2012/4/30

爽快感・神戸戦  サッカー(マリノス)

勝利の瞬間、胸のつかえが取れた。ずっと胸のあたりに重く淀んでいたもの。それがすっと取れた。
クリックすると元のサイズで表示します
こいのぼりのように、胸の中を風が通り抜ける爽快感。

そして何といってもスタジアムの応援が素晴らしかった。

谷口交代後のCK、地響きのように湧き上がった手拍子は凄かった。スタジアムを圧するようなものすごい音量だった。バックスタンドで、こんな一体感ある応援は記憶にない。

キックオフからここまで、周りで手拍子していたのは3人くらいだった。そして失点後は皆、明らかに気落ちした。

だけど、はっと気づいた時、スタジアムが大音量の手拍子に包まれていた。周囲も全員手拍子していた。

その応援に応えるように、選手のプレー、プレーに気迫がこもる。倒れても足を延ばして谷口にボールを渡した学。蹴られることも覚悟で飛び込んだ小野。ネットが揺れた瞬間、周囲は総立ち。

でも、まだ同点だよ。勝たなきゃ意味ないよ。小野はボールを持ってセンターサークルへ急ぐ。

ゴール裏の「エフマリーノース」の声は大きくなり、スタジアム全体で手拍子が鳴り響く。誰だかがわかんないけど、クロス、誰だかわかんないけどヘディング。そしてゴール!逆転!逆転!再現映像で谷口のゴールと知る。

クリックすると元のサイズで表示します
谷口のゴールを喜ぶ

俊輔のFK。そろそろ決めてよ、俊様。

「あ、ちょっと大きい」、でもゴール!「中澤?足?」中澤を選手が押し潰す。反対側のゴール前では飯倉とパンゾーさんが抱き合ってる。3点目。
クリックすると元のサイズで表示します
私はこの時になってようやく立ち上がって万歳をした。ようやく、勝てると思った。

6分間に3点。明らかに応援が後押しした。2001年GWに広島にようやく勝った時、安堵のため息がスタジアムを覆ったのも鮮明に記憶しているが、今日のサポーターの熱い応援も一生忘れられないだろう。
クリックすると元のサイズで表示します
久しぶりのトリパラ

さて、始めに戻って雑感いくつか。

マリノスの試合を見るのは1か月ぶり。汗ばむ陽気で、雨よりはいいけど、ベテラン勢には暑すぎないかなと心配した。前半はどちらもパッとしない展開だった。

俊輔がボールを取られまくりで、私はプンプン。娘が「俊輔へのマークは厳しいし、相手は橋本と伊野波だよ」と俊輔を庇う。そうか〜。

ドゥトラのプレーが新鮮。相手も戸惑っているみたいだった。でも90分は厳しい。失点につながるボールロストは残念。

前半、樋口さんはベンチに座ったきりほとんど動かない。遠いので、泰然自若なのか、弱気でビビっているのか、全く分からなかった。寝てるんじゃないの?なんて言いたくなるくらい動かない。ピッチ際に出てきて、選手を鼓舞することもしないのかな?と不思議だった。

だけど、後半。「樋口さん立ち上がったね」と言って間もなく選手交代。これがズバリ当たる。兵藤を下げるのは「え?」と思ったが、ケガがあったようだ。

樋口さんは、それから、ほとんど立ちっぱなしで、戦況を見つめ、指示を出していた。その姿に安心した。やっぱり一緒に戦う姿を見たい。

試合終了の瞬間、ピッチに仰向けに倒れた飯倉の姿にジンと来た。退場になったけど、冨澤の的確なボールさばきや、ヘディング、パンゾーさんの積極的な上がりも素晴らしかった。小野は本当にマリノスの10番になったね。

(神戸サポから「あのくそガキに決められた」と言われてたらしい。大久保を退場に追い込んだことを忘れてない。)

もちろん勇蔵や大黒さんの安定したプレーは言うまでもない。みんな頑張った。ありがとう。

中澤先生の言う通り、「まだ1勝、連勝しなくちゃ意味ない」次からが真価を問われる。

最後になったが、試合前のコレオ。きれいでした。準備してくださった皆様ありがとうございます。
クリックすると元のサイズで表示します

上手に撮れてないけど、盛り塩もありがとうございました。
クリックすると元のサイズで表示します

2

2012/4/27

ハナミズキ  季節

今、近所の公園ではハナミズキが盛りだ。

ハナミズキは横浜市港北区の「区の木」。そして、区のキャラクターは「ミズキー」で「ハナミズキの妖精」ということになっている。
クリックすると元のサイズで表示します

何故ハナミズキが区の木になったのか?区民の投票で2位だったらしい。1位は「木」部門も「花」部門も梅。梅を「区の花」としたので、2位のハナミズキが「区の木」になったようだ。

梅は「大倉山梅林」があるので、わかるのだが、何故ハナミズキ?

港北区でハナミズキで有名な場所というのは、特にないと思うのだが?

私が知っているのでは、大倉山記念館(その裏側に梅林がある)に向かう坂道、新横浜のどこかの通り。港北区役所の、綱島海道沿いにも植えられていたような気もする。

日本で有名なのは、憲政記念館のハナミズキかな。尾崎行雄がワシントンへ送った桜の返礼として、送られたと聞いている。もっとたくさん植えられている公園とかあるかもしれないが、よくわからない。

「ハナミズキ」というと一青窈の歌。

でも、私はまず、小椋佳の

「♪ その花の道を来る人の
明るい顔の不思議さに
くぐりぬけてみる花水木」

を思い出す。確かにハナミズキの花は、下を歩く人を明るく照らすような気がする。

その頃(1976年頃)ハナミズキを歌う人自体がほとんどいなかったし、この歌詞は印象的だった。

布施明の歌がyou tubeにあった(音声のみ)。
私は小椋佳の淡々とした歌い方の方が好きですが。


0

2012/4/24

NHKBSで「トスカ」  音楽

娘が深夜放送のBSプレミアム「トスカ」を録画しておいてくれた。

全部を見ると長すぎるので、後半だけ見た。

「歌に生き、愛に生き」と「星は光りぬ」が聴ければいいかな、と思ったのだ。

「トスカ」のあらすじをはっきり知ったのは漫画「動物のお医者さん」だ。「トスカ」というと、この話を思い出して可笑しくなる。

オペラはまだよく良さがわからない。長いので途中退屈してしまう。今は勉強中。歌手のことも三大テノールくらいしか知らない。オペラ「アーリア集」のCDを持っている程度。

「トスカ」役はアンジェラ・ゲオルギュー。とても美しい歌手。

昔は太った歌手が多くて、「なんと美しい」とか病気で死にそうというのが、リアリティがなかったりするのだけど、この方は美しかったですね。

で、何より、目を奪われたのはカヴァラドッシ役のヨナス・カウフマン。美形でした。そして、なんという声!

この人の歌声を聴いて、「あぁ、このトスカを見られてよかった」と思った。

グーグルで「ヨナス」と入れただけで、「カウフマン」と出てくるくらい有名な人らしい。「そういえば」と、昨年、来日するオペラの紹介で、イケメンで人気実力とも抜群のドイツ人テノール歌手がいる、とあったのを思い出した。

結局来日はキャンセルになったらしい。

もし、来日することがあれば、ぜひ聴きに行きたいと思った。ミーハーなんで。

テレビだけど、カルメン、蝶々夫人、アイーダ、魔笛は、通してみたかな。あと「ばらの騎士」クライバー指揮のもの。これはもう一度見たいと思う。

たったこれだけ。情けない。まして、舞台は一度も見てない。

チケットが高価過ぎて手が出ない。

それに、まだまだ勉強中なので、テレビで十分研究してからだ。でないと、チケット代がもったいない。
1

2012/4/23

今週こそ勝ち星を  サッカー(マリノス)

先週末、マリノスは磐田に負けて、10試合勝ち星なし、となった。

この日は毎年恒例のイベントがあって、テレビ観戦もできなくて、twitter頼りだった。昨年も同じようにイベントで缶詰め状態だったが、あの大雨の中、マリノスは鹿島に圧勝したのだ。今回もそうならないかなぁと淡い期待を持っていたが、マリサポ皆さんのTL「あ〜」「やられた」でがっくり。

帰宅して、その日はスポーツニュースを見る気にもならず、翌日の「サンデーモーニング」で見た。スーパーゴールだった。あんなのマリノスの誰か、打ってよ。

で、マリサポのblogを巡回。

ちょっと前から、厳しい意見を言う人たちはいた。「ゴル裏」さんの意見にも「そうだよねぇ」と頷いたりしていた。一方、蒼井真理さんやmaricia石井さんなどは、もう少しの我慢と言っていて、それもそうかな、と思ったりしていた。

だが、20年来のサポーターである「mamaさん」がかなりはっきりと「我慢の限界」と書いた。そして、今日はマスターが「降格の研究とこれからの展望」で厳しい現実をつきつけた。

監督批判をすると、「サポーターの本分は応援」と批判を許さなかった人が、こういう意見を言うのかと、つまり、それだけ深刻な状態ってことですかね。

前も書いたが、私は今年体調不良で、まだ3月の1試合しか見ていない。だから、出遅れた俊輔のコンディションが良くなって、暖かくなって、雨が降らなければ、マリノスは勝てるんじゃないかな、とのんきに思っていたんだけど…。

俊輔のコンディションが上がっても、その間に怪我人が続出。マリノスにとってやりやすい天候ということは相手にとってもやりやすいわけだから、意味ないし。

樋口さんの手腕はわからない。確かに今までの監督経験で結果を出してないし、今がこんな状態。やっぱりダメなのかな。

やってることが、そんなに的外れとも思えないし、言っていることもまとも。が、結果が出ない。勝負師として弱いのかも。気の毒だけれど。

2001年の時のように、マリノスはもう「ラザロニ+ブラジル人選手3人(ドゥトラ含む)を呼ぶ」なんてことはできないのだろうか。

にしても、マリサポ、疲れてませんか?

成績が振るわないと、(言っても仕方ないけど)、2010年のあの大量戦力外通告に思いが行ってしまう。あの決定は誰が下したの?唐突なACL宣言と結果監督の解任、そして松田選手の死。こんな辛いことがたくさんあって、それでもマリサポは踏ん張ってきた。

選手も頑張ってきた。

だから、神様、もうそろそろマリノスへプレゼントしてくれてもいいんじゃないの?と最後は神頼み。
1

2012/4/22

iphoneで「虞美人草」  本・文学

ipadに「i文庫HD」をインストールして、漱石「虞美人草」を取り込んだ。だが、ipadを持ち歩かないので、そのままになっていた。家ではなかなか電子書籍を読むチャンスがない。

そこでiphoneで読めないか?と思って、「豊平文庫」をインストールしてみた。そして同じ「虞美人草」をダウンロード。

通勤の行き帰りに読んだ。この、スマホで読書、いいですね。

読書に熱中して、一駅乗り過ごした。こんなの久しぶりだ。

スマホでは表示できない漢字もあるが、ま、そういう漢字は表示できていたとしても、こっちの理解力がないから、あんまり関係ない。

漢文調、美文調は決して読みやすくはないが、おおよその見当をつけて読み進めば、それほど苦にもならない。

明治の風俗(特に着物、家の作りや調度)が目に浮かばず、想像力を働かすことができないのが残念だった。その和服の生地の意味することがどうなのか、その掛け軸の趣味はどうなのか、当時の人だったら、それだけで人物の人となりを理解できるようなアイテムの意味がわからない。

逆に、「こういう人だから、その和服は地味なのだろうなあ、とか、実用重視なんだろうなぁ」と想像する。掛け軸も「その人だから趣味がいいのだろう」と推論する、と言う調子。

が、「唐紙」「羅宇」なんて言葉が出てくると、思わず祖父母のことを思い出したりした。日常語だった。

感想はですね、「錦繍の文体で飾った大がかりな失敗作」(三好行雄)「近代化した馬琴」(=旧式な道徳に縛られた勧善懲悪物語)(正宗白鳥)という評価に納得。

(そもそも甲野さんがわからない。漱石の主人公によくある、このタイプは、私にはずっと謎)

一番の違和感は藤尾憤死の場面ですね。唐突だったし、小野さんの心変わりもあんまりにあっさり安易だった。描き方が足りない。

何より、今の時点(=21世紀)で思うのは、何故寄ってたかって大の男が「藤尾」を糾弾しなければならないのか?だ。

続きを読む
1

2012/4/20

本「上野先生、勝手に・・・  本・文学

上野千鶴子 古市憲寿「上野先生、勝手に死なれちゃ困ります 僕らの介護不安に答えてください」
(光文社新書)

60代東大名誉教授上野千鶴子と、20代気鋭の東大院生「絶望の国の幸福な若者たち」で知られる古市憲寿の対話。


対話であるから読みやすい。上野さんの明快な分析に「あぁそうだったのか」と思い、一方で「気楽なことを言いやがる」とムカッとしたりする。

「おひとり様の老後」を読んだ時も同じような感想だった。

私の興味を持ったところのみ、記す。

(1)団塊の世代vs若者について、こういう見方もあるのかと思った。

※団塊の世代が既得権を手にしたまま老後に入っていく、若者は割を食っているという一般的な見方について

(私のこのチンケなblogでさえ、団塊の世代が「食い逃げする」と非難のコメントを寄せる人がいるからねぇ)

これについて二つに分けて考えている。

@年金
年金は拠出と給付のバランスだから、出さないやつ(若者)に文句を言われる筋合いはない。
団塊世代は営々とお金を拠出して、それより上の世代を支えてきたんだから、当然の権利がある。

と言ったうえで、
少子高齢化によって拠出と給付ののバランスがくずれているなら、拠出に応じた給付の減額をすればよい=制度設計の問題

A成長経済のパイの分け前を得た団塊の世代は、割がよかったという意見。

戦中世代に比べれば、戦後生まれはラッキーだった。しかし、世代間移転っていうことでいえば、団塊ジュニアの方がはるかにラッキーだった。もっとも恵まれた生活をしたのは団塊ジュニア・若者たち。(高い生活レベル、高学歴、日本の国際的地位向上etc)。

ただ、雇用の問題は、若者にとって深刻だ。しかし、それは、世代間格差でなくて、既得権益からの排除だという。既得権益から、ずっと排除されてきたのが女。それに若者が加わったということ。

雇用崩壊は90年代からのわずか20年間で起きた。日本の財界・政界、労働組合の共犯による。

しかし、この雇用崩壊を招いた小泉改革を支持したのは若者だった。一つは小泉改革を熱狂的に支持することによって、もう一つは無関心によって(若者の投票率の低さ)

もう高度成長時代のような右肩上がりの時代は来ない。パイの分け前はない。若者が考えるべきなのは、このシステムを維持したまま椅子取りゲームを続けるのか、それともシステム全体を変えていくかということ。「既得権益からの排除」に対しては異議申し立てをしなくてはいけない。

「どうしたらいいでしょう?」という質問に対して、上野「実際に現場で見てきているのは、草の根でこつこつと変化を起こしている人たちなの、小さな変化よ。でもそれを起こしている人たちが現にいるっていう手ごたえがある。」

古市「若者に社会貢献意識はある。社会に役に立ちたいという思いはカンボジアや被災地には向けられるけれど、自分たちの集団には向かない。自分たちの社会の足元を変えようという動きにはならない」

それが「不安はあるが、不満はないという若者の現状かもしれない」。

う〜ん。社会を変えたい者は、むしろ、橋下維新党へ行ってしまうのか。椅子取りゲームをまだ続けたいのか。

(2)団塊の世代の前の世代について

古市が「今の日本は団塊の世代が作ってきた年功序列・終身雇用っていう仕組みに足をすくわれている」と言ったことに対して、上野は「その仕組みを作ってきたのは団塊世代ではなく、その一つ前の世代」と冷静に指摘する。

若者は団塊の世代(数量)に圧迫されていると思うだろうが、その前の、そのまた前の世代のことを知らない。

一つ前の世代の家父長制的、封建制的な壁は厚かった。ロック、学生運動はそれへの世代的な反発でもあったが、団塊の世代のほとんどが「いちご白書をもう一度」で、体制と妥協していった。
(音楽やファッションなど文化的なものは残っているけれど)。

***
上野:「自分がしてもらえなかったことを子どもにはしてやりたい」っていう子どもとしてのルサンチマンだけがあって、それが自分の子どもへの代償欲求として出てくる。
***
この指摘はわかる。同じことを裏返していうと、自分がやられて嫌だったことは子どもにはしたくない、ということでもある。(だから甘い親とも言える)

ルサンチマン:弱者が強者に対する憎悪や復讐心を鬱積させていること(ニーチェ)。

明治生まれの祖父母、戦中派の父母は強者だった。団塊の世代の人間だったら、それは骨身に沁みているだろう。

(3)少子化対策を何故しなかったか。
上野説:
日本の保守政治家が日本の「家族制度」を死守したかったから。家父長的、男性優位社会の維持が大切だったから。

また、長期的合理性で考えれば、安定雇用こそが少子化の歯止めになり国家の利益になるのに、日本の経済団体は短期的合理性でしか経営を考えていないから、労働力を使い捨てにする。

本書は「介護保険」についても、論じているが、この論点は割愛。2点だけ、へぇと思ったこと。

@介護を誰に頼みたいか、で今や「嫁」は最下位とのこと。
A介護保険は介護される方ではなく、介護する「家族」が強く望んでできたこと。

上野さんのあとがきに共感。

「私たちは、原発をやめさせることもできず、ジェンダー格差をなくすこともできず、階層格差と貧困が拡大するにまかせ、今日の体たらくを招いてしまいましたが、だからといって座視していたわけではないのです。

私たちは社会を自分たちの望む方向へと変えられなかったおのれの非力を嘆きますが、それでも私たちの中には、原発の今日を予想していた者も、その阻止のために闘った者も、ジェンダー公正のために声を上げた者も、草の根の互助のしくみを作るものも、いたのは確かです」

どの部分にムカっとしたか、は内緒です。
3

2012/4/18

体調不良時の友はテレビ  テレビ番組

3月中旬に背骨を傷めて以来、発熱、腹痛、年度末の忙しさから肩こり、手のしびれ、と不調続き。

家に帰ってくると、ぼーっとしていることが多い。

そんな時の友はテレビ。

でも、見たいテレビ番組がない。

「カーネーション」は実質3月3日で終了だったし、外国ドラマの「グッドワイフ」も終わってしまった。

が、「タイムスクープハンター」のシーズン4が始まった。取り上げる題材が面白くて、相変わらずテンポがよい。「今日は、あの番組がある」と楽しみなのは、この番組くらいだ。

「キック・オフ・マリノス」も「やべっち」も、マリノスが不調だとイマイチ楽しくない。

そうそう、「ミス・マープルシリーズ」は録画して、ゆっくり見た。

以前のマープルはアナログで、画面も鮮明じゃなかったから、曖昧ででぼやけて、どこか別世界的な印象があった。

だが、今回のは画面がクリア。殺人事件が凄惨に思えた。人が死にすぎるよ。ミスマープルってこんなに人が死んだっけ?と嫌になった。

ただ、ロケ地もきれいで、城館、調度品、インテリアも豪華だった。ティタイムのコーヒーカップやお菓子も見るのは楽しかった。

ミスマープルの老女ファッションも参考になった(笑)。帽子や手編みセーターなど。それと若い女性の50年代ファッションも楽しめた。

有名俳優さんたちも出ていたしね。

事件の中では「ポケットにライ麦を」「チムニー館の秘密」が原作を読んでいたこともあって、比較的冷静に見ることができた。

「鏡は横にひび割れる」は終わりの方になって「あれ、これどこかで見たような」と思った。

エリザベス・テーラー主演の「クリスタル殺人事件」ですね。

NHKで放送するポアロもマープルも見終わった。これからの楽しみは「シャーロック」の第2弾!日本ではいつ放送してくれるのだろうか。夏ころ?待ち遠しい。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ