2010/7/22

嘉田知事再選  政治

もう10日も前になるが、嘉田由紀子滋賀県知事が再選された。滋賀県政史上最大得票だったそうだ。

おめでとう!由紀ちゃん。

4年前、滋賀知事選選挙に出ると聞いた時、「泡沫候補」扱いではないか、と心配した。でもそれは杞憂で、地すべり的勝利を収めた。

今回はいわばその4年間の県政が問われたことになる。それが大勝利だったわけだ。新聞でも「嘉田人気」と書いていた。

由紀ちゃんは、私が生きてきた中で、「すごい人だなぁ」と心からら思わされた一人だ。もちろん私が「実際に知り合った人達の中で」、の話だ。

成績は首席、生徒会会長で、部活(テニス)を3年間続け、読書家で、ユーモアもあり、かつ映画や流行歌にも詳しかった。

人懐こくて、修学旅行時、乗り合わせた電車で地元の人とすぐに話し込んでしまう人だった。こういう美点が、琵琶湖博物館の研究員時代に生きたのだと思う。地域の人たちの中に自然に入っていける。

そんな人と机を並べて、十代の一時期を過ごせたことを嬉しく思う。

彼女のリベラルな精神の一部は、やっぱり自由な、おおらかな、かつ知的好奇心に満ちていた、あの女子高の雰囲気の中で育まれていったと思う。

とはいえ、政治の世界は別。今後4年間も、重責を担って、滋賀県のために奮闘して欲しいと思う。

いつも参考にしている「村野瀬玲奈の秘書課広報室」に嘉田知事再選についての記事があったので、リンクしておく。

⇒「2010年参院選、滋賀選挙区に民主党は学んだらどうでしょう

その中の村野瀬さんの言葉。

「最初に当選した時の公約を守り、大型公共事業を見直しました。

『子どもが育つ環境と、お年寄りの看(み)取りの仕組みをつくりたい】という、教育、福祉面での意欲を示しました。選挙戦では、環境産業の振興や医療福祉の充実による成長戦略を訴えたということです。

菅直人首相が福祉政策の構想も示さずにいきなり『消費税値上げ』を言いだしてそれを『福祉目的税』と強弁したことがいかに本末転倒かわかる、と言ったら民主党への皮肉がすぎるでしょうか。

堂々と『県民党』を掲げられるほどに、広く県民の切実な声に耳を傾け、着実に実施する。

また、叩くためだけの『敵』を求めるポピュリズム(大衆迎合主義)に走らない。これこそが、言葉の真の意味での『住民至上主義』であり、政権にある者がひきうけるべき責務ではないでしょうか。」

本来はこういう常識ある人がリーダーでなくてはならないと思う。お粗末なリーダーが多すぎる。

こちら⇒嘉田さんに関する私のblog記事一覧
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ