2011/7/3

スタジアムの幸福川崎戦  サッカー(マリノス)

いつまでもスタジアムに残っていたかった。こういう試合があるから、スタジアム通いはやめられない。マリノスファンもやめられない。

今日は選手の戦う気持ち、サポーターの戦う気持ちが、すごく出ていた試合だった。感涙ものだよ。

今日もかなりギリギリにスタジアムに到着。オートバイ、自転車が自転車置き場からはみ出して、「元COCORO」下の方までぎっしり。階段下にも隙間無く並んでいたから、通り抜けるのが大変だった。さすがにご近所同士の試合。

試合前の
クリックすると元のサイズで表示します
コレオグラフィー。きれいだった。大型ビジョンはキャッツ出演者。

黒岩知事が激励に訪れた。某市長の悪例を知っているのか、手を振っただけ。でもマリノスユニだった。

選手紹介の時、小宮山と田中にはブーイング。山瀬には拍手。川崎も谷口には拍手だった。

クリックすると元のサイズで表示します
優等生的なダンマク。頑張ってください。

マリノスは中盤省略、前線へロングボールという攻撃だったが効果的だった。

前半のビックチャンス(大黒)を決めきれず、押せ押せなのに、得点できない。キッカーに俊輔か狩野がいたらなぁ、とチラリと思った。

こういう時は得てして失点してしまう。オウンゴールとは試合後「ハイライト」を見るまで分からなかった。(お立ち台で飯倉が初ゴールと言った意味が分からなかったんだよね)

この後、明らかに若い選手が浮き足立った。アーリア、兵藤は臆病だった。

〜アーリアに対しては、未だに、この期に及んでも、良さがわからない〜

川崎は中盤に稲本、憲剛とW杯も知ってる経験豊かな選手がいるからなぁ。チームを引き締められる。マリノスはDFの中澤さんだけ。

ちょっと心配、と思いかけて、あぁ、大黒がいるじゃないか、修羅場を何度もくぐりぬけているんだもの、絶対やってくれると思った。

そしたら、ニアをぶち抜くゴール、ゴラッソ!
クリックすると元のサイズで表示します
あの技術、あの力強さ!エンブレムを掴む姿もかっこいい。本当にプロ。マリノスに来てくれてありがとう!

前半1−1で終了。

小宮山、田中に対するブーイングは凄まじかったね。絶対これは効果があったと思う。山瀬はやっぱり怖いんだけど、最後の詰めが甘いのもマリノス時代と同じ。

後半開始。アーリアから千真。すごい拍手だった。一瞬、アーリアが代わったことへの拍手と思ったが、千真への拍手だよね(当たり前)。

千真になって、明らかにマリノスがリズムを取り戻した。

そして、ついに逆転ゴール!!

すごいゴールだった。思わず席から飛び上がっちゃった。千真の喜び爆発。ベンチのみんなと抱き合うのも一体感があっていいねぇ。

ゴールのことばかり言ってるけど、今日は守備が素晴らしかった。何度もシュートを止めた飯倉。そして何より、中澤先生!!

録画も見たけど、あの凄さはスタジアムでないとわからないかもしれない。

中澤はW杯時の中澤だったよ。レベルが違う。獅子奮迅、鬼気迫る守備。

あの貪欲なプレーぶりを見ると日本の最高峰DFの座は譲ってない。No.1と思う。試合後のコメントもかつての、どこか突き放した感じの言葉とは違う。マリノス愛だよ、愛。

最後の方の、川崎の攻撃も見事だったが、でもそれを跳ね返したマリノスの選手の勝ちたい気持ち、執念は感動モノだった。
クリックすると元のサイズで表示します

両方とも激しく、熱く戦って、結果勝利、3連勝、首位に勝ち点1点差(暫定)。
本当素晴らしすぎる。スタジアムから帰りたくなかったよ。

これだからサッカー観戦はやめられない。年金生活者になっても、杖をついて行くようになってもやめられないだろう^▽^

クリックすると元のサイズで表示します
千真ありがとう。
クリックすると元のサイズで表示します
飯倉ありがとう。

後半始まる前、松永コーチがずっと何かアドバイスしている姿が大型ビジョンに映った。これが伝統というもの。

飯倉といえば、あのナビスコの退場。あの時、私はもう木村前監督にぶち切れて、このblogで悪態をついた。でもまぁよくここまで大きくなったね。あの時急造GKをした宏太も今日は観戦していたらしい。

今日は全部の選手にありがとうを言いたい。小林、谷口、大黒の移籍選手に特に言いたい。

そして、この一戦は川崎戦の嫌な思い出を一掃する忘れがたい試合、勝利となった。

マリノス、大好きだよドキドキ
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ