/4/24

好ゲーム(前半)  サッカー(マリノス)

面白い!力のこもった試合だ。小椋様々。ボンバーはお疲れか。千真もゴールで、動きがよくなってきた。後半、始まる。絶対勝とう!(携帯から)
0

2010/4/23

文壇アイドル論  本・文学

斎藤美奈子「文壇アイドル論」(岩波書店)を読んだ。図書館で借りてきた。

2002年発行の本。

村上春樹論は1996年(「文學界」8月号)、俵万智論は1999年(「短歌と日本人」第4巻)だが、この単行本にする際大幅に書き換えたというので、2002年の論考と言っていいだろう。

8年経って「アイドル」たちも歳を取っている。この論考は今の彼らにも当てはまるか?そんなことも考えながら読んだ。

斎藤さんの評論はどれも好きで、これまでもいろいろ読んできた。この評論は、書名通り、「作家論・論」=文壇論であり、それが作家論にもなっている。

ふむふむ、くすくす(笑)というのが、斎藤さんの本を読む時の常態。ホントに面白い。思いがけない視点からの分析なので、なるほどねぇと感心してしまう。

当時「ノルウェーの森」が大ベストセラーであった村上春樹については、「村上文学がゲームソフトそのもの」であり、春樹論は「ゲーム攻略本」だった、と書く。

だから、私は村上春樹は好きになれないのか、と妙に納得してみたり。

RPGとか、私はゲームを知らない(やったことがない)。もし、村上文学がゲームソフトなら、読んだ後、いつも本を投げつけたくなるのはゲーム嫌いが原因かもしれない(笑)。文章はうまいし、道具立てもうまい。部分部分は感嘆して読んでいるのだが、全体を通してみると、つまり終わりまで来ると「バカにすんなよ!」という気分になる。

「1Q84」の売れ方を見ると、ゲームソフト論は当たっているような気もする×o×

文壇アイドルで上げられているのは、前記の村上春樹、俵万智、吉本ばなな、林真理子、上野千鶴子、立花隆、村上龍、田中康夫。

立花隆など、一応評価しつつ実はコテンパン。当然だ。最近の文章はもうろくして読むに値しない。
村上龍は「おっちょこちょい」で「こども」。

(「おっちょこちょい」という言葉を久しぶりに見て、思わずわが身を振り返ってしまった)

林真理子や田中康夫への評価が意外にも高かった。林真理子の「成り上がり」上昇志向を決して笑っていない。彼女の男社会での孤独な戦いに理解を示している。

小倉千加子の論を引きながら「『アグネス論争』が林真理子に与えた傷の深さ」を指摘している。アグネス論争の論敵上野千鶴子は本来なら友軍となるべきであったのではないか、とも。

斎藤さんは林真理子と上野千鶴子をネガとポジの関係と言う。曰く、
「リブの気分の継承者」・「リブの言説の継承者」、
「男社会に受け入れられたいという願望をあらわにし、逆に男社会から強烈なバッシングを受けた」・「男社会を舌鋒鋭く批判したわりに、男社会での居場所をちゃんと確保した」、
「非インテリ=田舎のねえちゃんの代弁者」・「インテリ=すくすく育った良家の子女」

この辺は私はわからない。林真理子といえば、「お茶くみ論争」の時に、「ソノアヤコ」や上坂冬子と組んで「いいじゃない、お茶ぐらい汲んであげれば」と、問題の矮小化を図った敵と思っている。彼女は「オヤジ」たちの好む論を代弁して、便利に使われつつ地位を築いたとも思う。文才はあるのだろうが、好きじゃない。

(この辺は、林真理子は地位上昇とともに「ソノアヤコ」化していったと斎藤さんも書いている)

続きを読む
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ