2011/1/30

日本優勝おめでとう!  サッカー(代表)

2時過ぎに寝落ち。得点も勝利の瞬間も見られなかった。

とにかくおめでとう!!

選手が自信を持って闘った。

何より、ザッケローニ監督が素晴らしかった。采配にストレスを感じなかった。

(プロの監督はサッカーだけで勝負の、王道だった)

マリノスの選手がいないことだけが残念だった。栗原は経験を積む貴重な機会を失った。もうケガすんなよ。

次の代表の戦いに期待!!
(携帯から)
2

2011/1/28

しばし  

ブログを休みます。

日本代表がアジアカップ決勝戦を前にしているのに、マリノスはファン感が近いのに、ちょっと書けません。

近いうち再開します。
0

2011/1/22

いい試合だった(みたい)  サッカー(代表)

カタール戦、2−3で、勝利。

ゴール数5点のうち、3点は見た。カタール1点目、日本1点目、日本2点目。

つまり1−1まで見ていて、気づいたら、1−2になっていて、2−2に追いついた瞬間は見て、その後、離脱。どうしたかな、とテレビを見たら日本が勝っていた。

マヤが退場になっていたことは知らなかった。

ザックさんのガッツポーズは見たよ。

どうも、マリノスの選手がいないとモチベーションが下がる。でも気になるから、時々見る、って感じかな。

ザック監督の采配は見ていてストレスを感じないからいいね(あんまり見てないくせに言う)。

アジアカップは、日本が挑戦を受ける形になるから、そして、不可解な判定があったりするから、面白い。W杯とは違ったハラハラ。アジアカップ独特の興奮がある。

次は韓国またはイラン。激しい試合になるだろう。
(本当は韓国対イランの試合も見たいが、深夜の放送では難しい)

でも、繰り返すが、マリノスの選手がいないとモチベーションも、テンションも下がるのよ。こういう厳しい国際試合でマリノスの選手が鍛えられていくのを見たいよ。ガンバレ!マリノスの選手達。

カタール戦は時々見ただけだけど、「スーパーサッカー」の松田特集は正座して見た。録画もした。松田がサッカー少年に戻っていた。

どうか松本山雅のために奮闘して欲しい。(緑のユニは似合わないけど)。松本山雅のサポーター、ファンの皆様応援よろしくお願いします。

番組で、各チームの中心選手に今年の意気込みを漢字一文字で書いてもらう、という企画があった。マリノスからは木村監督と中澤選手でした!

木村監督は「全」。「全体タイトルを、全力で、全員で勝ち取る」だった(かな)。

中澤さんは「俺!」

いいよねぇ。佑二さん。久しぶりのお顔拝見。すてき。大きな笑顔も相変わらずで、テレビのこちら側で、「ゆうじ〜さん」と手を振ってしまったよ。

0

2011/1/21

チャリでゴーの景品  サッカー(マリノス)

2010年チケをしまおうとして、中を見たら、「自転車でゴー」スタンプカードと、ワルノス免許証が出てきた。

「自転車でゴー」は日産スタジアムに自転車で行った人向けのスタンプカード。地元民を増やそうという企画の一つだと思う。

スタンプは5回目に達した時、10回目、15回目で景品をもらえる。

5回目は自転車に貼るトリコロール名札だった。これはなかなか良かった。
10回目は
↓↓↓
(ピンボケだけど)
クリックすると元のサイズで表示します
ワルノス免許証。

免許証の裏側は
↓↓↓
クリックすると元のサイズで表示します

これを受け取った時、「この免許証は何か特典があるんですか?」と聞いてしまった。何もないそうだ。

こんなの、もらってもねぇ・・・。希少価値があるのだろうか?

希少価値といえば、マリノス(松本怜くん)のから娘宛のクリスマスカードも公開しちゃう。
↓↓↓


続きを読む
0

2011/1/18


風呂から出てきたら、もう3−0だった^▽^

最終的に5−0。岡崎ハットトリック!あの飛び出し!岡崎はキレキレと言われていたけど、本当にそうだった。

前田も2点。前田らしい得点だった。巧いよねぇ。

アジアカップでこんな楽勝ってレバノン大会以来?気持ちいいね。

でもサウジが弱すぎて、ちょっと物足りなく感じたりしている。

ザッケローニ監督の選手交代も的確だった。

普段の柔和な顔と違って、厳しい顔で試合を見つめているのが意外な感じ。

にしても、選手の大半は北京世代じゃあ〜りませんか。中国まで応援に行った、あの子達が躍動している。おばちゃん嬉しい。

試合後の笑顔も爽やか。かわいい。

(本田がいない方が他の選手いい動きができるんじゃないか、というのは本田嫌いの偏見だねσ^┰゜

トーナメントが楽しみになった。これからが本番。期待してるよ〜。
1

2011/1/17

新体制発表会  サッカー(マリノス)

今日はマリノスの新体制発表会だった。

様子はtwitterで、知ることができた。

夜になると公式ページで動画も見られた。

いろいろ落ち込むことも多かったが、新加入の選手を見て、すこし気持ちが明るくなった。

小野クンの10番は最初はびっくりだったが、10番ユニ姿を見て、すごく自然な感じがした。今は納得している。

新ユニフォームはやっぱり疑問だなぁ。段々変になる。ナイキって、どうしてこんなのばっかりなんだろう。

勇蔵さんの「暗い夜道でも」は、勇蔵らしくて笑った。久しぶりに勇蔵のおトボケが出て嬉しかった。こういうの、本当〜に久しぶりだよ。

面白い、楽しいマリノスでなくちゃ。

今年はけが人が出ないように、お願いしたい。

優勝なんて言わないから、とにかくいつもベストのメンバーで戦えるようにしてほしい。結果はきっとついてくると信じているから。

新体制発表会で、ようやく前向きの気持ちになれた。新生マリノスに期待!!

近サポ(by新横君さん)として、熱くマリノスを応援していきますねOK

2

2011/1/15

みなとみらいコンサート  音楽

今年初コンサートは「みなとみらいホール」。

読売日響「カルマーが運ぶウィーンの香り」。
カルマーとは指揮者カルロス・カルマー
(と言っても私は何も知らないんだけど)
プログラムは、

シューベルト「劇音楽<ロザムンデ>序曲」
モーツァルト「ピアノ協奏曲第27番」ピアノ:スティーヴン・オズボーン
ブラームス「交響曲4番」

プラームス4番を聴きたくてチケットを取った。

「ロザムンデ」は初めて聴いた。読売日響も初めて聴くのだけど、弦の音がきれいだなぁと思った。

モーツァルトのピアノ協奏曲はCDを3枚(内田光子さんのもの)持っているけど、その中に27番はないので、これも初めて聴いた。

ピアニストはスコットランドの人。ピアニストが英語圏の人だとなんか変な感じがする。何とかスキーとか何とかニンとかレフとか、ッチ、とか独露東欧系を聴くことが多い。英語圏だとジャズっぽい、と思ってしまう。

でもオズボーン氏のモーツァルトはとても良かった。ピアノとフルート、ピアノとクラリネットが絡まりあうように奏でられるととてもきれい。

モーツァルトは何でこんなに気持ちいいのだろう。すっかりリラックス。

27番はモーツァルト最後のピアノ協奏曲で、公の場でモーツァルトが演奏した最後の作品でもあるそうだ。

高原の、明るいサンルームでこんな曲を聴いていたら、至福の時だろう。
(と、八ヶ岳とか浅間山が見渡せる<別荘>にいるイメージで(笑))

「シンプル且穏やかに澄み切ったその世界は、諦観すら感じさせる」と解説にあった。

私は寝つきが悪い時、夜中に目が覚めて眠れなくなった時、CDをかける。家にあったCDから偶然選んだものだが、梯剛之さんのモーツァルトピアノ曲だ。ソナタやロンドが入っている。

これを聴くとすぐ眠ってしまう。CDを最後まで聴いたことがない。

眠りの音楽にモーツァルトは最適。こんど27番も買ってこよう。

今日のみなとみらいホールは空席が目立った。寒いからかな。ブラ4は人気がない?ま、ベートーベンやブラームス1番に比べれば、地味かもしれないが。

でも大好き。1楽章のあのため息のフレーズ、た〜らん↓た〜らん右上、た〜らん↓たーらん右上、た〜らん↓たららのあたりで、あんまりに美しいメロディに涙が出てきてしまう。

ふだん聴いているクライバーの最初の「た〜」よりカルマーさんはゆっくり丁寧だった。

フルートの音が澄んでいてきれいだった。女性奏者。

1楽章で、(気のせいかな)管楽器(ホルン?)と弦とがちょっと合ってないように感じた一節があった。いつも聴いているのと違うのであれ?と思ったのだ。

それ以外は、4番を生で聴けて大満足。

でも、みなとみらいの聴衆はおとなしい、誰もブラボーなんて言わない。演奏に不満足なのかな?私は十分満足だったけど。

聴衆が少ないと、段々有名オーケストラが来てくれなくなるんじゃないかと心配になる。ウィーンフィルはミューザ川崎には来るけど、「みなとみらい」には来ない。「川崎」と聞くと胸が疼くなぁ。

ところで、「通販生活」の春号を読んでいたら、評論家川本三郎さんと落合恵子さんの対談があった。川本さんは奥様を亡くされて元気がない。でも「憧れのピアニスト小山実稚恵さん」の追っかけをしていて、先日初めて会うことができた、と嬉しそうに話している。

小山さんのファンは多いね。

カレーのCOCOイチ創業者の方も大ファンだと新聞のコラムで読んだ。昨年9月ブラームス協奏曲1番・2番のコンサートには島田雅彦氏も聴きにいらしていたとか。時々拍手コメントを下さるdori**さんのお友達も「追っかけ」だそうだ(ですよね?)。

近所の子育て仲間も昨年小山さんのショパンを聴きに行った。「以前、中村紘子さんも聴きに行ったことあるけど、最後の挨拶がなんだかすごく高慢な感じでイヤだった。それに比べると小山さんは優しくて、すてきだった」と言っていた。

今年も「みなとみらいホール」でコンサートがあるといいなぁ。絶対に行く。

(あ、サッカーと重ならない限り^o^;
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ