2010/12/31

1年の回顧  サッカー(その他)

すごく嬉しいとか、すごく腹が立つ、というとblogをグングン書いてしまうのだが、「ションボリ」「落胆」だと、書く気が起きない。

川崎移籍のお知らせは、がっくりくる。一方、強力補強は音なし。契約更新もあまり進んでいない。ションボリだよね。

ユースの優勝が唯一の光明だった。

さて、今年のサッカーベストゲーム。ホームゲームのみ。

やっぱりホーム川崎戦だろうなぁ。あんな痛快な勝利はなかった。
俊輔のゴールが私の2011年ベストゴール。

でも嬉しさで言えば、湘南戦の、俊輔復帰最初のセットプレー、CKで勇蔵が決めた時が一番かなぁ。天野の磐田戦、ガンバ戦のゴールも嬉しかった。

ワーストは難しい。完敗の鹿島戦も、逆にマリノスに足りないものが分かって勉強になった。「格下」に負けたのも、これはマリノスの宿弊みたいなものだから、特に「ワースト!」と強調する必要もない。

FC東京に今年2敗目を喫した試合も情けなかったし、浦和に4点も取られたのも情けない。

天皇杯で霧雨に濡れながら敗戦を見つめた清水戦も腹立たしかった。

う〜ん、そうだなぁ。俊輔がケガをして、結局W杯まで響いた清水戦かな。あ、それじゃ試合内容じゃないね、しかも試合直後は「希望」を語っていた。

そうだ、一番がっかりだったのは、日本代表の東アジア選手権「韓国戦」だ。「定食」メンバー、ワンパターン、チマチマ、何の工夫もないサッカー。「こりゃだめだ」の声が方々から上がった。その上寒かったよ〜

これがワースト。

「岡田監督を未だに評価しない人はサッカーが好きじゃないのだろう」と武藤講釈師が言ったとか。自分と意見の違う人を決め付ける言い方は好きじゃないけど、でも一方で、「そうかも」と思ったりする。

つまり、私は俊輔のプレーが好きなのであって、俊輔のいない代表サッカーは見ても楽しくない。

でも、サッカーは嫌いじゃない(キッパリ)。いろんな見方があっていいんだと思う。

(犬飼さんが退任。犬飼さんになって国歌を小学生に歌わせるのがイヤだった。目が据わっている小学生の表情は気の毒だった。巨大日の丸を出したりするのもイヤだった。やっぱりスタジアムはジャパンブルーで染めたい。同じブルーでも「サムライブルー」はやめてくれないかな。「EXSILE」・「龍馬像」の支離滅裂ぶりも変だった)

さて、それ以外のスポーツ。今年はバンクーバー五輪があった。私にとってはプルシェンコ劇場だった。プル様様。

私の、今年の白眉はナダル!!今年スポーツのハイライト

生ナダル、生ガッツポーズを見たよ!あの激しい試合を見ることができてラッキーだった。
来年も楽天オープンに来てくれるそうなので、絶対に行く!

音楽はコンサートに4回。忘れられない、と言うほど感激したものはなかった。コンサートにはもっと行きたい

展覧会はほとんど行けなかった。感想はない。来年は興味を引く展覧会があるだろうか。

テレビ番組は、今ではブームになってしまったが、「サンデル教授の白熱教室」を深夜偶然見た時の驚きは忘れられない。面白かった。知的興奮をかきたてられた。

坂本龍一氏の「スコラ」も面白かった。特にバッハの回。

「名曲探偵アマデウス」も相変わらず楽しみにしている。高橋ひとみさんの「ディープ内藤」の回はいつも大笑い。

今年は年末BSで「BSベストオブベスト」を放送した。「山口淑子」さんの「こころの旅」は命の恩人「リョーバちゃん」と再会する場面が忘れられない。戦後、夫がスターリンの粛清にあい、シベリア送りになった。無罪を訴えて7年、スターリン死後シベリアから戻っても名誉回復まで更に長い年月を要した。一人息子には先立たれている。山口さんは「私よりもはるかに過酷な運命」と語りかけた。リョーバさんが、山口さんに教わったという自分の名前を漢字で「龍馬」と書く場面は感動的だった。

「こころの旅」は、米原万理さんの回を見たかったが実家に帰っていて見られなかった。立松和平さんの「こころの旅」は「金子光晴」を追う旅でもあった。金子光晴の言葉の鋭さよ。

「こころの旅」は良い番組だった。ジャズピアニスト秋吉敏子さんや姜尚中さんの旅は今でも思い返す。

そして、ドキュメンタリー「鼓の家

最後の「安宅」の稽古をつける場面。この「安宅」の弁慶の「延年の舞」は「命のやりとり」というくらい気迫がこもる。

学生時代は水道橋の能楽堂が住まいに近かったこともあり、よく「能」・「狂言」を見に行った。だから、その後は「もう十分に堪能したからいいや、所詮私には『幽玄』はわからない」と全然見に行く気が起きなかった。

この気迫の場面を見て、ふと、近藤乾三(能宝生流)、先代野村万蔵(狂言和泉流)、藤田大五郎(笛)、安福春雄(鼓)の「翁」を見に行ったことを思い出した。あのピンと張り詰めた空気、狭いのに広がりを感じた能楽堂の空間。

来年は、能を見に行こうかなぁ。幸い、姉が「謡」を続けている。今度聞いてみよう。

ドラマはほとんど海外ドラマ。「アグリーベティ」(笑える)、「グッドワイフ」(アメリカの裁判が興味深い)、「コールドケース」(差別への闘い・リベラルな視点)。あと、ドラマじゃないけど「プロジェクトランウェイ」デザイナーの勝ち抜き戦。

今年読んだ本。

新しい本はあまり読まなかった。昔の本を読み返している。今年、「宇宙論」関係の新書を2冊読んだ。結局よくわからなかった。宇宙論は素粒子論でもある。

全ての星を集めても宇宙全エネルギーの0.5%、宇宙の全原子・ニュートリノを集めても全エネルギーの4.4%、「原子以外のものが宇宙の96%」を占めている。これが分かったのが2003年のことだそうだ。暗黒物質が23%、暗黒エネルギーが73%。全くなんのこっちゃ。

反物質という言葉も最近はよく聞かれる。ジョリオ・キューリー夫妻(キュリー夫人の娘夫妻)が「反陽子」を作ったのが1933年のことだそうだ。その時代からもう分かっていたのかというのが、また、びっくり。

結局分かったのは、私の知識はギリシャ時代とあんまり変わらないということ。原子、分子程度。せいぜい陽子、中性子、電子レベル。もう2回くらい読み直さないといけない。

サッカー関係は、松田直樹、中澤祐二、後藤健生さんの本などを読んだ。この分野の本はいつ読んでも楽しい。

今年読書が減ったのは、twitterの影響。電車内で片手で操作できるから、ついつい携帯を取り出す。W杯の時のtwitterは楽しかった。W杯やサッカー観戦に最適なツールだと思う。

さて、来年のことがいくつか出てきた。
やること。

もちろんサッカー観戦。クラッシックコンサート、展覧会(印象派以外がいい)、能楽。そして、できればスマートフォンか電子書籍端末を持ちたい。旅は無理っぽい。

長文になった。今年も拙ブログを読んでくださった方々ありがとうございました。来年はもう少しまめに書きたいと思っています。

皆様良いお年をお迎えください。
2

2010/12/26

クリスマスだった  サッカー(マリノス)

1週間もblogを書かなかった。

「リア充」で、書く暇がありませんでした(という使い方でいいのか?)
クリックすると元のサイズで表示します
丸の内のイルミネーション。

久しぶりの記事なのに、今日マリノスから来たメールは「山瀬選手川崎移籍のお知らせ」だったのは悲しすぎる。

よりによって何故川崎なのだろうか。

横浜FCとの三ツ沢ダービーで、勝利の瞬間、奥がガッツポーズしたような、そんな姿は見たくないなぁ。

田中裕介も移籍決定の報道があったし、なんだか神奈川ダービーは「遺恨試合」になりそうだなぁ。

こういうことがあると、サッカーを応援するのは、悲しいことが多い、と思う。サッカーを見るのが嫌になったりする。

でも、今日は私がこっそり応募していた<クリスマスキャンペーン>に当選して、娘宛てになんと!

「松本怜選手」からクリスマスカードが届いた。

メソクソ!!」って書いてある。

あ、「メリクリか」(笑)クリスマス

松本選手にはMTでもサインをもらった。応援しちゃうよ。来年、あの俊足からゴールを奪ってね!

2

2010/12/19

今年見た映画  映画

今年はもう映画を見ないだろうから(見るとしても1本くらい)、今年の映画を振り返っておこう。

今年も少なくて10本だった。例年通り、1年の前半に集中して後半はほとんどない。今年は夏が暑すぎてバイトが休みの日も、土日も出かける気が起きなかったから、必然的に少なくなった。

それと、0歳と90歳のお相手もあったからねぇ。自分の時間があまり取れなかった。

さて、10本ではベストも何もあったものではないが、一番作りこまれていた、と言う点で「トイストーリー3」をベスト1にする。ストーリー展開も、キャラクター設定も、画面も、CGも、大したもんです。ハラハラさせて、笑わせて、最後はホロリの基本を外さなかった。

アカデミー賞の各部門にノミネートされた作品はどれも良くできていて、「インビクタス」「幸せの隠れ場所」「マイレージ、マイライフ」、「ジュリー&ジュリア」などは見に行って良かったと思う。

コメディの「ハングオーバー」も笑った。ヒットするのも成程と思った。

ドキュメンタリーの「キャピタリズム」も勉強になった。アメリカではパイロットよりもファーストフード店員の方が時給がいいとか、民間委託の刑務所が判事に賄賂を贈って、微罪でも刑務所送り・刑期を長くしてもらったとか、びっくりするような事実を知った。

(民間委託の刑務所の贈賄は、NHKBS海外ドラマ「グッドワイフ」でも題材になっていた)

日本映画は1本。今年は日本映画は収穫の年だったらしいが、結局「のだめ」一本だけ。これは漫画、テレビドラマ好きで見に行っただけ。音楽と欧州都市の景観が楽しめたからそれだけでいい。

で、ワーストは「瞳の奥の秘密」。作品的には良いのだろうが、登場人物がみな嫌い。後味悪くて、見に行かなければよかったと今でも思う。

家族の今年映画のベスト。

夫は韓国映画の「息もできない」と「冬の小鳥」

娘は「インセプション」

夫のワーストは「桜田門外の変」
娘のワーストは「アリス・イン・ワンダーランド」
だそうです。

多い年は30本以上見たのに、今年は家族全体でも20本行かなかった。見たい映画が少なかったのかもしれない。

来年は、もっと映画を見に行きたいなぁ。レディスデイでなくても1,000円で見られるようになるし。

あ、ガーデンシネマが閉館になるそうだ。

なんとも残念。ガーデンシネマがなくなると、もう恵比寿に行く用事がなくなってしまう。

ガーデンシネマ回顧。

一番最近で「ぜんぶフィデルのせい」。2008年のことだ。2年も行ってなかったのかあ。

見た映画は、「飛ぶ教室」、「グッバイレーニン」、「モーターサイクルダイアリーズ」。家族が「皇帝ペンギン」や「キクリと魔女」を見ているが意外に少ない。

「グッバイ・レーニン」も「モーターサイクルダイアリーズ」も、忘れられない映画だ。レーニン像がクレーンで運ばれてくるシーンは名シーンだと思う。音楽も印象的だったし(アメリの音楽を担当した人だと思う)。

モーターサイクルダイアリーズ」は若きゲバラの南米縦断記。青春、情熱、正義、ってこういうことだと思う。

う〜ん。ガーデンシネマ閉館は寂しいよぉ。
1

2010/12/19

シーズンオフ  サッカー(その他)

近頃は「アラ還」・「女子会」でなかなか忙しい。8年ぶりの再会食事会では、ランチ&お茶で5時間もしゃべってしまった×o×

サッカー関係ではヒマ。長いシーズンオフだ。

MTでの練習や、練習試合や、ユースは見に行かないし、欧州サッカーもみないし、選手の契約更新や新加入選手のお知らせメールだけがサッカーとのつながりとなってる。

「トリコロール冬号」も届いたが、表紙を見るだけで、ため息が出てしまう。読み応えありそうだが、まだ読んでいない。

でも、今日は久しぶりにCWCの決勝を見ようかと、起きている。

今年は盛り上がらなかったなぁ。マリサポはラドンチッチに注目だったが、あまりパッとしなかったみたい。

来年は日本で開催だそうなので、バルサか、レアルか、ミランか、マンUか、とにかく派手なチームに来てもらいたい。日本のチームは、まぁ、頑張って(他人事)。

今年のサッカーを振り返ると悲しいことが多かった。嬉しかったのは俊輔復帰関連だけ。湘南戦、川崎戦は楽しかったなぁ♪。

時々は喜びもあったが(天野の決勝点とか、小野クンの活躍とか)、マリノスといい、W杯といい、悲しいことが多かった。

W杯のベスト16は中澤選手のためには嬉しいけど、他はいろいろ辛かったもんねぇ。

来年早々の代表戦(アジアカップ)も中澤・栗原選手のケガであんまり関係なさそうだ。

今は、マリノスにどんな補強があるのか、来年のチームがどうなるのか、しかサッカーの関心が向かない。

とにかく長いシーズンオフだ。

(昨夜の「コールドケース」、引き込まれて見た。「来週に続く」になって、「えぇ!目」。力入れて見てたので、決着がつかず気持ち宙ぶらりん。でも、つまり製作者も前後編にした力作ってことだね)
1

2010/12/15

貧者の一灯  サッカー(マリノス)

サポーターカンファレンスの議事録が公開された。ざっと走り読み。特に下條さんのところ^o^;何言っているのかわからない。

嘉悦社長が最初に、最終節のセレモニー時、自分の足元が崩れたような感覚、自分でもどうしたんだろうというような感覚だった、と語っている。

あ、やっぱりね。11月29日に「会社は波紋の大きさを測り損ねた」と書いた。

松田戦力外、山瀬戦力外、と知った時の身体が震えるような驚き、怒り、胸の痛み、きっとこの決断を下した人たちはわかってない、と思った。

冷静な戦力分析や会社経営の論理を超えたところにある、チームへの愛着、選手への愛着、これらは非論理的な、非合理的なものだけれど、それなしにはチームは存続し得ない。その基本的なところをおろそかにした。

その愚を会社は今回のサポーターの行動を通して、しっかり認識したろうか。この痛みは忘れない。会社側にもこの痛みを忘れないで欲しいと思う。

一方でチーム愛を会社にだけ要求してもいけないな。

でも、もうこの歳ではゴール裏で応援することはできない。せいぜいタオルを掲げたり、旗を振ったり、手拍子をするくらいだ。

チラシ配布もポスター貼りもなかなか難しい。(ポスターはいくつかのお店に頼んでみようと思っている)。

出来ることといえば、お金を落とすことかな。年チケ、グッズ類を買うこと。友人知人を観戦に誘うこと。

10年位前のこと。鳥山橋付近を歩いていると、みすぼらしい身なりのおばあさんに横浜アリーナの場所を聞かれた。「私も近くを通りますから」と一緒にアリーナまで歩いた。

おばあさんは嬉しそうに「美川憲一ショーに行くのだ」と話してくれた。そして大事そうに持っている包みを見せて「これを美川さんにプレゼントする」と言う。

私は「美川さんはあなたよりずっと金持ちなんだから、美川さんへのプレゼントを買うより、自分の服を買えばいいのに」と思った。もちろん口には出さなかったけど。

でも、今の私がそうですね。社長や、選手は私よりずっとずっと金持ち。でも、自分は粗末ななりをしていても、マリノスのためにお金を使う。

「貧者の一灯」というやつですかね。
1

2010/12/13

中島みゆきコンサート  音楽

twitterやネットでは宇多田ヒカルコンサートが話題だが、私はひっそりと「中島みゆきコンサート」へ行って来た(11月)。

その余韻を味わう間もなく、「マリノス大量契約非更新」に毎日大揺れになってしまった。コンサートのこともはるか昔のことのように思える。

コンサートについては、サッカー観戦仲間のYさんから教えてもらった。事前申し込み・抽選方式だった。

で、当たった。夫はダメだった。2名分のチケットなので、夫と行くことにした。

中島みゆきのコンサートは3度目。1995年横浜アリーナ、2001年慶應大学・大学祭(日吉)、そして、今回だ。今回は東京フォーラム。

フォーラムはよくそばを通るが、ホールには1回しか行ったことがない。子ども達が小さかった頃、レニングラードバレエ「白鳥の湖」を見に行った。後ろの方の、高い所(価格ではない)の席で、見下ろしながら見るバレエは、人も小さくしか見えず、あんまり感興が湧かなかった。

観客層は、大体、団塊の世代、女性の方が多いかな。「おたよりコーナー」で紹介されたメッセージを聞くと、鹿児島からとか山梨からとか遠方から来た方も多いようだった。

横浜アリーナで初めて、みゆきさんを見たときは、「こんな華奢な身体」で(こんなに大勢を支えて)と思ったが、今回は舞台に姿を現わした時、その白いスーツ姿は、しゃきっとして、むしろ大きく感じた。あたりを払う風格というんですかね。

2階席だったので、アリーナほどではないけど、やはりみゆきさんは遠い。オペラグラスを持っていくのを忘れた。歌を聴くのだからいらないと思ったのが誤り。音はイマイチだった。

こういう会場は大音響でも仕方ないのかな。鼓膜がビリビリするのは、音楽を味わう環境じゃないと思う。

だから、慶應大学日吉での公演が一番こじんまりしていて、音もよかったと思う。アットホームな雰囲気だった。

これからコンサートに行く人もいると思うので、曲目はあんまり書かないようにする。

懐かしい曲もあり、この、情景をくっきり描いたり、わずかな言葉で人物造型をする見事さに、本当にこれを20代で作ったのか、と改めてその才能の豊かさに驚かされる。

一つだけ。ずっと大好きだった「時代」を初めて、じかに聴けた。嬉しかった。

これで「誕生」が聴けたら申し分なかったのだけど。まぁ、欲を言っても仕方ない。

もし、今後みゆきさんのコンサートに行くことがあったら、もっと小さなホールで音がきれいに響くところがいいな。

2

2010/12/12

マリノス神社  サッカー(マリノス)

12月8日のマリノス神社(携帯写真)。
クリックすると元のサイズで表示します
この御神体の足型、左の松田直樹、右の山瀬功治ともに、来期はマリノスにいない。どうするのだろう?

マリノス神社はあんまりご利益がなかったなぁ。

いっそ選手が動かないように「神社」から「不動尊」に変えてもらいたい。

とはいえ、選手は移籍するのが当たり前だから、不動さんは無理か。

スポンサーが動かないように日産自動車を本尊にして鐘が「ゴーン」と鳴るとか、どう?

いや、マリノス君かマリノスケが御神体or御本尊なら、絶対にマリノスから離れない。

でも、御神体とか御本尊とかいうと「あの世」のものみたいになるから、マリノス君マリノスケを据えるわけにはいかないなぁ。

マリノス代々ユニフォームとか、スパイクとか。いや平凡すぎるなぁ。

神社といえば、三種の神器。サッカー神社では、玉=サッカーボールくらいしか思いつかない。剣と鏡はないよねぇ。

やっぱり足型で、中澤、俊輔、勇蔵の3選手ですかね。

いっそ、マリノス神社は師岡熊野神社に引き取っていただくのがいいのではないだろうか。

なんて、どうでもいいことを考えたマリノス神社前。

マツ・・・コウジ・・・(涙)
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ