2010/4/7

岡田じゃだめだ  サッカー(マリノス)

監督呼び捨てにしてごめん。

でも、もうだめだ。

東アジアの後、失望しつつも「岡田監督しかいない」と覚悟を決めたのだ。

それも、今日まで。マリノスでの恩も帳消し。

今日勇蔵(と興梠)を前半だけで代えて、「玉田」(とナオ)を出したのを見て、何これ?と思った。勇蔵を代えるのも腹が立つけど、槙野を入れたならまだわかる。

結局玉田も交代で、槙野を入れてる。やってること意味不明。まるで昨年の某監督じゃん、と思った。

日本は弱いというより、ひどい。

世界を驚かすより、日本のサッカーファンを驚かしちゃったよ。

GKを代えられたり、ボールが二つ入っていたりの珍事も、何でもありだよ。滅茶苦茶。

中澤の厳しい顔が辛い。ドイツの悔しさがあって、代表に戻ってきて・・・。俊輔も日本復帰を決めて・・・。それだけの強い思いが、きっと南アフリカでは報われないだろうなぁと淋しく思った。

試合後の勇蔵も泣き顔に見えて、思わず、「勇蔵下向くな、勇蔵の力はマリサポはみんな知ってるよ!」と叫びたくなった。

あんな交代はひどい。まるで勇蔵一人の責任みたいじゃないか。失点のシーンに勇蔵の顔が大写しになるし。岡田監督嫌い。

代表の試合を見ていて、マリノスの試合の方がずっと好きと思った。週末で切り替える。

少し気持ちが持ち直したのは↓↓↓

俊輔に6点をつけているブログ⇒「まおうの勘違い評論」

「それでも収穫はあって、中村俊が日本に復帰してきていて、移動などの苦労が無くなったおかげか、非常に良いプレーを見せている。中村俊に高い位置でボールが入った時には、そこから攻撃に繋がるプレーが出ている。

欧州から離れた事による賛否はあるかもしれないが、少なくとも試合に出ている事で感覚は戻っており、中村俊の良さは出ていた。

ただ、その分、遠藤の出来の悪さが目に付くのも気になるところだ。」

同感です。
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ