2010/4/29

CL準決勝・鹿島戦後  サッカー(その他)

今朝は早起きして、欧州CL準決勝バルセロナ対インテルを見た。といっても4時頃だから、前半30分過ぎていた。

既にインテルは一人少なくなっていた。バルセロナは攻めても攻めても得点を奪えない。

まるで、日本代表やマリノスの試合のように(と言ったらバルサに悪いね)、バルサはボールを回すのに、シュートまで行かない。そりゃ、もちろん鋭いパスがあって守備網を切り裂いたか、と思う場面もないではなかったけれど、とにかくインテルは堅かった。

バルサが、攻めあぐねて、ことごとく、網に絡め取られていた。あの正確なパスが通らない。ボール保持率75%で、オフサイドっぽい1点しか取れなかった。

試合終了時のモウリーニョ!冷静な指揮官がわ〜と走り出した。

(モウリーニョはホントに名指揮官。名監督と凡庸な監督は何がどう違うのか、誰か解説してください)

決勝はどんな試合になるだろうか。一応見る予定だけれど、絶対見るぞ、というほどの意欲が湧かない。やっぱりバルセロナ、メッシを見たかった。

ところで、鹿島戦の後、他の人の観戦記などを読んで、感想を追加しようと思っていたのだが、自分を「おっちょこちょい」と反省して以来、筆が重くなってしまった。

それに、今回は観戦記自体があまり上がって来なかった。判断が難しい試合だったのかもしれない。

中には、あの試合で「心が折れてしまった」人もいたようだし、「試合前に席を後にした」人もいたようだ。

鹿島戦の翌日の東京新聞では大住良之さんが「横浜Mいま一歩」という記事を書いている。

「横浜の攻撃自体が相手の守備組織にからめ捕られ、決定的な形をつくりきれなかったという印象だった」「問題は前線に入った選手が止まってしまったこと。『前に行く』のと『前にいる』のは違う。」

私もそう思った。

maliciaは「中盤の穴」を動けない俊輔、無秩序に動く兵藤の責にしていた。

清水戦でもmaliciaは「無秩序に動く清水(ジロー)」と清水を批判していた。同じ清水に対して、別の人は「よく動いてボールを引き出していた」と評価していた。人によって見方が違うのはよくあるけれど、違い過ぎ。

チームはこの敗戦をどう総括しているのだろうか。観戦記の評価がばらばらでも別にいいのだが、チームはちゃんと問題点を把握して対策を立てなくてはいけないね。

でも、今日、練習を見に行った人の記事では、その「対策」に疑問符がつくという。うまく行ってないらしい。次の試合は近いのに心配だ。

嘉悦社長が言うように、しばらくは我慢の時なのだろう。

鹿島戦の観戦記で気になったのは、「俊輔枠」とか「W杯の練習台じゃない」とかの言い方。
続きを読む
7



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ