2010/7/11

いろんな事がある電車内  生活

毎日電車を利用していると、いろんなことが目や耳に入る。

*山手線で国際色豊かな若者のグループは乗ってきた。私の隣に座った女の子達は中国語で話している。その前には白人の若者。彼らは何語でしゃべるのかなぁ?と思っていたら、その白人青年、

「オレ、どエムだからさぁ」。(えっ!ぴっくり)

彼らの共通言語は日本語のようだった。ぺらぺら。

*40代と思われるお母さん二人。

「息子、部活いつも遅刻だったの。顧問の先生に注意されたので、『すみません、フォローが足りなくて』と言ったのだけど「フォローじゃなくて、私、メインなの』」
「え?どういうこと?」
「お弁当が間に合わなくて、私のせいでいつも遅刻。でも、息子は本当のことを言わず、教師より私を選んだのね。でもね最近は間に合うようになったから、いいかな。」

*最近、身なりの貧しい老人が増えたような気もする。

先日はホームレスらしい老女が乗ってきて、席ひとつ空けて私の隣に座った。「ごめんなさい」。私は臭気に耐えかねて、急行に乗り換える振りをして電車を降りた。

9時過ぎの電車、向かいの席で粗末な服の若者が横になって座席4つ分程を占領していた。人が乗り込んできたので、彼は身体を立てて席を空けようとした。が、すぐにグラリとまた横に倒れてしまった。同時にかばんが落ちた。私は「もしもし、大丈夫ですか?」と声をかけたが返事がない。かばんを拾って席に乗せておいたが、心配だった。若者が朝から電車で倒れこんで寝ているなんて。

格差が広がっているのかなぁ。

昔からデパ地下で試食を食べて腹の足しにする人はいた。だけど、小さなスーパーのパン屋さんで40〜50代の女性が試食パンをわし掴みにしてパクパク食べる、なんてことはなかった気がする。何も買わずにそのまま出て行った。

*ちょっと前だけど、中学生二人。「最近テレビドラマつまらないよね」「ホント見るものがない」「『不毛地帯』が終わっちゃったから、がっかり」「『流星の絆』も最終回まではよかったけどね。あの安易な終わり方はないよねぇ」

おそるべし中学生。中学生に馬鹿にされるようなテレビドラマしかつくれないテレビ局はかなり危機的状況じゃないだろうか。twitterドラマも散々だったようだしね。

テレビ局が製作した映画、「踊る大捜査線3」もひどい出来らしい。テレビドラマが始まった頃は意欲作で、脚本も演出も斬新だったのに、どんどん劣化しているようだ。

*iphoneもよく見かけるようになった。ipadはまだ1回しか目にしていない。女性で、つり革につかまりながらipadを見ていた。かつ携帯電話が2台。「バリバリ働いている女性」って感じだった。

*ある日、乗った電車4本、全部で「化粧女子」が目の前にいた。もうこの現象は長年続き、当たり前の風景になっているけど、でもやっぱりみっともない。人に見られて恥ずかしくないのかなぁ。

世間の目とか、今は関係ないみたいね。

意地悪おばあさんの目で見ると、そんなに一生懸命やったって、大して変わらないぜ。化粧品会社の宣伝にだまされているだけじゃないの。

*流行もわかる。

長靴を履く人も増えた。おしゃれな長靴も増えている。グラディエーター風の編み上げサンダルも多いね。

レギンスとかトレンカは夏になっても多い。でも人を選ぶ。おしゃれな人も多いけど。

茶色の縦じまのレギンスを履いていた太目の人。思わず「うりぼう(猪の子)」と思ってしまったm(__)m

3

2010/7/9

夏の花から木の実の話  季節

近所で「百日紅」が咲いていた。百日紅は夏の花、残暑の花の印象もある。もう咲いている。

「ノウセンカヅラ」や「キツネノカミソリ」も咲いていた。気づいたら咲いていた、という感じだ。

まだ、アジサイやクチナシも咲いている。

そういえば、毎年ツバメが巣作りをしていた近所の軒下に今年はツバメが来ない。昨年の巣は残っている。ツバメも見かけるが、巣の中に子ツバメはいない。

ヤマモモの実もぼたぼたと落ちている。ヤマモモの実というのは、大人になってから、というか、この地に引っ越してきてから知った。

子どもの頃、食べた木の実というと、ユスラウメ。
クリックすると元のサイズで表示します

友達の家にあったので、木から直接摘んで貪るように食べた。

家には石榴と無花果があった。自由に取って食べた。だから、今でも果物店に「商品」として置いてあると違和感がある。買って食べるもんじゃないと、どこかで思っている。

家には枇杷や柿(渋柿)もあった。梅は物心ついた頃は枯れてなかった。

友達から「杏」の実をたっぷりもらったことがある。その頃は冷蔵庫がまだなくて、ジャーに氷を入れて保存した。

秩父で一番身近な実といえば「ドドメ」。桑の実のこと。関東北部では「桑の実」のことをこう呼ぶ。

私は子どもの頃、この「ドドメ」を食べたことがない。このblogで度々言うように「田舎の町っ子」^o^;だったので、桑畑がそばになかった。

「ドドメ」っていかにも土俗的な名前。

秩父のドドメ(笑)。

岸田衿子さんなんかが絵本で描く「ベリー」とは大違い。

軽井沢の森へ行ってブラックベリーやラズベリーを摘む。そして、木苺のケーキを焼くのだ。おしゃれだなぁ。

ブラックベリー、ラズベリー、ブルーベリー、スグリ類、クランベリー、自由が丘のケーキ屋さんが思い浮かぶ。

中学生の頃、同級生男子が桑畑へ入って、ドドメを食べて口の周りをベタベタ赤くしていたっけ。桑畑主のおじさんに見つかって、叱られた挙句学校にも通報されちゃった。みんなの前で先生に叱られた。でも、先生も笑ってたけど。

のんきな時代だった。今時の子どもは秩父といえども桑畑でドドメを食べるなんてことはないだろうなぁ。ていうか桑畑そのものがなくなった。
1

2010/7/8

スペイン決勝進出♪  サッカー(その他)

1時頃寝たのに、2時半に目が覚め、目覚ましで3時半に起こされてテレビをつけた。

前半はうつらうつらしながら見ていた。スペインが押している、位の印象だった。

後半はかなり眠くなってしまった。一方後半になって目がぱっちりの娘は、「あっ」とか「お〜」、「ビジャ〜」とか叫ぶので、寝ていても「ここぞ」というシーンは見逃さないですんだ。

プジョルのヘディングは高かった。ピケもフリーだった。あの時だけ、ドイツは集中を切らしちゃったようだ。

華麗なパス回しを見ていると、メッシをここに入れてやりたいなんて思ってしまう。

試合終了。

ドイツの若さが出たのか、スペインを必要以上に警戒してしまったか。アルゼンチン戦のキックオフ直後の積極攻撃のような姿はなかった。

レーヴ監督はセーターを洗わなかったのに、勝てなかった。

誰かが、「レーヴ監督のセーターは香水の匂いがしそう。カマーチョの腋汗染みは臭そうだったけど。」と書いていた。02年スペイン監督のカマーチョ、ワイシャツの腋下、あの汗染みは強烈な印象を残したわけね。

さて、決勝はオランダ−スペインになった。当然スペインを応援。ワクワク。
1

2010/7/7

美容院でW杯話  サッカー(代表)

もう30年近く通い続けている美容院。子どもが同級生だったりする。

美容師さん、開口一番「サッカー終わって残念ですね」

私「え!まだ終わってないですよ〜。今日も3時半起きですから(実際はフォルランのゴールの頃)。ここから、ここから」

「あぁ、ま、そうですけど、日本は負けちゃったから」

ふだんは全くサッカーを見ない美容師さん。サッカーの話題は初めてだ。

「サッカー、よくわかんないですけど、私も見ましたよ。ドキドキ興奮しますね」

カメルーン戦。

「だめなんですよ、ドキドキしちゃって、ずっと見てられなくて、チャンネルをすぐ替えちゃう。そして、そっとサッカーに戻して、少し見て、またチャンネル替えて、の繰り返し。よかったですね、勝って」

パラグアイ戦。
「後半戦あたりから、この試合両チームとも点が入らないな、と思いましたよ。PK戦になったら、ドキドキして見ていられないだろうし、それに、日本は負けるだろう、と思っちゃったので、延長の途中で寝ました」

「そしたら、やっぱり負けてましたね。サッカーのこと分からないけど、日本の選手はPKダメだろうって、思ったんですよ。だって、日本のサッカー選手、タレントとPK合戦なんてやると、必ず負けるじゃないですか。根拠はそれだけなんですけどね(笑)。」

「でも、クマノでしたっけ?あ、コマノ選手、PKは上手な選手なんですってね。やっぱり、ボールとか、高地とかそういうことが影響したんでしょうね、テレビでそう言ってました」

「選手の名前なんてほとんど知らなかったけど、だいぶ覚えましたよ」

「まぁ、その後の試合、ハイライトなどを見ると、みんな強いですね。日本にまだベスト8は早いよ、ということなんでしょうね」

と、日本代表の4試合で、サッカーに詳しくなったようだった。そこで、
「日本を強くするのはJリーグですよ!折角近くに住んでいるんだから、行きましょうよ!・・・あ、業務時間?そうか、残念」

火曜日以外は、休みなしだ。

今日はサッカーの話題を振ってくれてありがとう、楽しかった。
2

2010/7/7

7月6日 のつぶやき  本・文学

komimin_daizu http://twitter.com/komimin_daizu
7月6日 つぶやきまとめ


11:35
これ超共感。スナフキン素敵☆ RT @moomin_valley: 誰かを崇拝しすぎると、ほんとうの自由は、得られないんだよ - スナフキン
2010/07/06 Tue 11:35 From www.movatwi.jp

0

2010/7/4

久しぶりに桜木町  旅・散歩

最近はもっぱら「みなとみらい」駅を使うので、「桜木町」駅は久しぶりだった。

コレットマーレ」という建物ができたり、すっかり変わっていた。この薄緑色のガラスを使った建物は流行ですね。キュービックプラザ新横浜もそうだし、日吉綱島街道沿い、慶応大学の新建物もそう、有楽町のイトシアもそうかな。マリノスタウンそばの富士ゼロックスもそうだ。

桜木町の駅前広場を見ると、2002年W杯ボランティア活動を思い出す。

あの広場で「メディアセンター行きバス乗り場」の看板を持って立っていた。また、そのシャトルバスに乗って、無線で「ただいまから桜木町駅前を出発します」と連絡した。無線機がうまく使えなかったりした。

ある時は、バスに乗ったサッカー協会関係者の方かな?「お疲れ様」と言って、JFAのピンバッチをくれた。

8年前には、まだみなとみらい線は開通していなかったから、ボランティア活動のある日は桜木町からランドマークタワー、クィーンズの中を通って、パシフィコの「メディアセンター」へ通った。楽しい日々だった。

8年前には駅前にadidas松田選手の巨大ポスターもあったなぁ。

今、ラウンドマークプラザでは、ワールドカップサッカー報道写真展(7月19日まで)を開催している。

写真展といっても小規模な、パネル数枚の展示。それでも足を止める人も多く「これがだれ某」と選手を指差す人もいた。若い女性達だったから、ちょっと意外でもあり、嬉しかった。

8年も経つといろんなことが変わる。

桜木町に行ったのは「横浜ブルグ13」で映画「ハングオーバー」を見るため。

「ハングオーバー」は全米コメディ映画歴代No1ヒット作、ゴールデングローブ賞ミュージカル・コメディ部門作品賞受賞作だ。
ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い - goo 映画
ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い - goo 映画


結婚式前の花婿&友人達のバチュラーパーティinラスベガス。翌朝、花婿は行方不明、部屋には「虎」や「赤ん坊」がいる。一体何が起こったのか?

下品で下ネタたっぷりのおばか映画だが、脚本が良くできていて、笑いつつ、最後は男の友情にスッキリした気分で終わる。

こういう気の利いたコメディ映画はハリウッドの潜在力を思い知らせる。

日本ではアメリカのコメディ映画(大スターが出演するものは別として)はヒットしないらしい。この映画も公開予定がなかったが、映画ファン達が要望してようやく公開にこぎつけたそうだ。

単館上映かと思ったら、「ブルグ横浜13」でも上映しているというので、思い立って見に来たというわけだ。「コレットマーレ」もちょっと見てみたかったしね。でも、結局映画館以外は行けなかった。

映画館は黒が基調の落ち着いた雰囲気だ。「TOHOシネマズららぽーと」とは大違い。あそこは家族連れが多いせいか、じゅうたんが染みだらけでポップコーンのかけらなんかがいっぱい。「ブルグ横浜13」は新しいからきれい。何よりカップルばっかり。

映画も3ヶ月ぶりだった。映画や美術館、コンサートにももっと行きたいと思うが、ぽっと時間ができても、なんとなく面倒くさくなったりしている。余裕がないと文化的なことに気持ちがいかない
2

2010/7/4

7月3日 のつぶやき  サッカー(その他)

komimin_daizu http://twitter.com/komimin_daizu
7月3日 つぶやきまとめ 

こちらも参照
7月4日準々決勝」(とよみみ日記)


23:59
シャーリーズ・セロンは南アフリカ出身。フェデラーも母親が南アフリカ出身だから、見に来たりしないかなー?忙しいから無理か…。
2010/07/03 Sat 23:59 From web

23:48
シャーリーズ・セロンかな?美しい〓。ディカプリオもいたし、セレブがたくさん来てる。パリス・ヒルトンは警察につかまったみたいだけど。。
2010/07/03 Sat 23:48 From web

10:57
ウルグアイ対ガーナ。結果を見ず録画をわくわくしながら見る。が、延長後半で録画終了(>_<)今スカパー再放送を見ている(もう結果は知っている)。
2010/07/03 Sat 10:57 From web

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ