2011/4/30

久しぶり日産・清水戦  サッカー(マリノス)

日産スタジアムに通う日常が帰ってきた。あの涙の大宮戦がずっと昔のことのように思える。

クリックすると元のサイズで表示します
こいのぼりが泳ぐスタジアム。子ども達が沢山応援に来ていた。

クリックすると元のサイズで表示します
ワルノス君とワルノスクィーン。クィーンたちの踊りはカッコよかった。

日常が戻って来た、と言ってしまっていいものか、まだ迷いがある。

自民党河野太郎議員のblogに「自粛はしません
(=河野議員の原発に関する意見を読むためにblogを見たらこのような言葉がありました)

「震災からの復興のために我々にできることは、一刻も早く日常生活を取り戻し、我々にできること、我々の得意とすることを一生懸命にやることだと思います。」

楽しむことに後ろめたさがあるが、その後ろめたさは失わないまま、つまり被災者のことはいつも忘れず、3.11以前の生活を取り戻すことが、今必要なんだと思う。

被災地支援の「笹かまぼこ」などを購入して、スタジアムに入った。コンコースは薄暗かった。その分スタンドに入ると明るさが強調される。

緑がまぶしい。マリノスの青と、エスパルスのオレンジと色が華やかで気持ちも高まる。

帰ってきた、と思う。

クリックすると元のサイズで表示します
ビッグフラッグ。フラッグ班の皆様ありがとうございます。

2階ゴール裏は満員だった。後ろの人たちが「2階があそこまでいっぱいになるのは代表戦くらい。よく入ったな」と言っていた。チケットの売れ行きは2万人ちょっとと聞いていたので心配していたが、3万3千人くらい入ったらしい。

清水はメンバーが大幅に変わって、誰が誰やらよくわからない。昨年は、小野・岡崎中心にやられ放題の感じだったが、それに比べると小粒な感じは否めない。

伊藤翔君もいた。体格がいいなぁと思う以外あまり印象に残らなかった。

お互い守りが堅かった。でもFWの非力さも感じた。

途中、正直退屈した。振り返れば好ゲームだったのだろうが、ごめん、私の力不足で面白さがわからなかった。

このままスコアレスドローかな、なんて思い始めた頃、PK。何が起きたのかよくわからなかった。(大前のダイブ?)

子ども達が「いいくら〜」と絶叫していたが、点を決められてしまう。

その後選手の抗議が続いたので、周りから、「もういいから、早く戻れよ!」「追いつけよ!」と叱咤の声が飛んでいた。

この辺から、スタジアムに一体感が生まれて、手拍子の音も大きくなった。「サッカーって、これだよ、この緊迫感と興奮だよ」と楽しくなった(時間短すぎ)。

得点の瞬間は、ごちゃごちゃしていたのと、角度の関係でよく見えなかった。前半にも同じような場面があり、その時はゴールしなかったので、またか、とガッカリしかけた。と、選手達が喜んでいる。

回りも「え、入った?!」と半信半疑。バンザイもバラバラ。大型ビジョンで「GOAL」の文字を見て、ようやく喜んだ。

俊輔のFKはすごかったね。狩野と俊輔が並んでいるのにもワクワク、ひょっとして狩野が蹴るのかしら?なんて思ったら、俊輔の弾丸シュートが跳んで行ってバーをパーンと叩いた。決まったら、歓喜爆発だったけど・・・。

でも、いいもの見せてもらいました。次に期待。

今日は、谷口やクナンのプレーに、胸が熱くなった。積極的、献身的だった。もちろん他の選手達にも拍手なんだけど、特に二人には、移籍や復帰のことを考えて感無量になってしまう。

試合終了。深谷から娘息子を連れて観戦に来た従妹に会ってから、帰路についた。

クリックすると元のサイズで表示します
挨拶に回る選手達。

今日はバックスタンドで観戦だったので、静かに見る人が多かった。やっぱりタオルを掲げたり、手拍子したり(時には歌ったり)したいなぁ。次はやっぱり2階ゴール裏に行こうかしら。

2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ