2010/4/22

久しぶりにマリノスの話題  サッカー(マリノス)

(タイトルを間違えたので、訂正しました)

昨日は半袖でルンルンの暑い天気。今日はまた冬の天気。どうなっているんだろう?桜も長持ちしたが、チューリップも長持ちしている。まだ花びらが散らない。

こんな状況では、一般人ばかりでなく、スポーツ選手も体調管理が大変だろう。

中澤が体調不良で練習を休み、血液検査も受けたという。幸い、異常はなかったらしいが、「慢性疲労」ではないかと気にかかる。

俊輔の足首のケガも気になる。日本代表の選手達、満身創痍だ。

俊輔は今日、城郷小学校(港北区)を訪問したらしい。いいなぁ。城郷小学校の子供たち。

ネットのニュースでみて、リンク先をクリックしたらフジテレビの夕方のニュース映像だった。俊輔の学校訪問にテレビ局の取材が行ったわけだ。さすがスター。

俊輔はMTでもファンサービスに30分以上かけるというし、小学校訪問もして子供たちと触れあったり、えらいなぁ。もともと子どもには優しかったもんね。

01年のファン感謝デーで「俊輔握手券」が当たり、高校生だった娘が握手をした。「頑張ってください」と言ったのに、「フンフン」という感じで愛想がなかった。でも小学生以下の子供たちに対しては、とても優しかった。

「エルゴラ」(4/21)の俊輔インタビュー記事を読んだ。

俊輔の話はいつものように面白いのだが、「『上から(目線)になっちゃうな』と言葉を飲み込む場面が何度かあった」という。かわいそ〜。いろんなことを言う人達がいるからねぇ。

俊輔なら「上から目線で」言う資格があるのに。それだけの実績を残してきたのに。

俊輔は「サッカーは結局は1対1の強さ」が結論という。木村監督もそう言っていた。

東アジアの日韓戦でも、日本の選手はプレッシャーをかけられると逃げのプレーになってしまっていた。後ろに戻したり、パスミスしたりだ。これじゃ勝てない。

鹿島については「戦術がはっきりしているし、選手達のプレーに迷いやブレがない。そうなるとやっぱり戦う集団になってくる」

そう!岡田監督に言いたいのもここ。今、選手に「迷い」がありありだよ。そこをどうするかを考えるのが監督なのに、違う方向へ行っている。

ま、監督のことはもういいや。先日、本を読んでいて、久しぶりに「おっちょこちょい」という言葉を目にした。(村上龍への批評なんだけどね)

「あ、私もミーハーばかりでなく、おっちょこちょいだ」と思ったね。岡田監督のくだらない話に本気で怒ったりして。

明後日は、鹿島戦だ。4万人を超えそうだという。天気も大丈夫そう。

私は仕事があって、スタジアムに着くのはギリギリになる。

そういえば、先日の山形戦について、感想を書かなかった。

とにかく、セットプレーで得点し完封したのだから、言うことなし。贅沢は言わない。勝ち点3が何よりだよ。しかも、坂田のヘディングシュートだから、堪えられない展開だ。坂田はエースの座を取り戻して、二桁得点をして欲しいと思う。

雪の中、皆様お疲れ様、そしてありがとう。

あの時の中澤や俊輔の笑顔。日本代表でも見られますように。私は心で思うだけだが、娘は毎朝、手を合わせて祈っているのだという。
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ