2011/3/30

チャリティマッチ  サッカー(その他)

昨晩は、早めに夕食を済ませて、テレビの前に陣取った。

もちろん応援するのは中澤さんがキャプテンを務めるJリーグ選抜。最初の挨拶も、中澤選手が言うから説得力がある。「乗り越えられない困難はない」。

でも、代表(海外組)は力があった。判断も、プレッシャーをかけるのも、飛び出すスピードも早かった。中澤のファウルでFK。これが決まってしまう。

ついで岡崎のゴール。闘莉王と中澤が慌てて後を追う姿は見たくなかった。2点取られて、一体何点取られちゃうんだろう、と嫌な気分になった。

後半、俊輔が入ると知って、ウチはぐんと盛り上がった。勇蔵・中澤対決が見られると思ったら、中澤は交代。キャプテンマークは俊輔へ。

やっぱ、俊輔は違うわ。サイドチェンジやスルーパス、CKにうっとり。あのCKがもう代表で見られないと思うと残念でならない。

遠藤兄がtwitterで俊輔をすごく褒めてた。テレビ観戦しながら、twitterをチラチラ見ていると大勢で一緒に観戦しているようで楽しい。

カズゴール!飛び上がったね。家中で大拍手。その後、仲間に迎えられるカズの目が潤んでいるようで、こちらもジーンとしてしまった。

試合後の選手達の言葉はどれも、本当に気持ちがこもっていて胸打たれた。小笠原の言葉は、心から発する<ことば>だから、すごく心に染みる。「サッカーは助け合い」とのことばも素直に聞ける。鹿島に痛い目に合わされていた頃は「サッカーはだましあい、と思っているでしょ」とミツオに言いたいこともあったが。

今日、「J's Goal」に載っていたサポーター達のダンマクの数々。見ているうち涙がにじんてきた。特に宮沢賢治のシルエットをあしらって「雨ニモマケズ 風ニモマケズ」と書いてあったダンマク。「あぁそうか」と意表をつかれ、そして確かに東北魂だと思った。

昼休み、同僚たちに「昨日の試合楽しかったね」と言うと、「見てない」、「後半から見たけど」とつれない返事。

「だって、やっぱり、国と国と試合で、オリンピックとかW杯とかはドキドキハラハラするけど、チャリティーでしょう、熱くなれないよ」。

う〜ん、サッカーの楽しさ、素晴らしさをわかってないなぁ。と一人ブツブツ。
2

2011/3/27

人間ドック  生活

3月初めに人間ドックに行った。簡易な、検診だけど。

体重が徐々に増えたので、数値が悪くなるだろう、もう少し痩せてから人間ドックに行こう、と思っていた。と、言っているうちに数年が過ぎた。ダイエットはできていない。

でも、胃が痛いような気がして、思い切って行くことにした。今までは都内のクリニックに行っていたが、かかりつけの医院でも検査が出来ることがわかったので、そこで受けた。

近いと、食事を抜いても楽。

大震災が起きて、結果を聞きに行くのを忘れていた。

で、ようやく聞いてきました。

「メタボ」ではありませんでしたOK

久しぶりの良いニュース(私的に)。

胃については、胃カメラを飲んで、その時ずっと画面を見ながら医師の説明を受けていたので、問題がないことが分かっていた。表層胃炎で一時的なものという。それを聞いてから胃の痛みは消えていた。(精神的なものだった?)。

メタボでないと分かったので、後は体力強化が課題。若い人たちに迷惑がかからないように、それと、少しでもお役に立つためにはヨボヨボしていたらダメだね。

1

2011/3/26

見聞きしたこと  原発関係

私の登録しているメーリングリストで、東電社員の知人から、お詫びと、節電のお願いメールが届いた。沈痛な文面だった。

それで、「娘やママ友達は赤ちゃんを抱えても暖房をつけず、掃除も箒でしてますよ。赤ちゃん鼻水ズルズルだけど、頑張ってます。50代の友人も9階まで階段を上り下りしてます。みんな節電に協力してますよ」。「一日も早い電気の復旧と福島原発の安定と、作業員の方々のご無事を(健康を害さないよう)お祈りしています」と返信した。

彼からは「毎日、世間のバッシングと、自分を責めて苦しい日々だったが、メールをいただいて嬉しかった」と返事があった。

一般の社員には、電気の安定供給に努力して欲しいし、自分の仕事をきちんと果たして欲しいと思っている。

原発の問題については、それとは別に考えていきたい。

電気事業連合会の関係者からは今後の電力見通しについて、メールが来た。火力発電所の被害の大きさにも驚く。夏には大幅な電力不足が予想されている。改めて、生活の見直しをしていきたいと思った。今年はゴーヤを育てるよ。

タクシーに乗った時、運転手さんに話を聞いた。「やはり夜のお客さんが少なくなった」とのこと。「タクシーはガスだからガソリン不足は関係ないけど、自宅で使う灯油が手に入らないんですよ」

一方、古くからの友人でフリージャーナリストは、16日だったかな、電話をくれた。原発事故に触れて「妻と子どもを関西の実家に帰した。お孫さんがいるだろう。もし、関西以西に親戚がいるなら避難させた方がいい」と言う。関西には親戚がないよ。

そういえば、用事で関西に行った家族が、三宮でヴィッセル神戸の宮本ツネ様たちが募金をしている場に出くわしたそうだ。「ツネ様、超かっこよかった」とのこと。

関西でも、乾電池や懐中電灯、小型ラジオが入手しづらくなっているそうだ。

そんな中、バイト先近所の小さな時計屋さんで小型ラジオ発見。時計屋さんだけど、アクセサリー、バックなども扱っている。バック半額セールにひかれて店に入った。ラジオを早速購入。(ウチのラジオは乾電池8個使う大型なのだ)。ちょっとほっとした。ワンセグとラジオが地震時一番役立ったという。

ところで、東京都の水道水からヨウ素が検出された問題。孫は都内に住んでいる。娘夫婦に代わって夫が行列して保健所からペットボトルをもらった。

横浜は今のところ大丈夫みたいだけど、いつどうなるか分からない。でも、私たちは年齢から言って、もう関係ない。「ただちに影響はない」水道水、路地モノ野菜、何でも摂取するよ。

あの日、ドラッグストアで初老の男性が「水はないか」とかなり焦っていた。女性たちが「コントレックス」を手にしていると「あれは水か?」店員「はい、でもミネラル分が多い硬水でして」老人「飲めるんだな。一人何本?制限がない?じゃ箱ごともらう」。と買っていった。

飲んだらびっくりしたろうなぁ。まずいし、おなかこわさなかったかしら。

同僚のお子さん(小学生)は学校からの指示で毎日防災頭巾をかぶって登下校していたそうだ。「あんまり意味ないと思うんですけど・・・」。私も近所で見かけた。小学生が防災頭巾を日常的にかぶるなんて、かつては想像もしてなかった。

一昨日、バス乗った時、私と同年代くらいの女性たちが会話していた。

「お母様はお元気ですか?」「母はみまかりましたの」「え?いつ?」「1月末でした。連絡していない方も沢山いて」「それはそれは、存知あげず失礼しました。お悔やみ申し上げます」「とても残念だけど、でも、母も毎日ゆらゆらゆらゆらしている、こんな状況を知らないで逝ったのは、かえってよかったかな、と思います」

思わず、「私も同じ気持ち」と頷いてしまった。今日は母の月命日だった。ウチで咲いたフリージャーを供えた。

いろんなことが変わってしまった。ふくらみ始めた桜の蕾を見ても、「無常」を感じてしまう。

が、そんなことを言っている場合じゃないね・・・。やれることをしていかなければ。
1

2011/3/21

フリージャが咲いた  生活

気がつくと、辛夷(コブシ)の花が満開になっていた。本来なら、桜が待ちどおしい季節だ。

今日は雨。なんだか気持ちが沈む。

ここ10日ばかり、テンションがおかしかった。

バイト先でも、上司が「なんか胸の辺りがゾワゾワして、集中できないなぁ。文章がうまくまとまらない」と言っていた。

今回の私の記事も、いつもの調子ではなかったかもしれない。

でも、拍手してくださった方、コメントくださった方々、意見の違いは違いとして、これからも議論だけは、していきましょう。

今日は、気分を変えて、
クリックすると元のサイズで表示します
フリージャの花が咲き出した。

※昨日の「お彼岸ですが」の記事は非公開としました。温かいコメントをありがとうございました。

母の死と、3.11大震災を経験して、自分の生き方を改めて考えて行きたいと思いました。
2

2011/3/19

4日ぶりのパソコン  原発関係

メールを開くために久しぶりにパソコンを立ち上げた。

福島原発については、自衛隊、消防隊、警察、東電・関係企業、の必死の作業が続いている。国際的な協力もある。どうか、皆様の必死の努力が実りますよう。安全が確保されるよう、祈っています。

この間の記事に珍しく拍手をいただいた。もちろん批判的な意見もいただいた。

そもそも、「福島原発」について記事を書いたのは、1号機が水素爆発した後の枝野長官と原子力安全・保安院の記者会見があまりにひどかったからだ。

今では、初期の情報公開のあり方について問題があったということはコンセンサスとなっている。

フリージャーナリストは当初から言っていた。静岡県知事も東電は信用ならない、と言ったし、小澤一郎さんも言った。

情報がきちんと開示されていないとIAEAもわざわざ言いに来たし、NYタイムスは今なお「政府と東京電力の情報公開は不透明」と言っている。

ごく当たり前のことを書いたのになぁ。

いただいた批判は、結局は「お前が言うな」「今言うな・空気読め」。

そういうのがダメなんだ、というのを「今回のことで考えたこと」で書いたのだけど、それでも、わかってもらえなかったようだ。

やっぱりね、「お前が言うな」は、言ってはいけないと思うよ。

このblogは基本のんきな記事だが、時には自分の意見を書くこともある。私の立場は少なくとも「本」のカテゴリーで見てもらえば分かると思う。

2007年7月24日 高木仁三郎「原発事故は何故くりかえすのか」(本)

2008年10月30日 「岩波アンケートから連想」(本)

2010年8月6日 「8月6日」(本)

リンク集には「村野瀬玲奈の秘書課広報室」を置いている。
こういう記事も読みました。
いしだ壱成さんが子ども時代の原発反対運動の思い出を語った勇気に共感

私の後悔は、「力あるものには敵わない」というあきらめ、「何を言っても空しい」というあきらめだ。それが一番いけなかったと思う。
2

2011/3/19

試合もないので  サッカー(マリノス)

このblogは、「ハマトラSNS」にリンクを貼っていましたが、しばらくサッカーの試合もないので、リンクをはずします。

0

2011/3/18

震災後の知人たち  生活

バイト先で、知人たちの消息を聞いた。一応全国組織の公益法人なので、東北地方にも会員がいる。

ほぼ安否が確認できたが、15日になって、ようやく連絡がついた人もいる。若林区在住の人だ。

仙台中心部の古いマンションに住む人は、建物にヒビが入り、危険なので夜は車で寝ていると言う。

避難所ではないので物資は自分で手に入れなくてはならない。ホッカイロ、マスク、簡単に食べられる物等が欲しいとのことだった。

支援の方法を考えている。

一方、首都圏在住の会員はそれぞれの会社で頑張っている。

石油会社社員は24時間3交替体制で早番をこなしている。

原発だけではなく、火力発電所、製油所、石油備蓄基地も被害を受けた。

ベテラン社員だが「こんな被害は経験がない、とにかくエネルギーは、何より大切だから頑張る」とのこと。

飲料企業の会員も、2工場、物流拠点が被害を受けた。休みなく出勤するという。

保険会社の会員は東北出張中の同僚が亡くなったそうだ。深刻な事態に立ち向かわなければならない。

通信会社の会員は、地震当日は「つながらない」苦情電話の対応に追われたとのこと。

提携先の印刷会社の人達も、交通事情(人員の確保)や物流の問題があっても、こちらの要望にこたえてくれる。

それぞれの場で、自分の仕事を誠実にこなしている。

電車が走っているのを見ても本当にありがたい、と思う。

社会を支える人々の力を感じる。

被災した知人達も、できるだけ早く元通りの生活に戻れるよう、祈っている。(携帯から)
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ