2012/9/8

オペラ録画を見てる  音楽

パソコンに向かっている姿勢が、足付け根痛・腰痛に一番悪いようだ。

10分だけ、パソコンに向かう。何日かに分けて書いた。

今、家にいる時は、できる最小限の家事をノロノロとやり、あとは、痛くない姿勢を工夫しながら、ボーっとテレビを見てる。

でもサッカーは、代表戦もマリノスの選手が出てないと面白くないし(見たけど)、マリノスの試合は録画しても見ないで消す。TVK「キック・オフ・マリノス」もテンションが下がる。

で、録画したまま未見のものを見る。ほとんどがクラッシック。とりわけオペラだ。

NHKBSプレミアムのオペラ、WOWOWのメトロポリタンオペラが録り貯めしてある。こういう時でもないとなかなか見ることがない。

今年イギリスロイヤルオペラ「トスカ」を見て、ヨナス・カウフマンという美形テノール歌手を知った。思わぬ発見がある。

今回は、エクサンプロヴァンスオペラ公演の「フィガロの結婚」とメトロポリタンの「ワルキューレ」「イル・トロヴァトーレ」

「フィガロの結婚」は知っている曲が序曲と「恋とはどんなものかしら」だけ。この曲は恋にあこがれる若い娘の曲だとずっと思っていたら、小姓の若者が歌う歌なのね。

話が長くて、何回かに分けて見た。まだ、堪能するまでには至っていない。

「ワルキューレ」。有名な「ワルキューレの騎行」は「地獄の黙示録」の影響か、男の人が馬に乗っているのだと思ってた。これは女性なんですね。

知らないことばかり。

この「ワルキューレ」はセットが秀抜だった。この舞台芸術の才能にひたすら感嘆。世界には本当に才能ある人たちがいるんですね。

長い長いオペラなので、これも何回かに分けた。ヴォータン役の方、台詞だって覚えるのが大変なのに、まして歌だから!!超人的だと思った。「トスカ」でスカルピア役をしていたターフェルさんですね。

ジークムント役はヨナス・カウフマンで、やっぱり際立ってかっこいい。もちろん歌も。
クリックすると元のサイズで表示します
(カウフマンの画像を検索したら驚くほど沢山ある!)

これはもう一度見ないと、よくわからない。長い割に印象的なアリアが少なかった気がする。

次いで「イル・トロヴァトーレ」。

WOWOWオペラのテーマ音楽は、このオペラの中の「鍛冶屋の合唱」だったのね。映画にも数多く使われているし、聴いたことのある曲だ。

このオペラは聴きどころが満載だった。歌手が素晴らしかった。(これは単なる好みだけど、ソプラノ歌手の声があまり好きではなかった。後はもう圧巻)

話もドラマチック。出演者(歌手)達が「登場人物みんな『クレージー』」と言っていた。陰惨な話でもある。

有名なのがテノールが歌う「見よ怒りの炎を」。すごくかっこいい。テノールの歌も圧倒的だけど、「武器を取れ」と歌う男声合唱も迫力。これ、サッカーの応援歌になってないんですかね?アイーダやナブッコの歌はサッカーで歌われるのだから。

パヴァロッティの「見よ怒りの炎を」を貼っておく。
http://youtu.be/T0_UG2UnM7o

このオペラの中で特に目と耳を奪われたのは、ディミトリ・ホヴォロフトスキー。(wikipediaではホロストフスキー)

白髪というか、プラチナブランドで、一度見たら忘れられない。見た目もだが、バリトンの陰影ある、豊かな声。彼の歌の後の「ブラボー!」は熱狂的だった。

クリックすると元のサイズで表示します

幕間のインタビューでは快活で気さく。このオペラの敵役で、傲慢、色悪・いやらしーい感じとは全然違うのが面白かった。

少しずつ、オペラのあらすじを知り、歌を知り、歌手を知ると、高かった壁も少し低くなった気がする。

お金を貯めて、いつの日かカウフマンやホヴォロストスキーの出るオペラを見に行きたいと夢想している。

(どういうわけか、女性歌手にはあんまり惹かれない。高い声がキーキー聴こえちゃうからですかね。むしろメゾソプラノの方が好き)

1

2012/9/6

もう8年  

何気なく、blogの過去ログを見たら、初めての記事が2004年8月17日だった。

もう8年も経ったのか。最初の方の記事はアテネ五輪だ。今年はロンドン五輪だもん。月日の経つのは早い。

8年間同じような事ばかり書いているけど、読んで下さる皆様ありがとうございます。

またコメントや拍手コメントもありがとうございます。励みになりますm(__)m

(ipadから投稿)
1

2012/9/5

横浜まで  生活

整形外科へ行き、痛み止めと湿布をもらって来た。痛みは少し良いようだ。痛みが和らいだら、じっとしているより歩いた方が筋肉の凝りが取れるのではないかと思った。

久しぶりに横浜駅まで。ポルタにシャレたイタリア食品のお店があるのに初めて気づいた。店内を見るのが楽しかった。デパートは秋の装い。まだ暑いので、秋服はパス。

ついでにマリノスタウンまで足を伸ばした。もう練習は終わっていて、選手はそれぞれシュート練習したり、パス交換したり、フィジカルトレーニングをしていた。

ウチを出た頃は湿気がすごくて日差しも厳しかったが、マリノスタウンは風があった。

ところで、マリノスの経営危機に対して、サポーターも友達チケットを購入して応援しようという呼びかけがある。

友人を連れて行くのは今は諸般の事情で難しい。なのでグッズ購入で貢献する。今日も数点お買い上げ。ま、ささやかなものだけど。

ついでに109シネマズで「最強の二人」を見てきた。レディーズデイということもあったろうが、かなりの入りだった。こんなにいっぱい人が入るのは、最近見たことがない。少ないスクリーン数にしては観客動員数が多いそうだ。

テーマは私の苦手なものだったのだが、スピード感ある演出、俳優の魅力、音楽ですごく楽しめた。品格ある人々の話なので、見終わった後も爽やかだった。

なのに、帰り道、学校そばの小さな交差点で、怒鳴る白髪の男性。若い女性二人に対して「あんたら、学校関係者だろうっ!信号無視していいのか!」女性達が「すみません」と謝っているのに、くどくど、「だからな、日本がだめになるんだ!」「学校がそんなでどうする!」

しつこいしつこい。10分以上怒鳴ってた。

住宅街のちいさな道路、あまり車も通らない。一言、「信号は守れよ」と言えば済むことじゃない。いるよね、こういう親父。相手が女性で若くておとなしそうだと、居丈高になる人。

今日の映画に登場する人々のように、相手がだれであれ敬意を持って接したい。

まして信号は自己責任で渡ればいいよ。私は交差点に子どもがいる時は信号を守るけど、後は安全確認して普通に渡る。

トルシエも日本に来た初めの頃「日本選手は車が来なくても信号守る。自分で判断しない」と驚いていたね。

いや、信号守る守らないの話じゃなくて、学校関係者、若い女性に対する老人の理不尽さがとても気分が悪かったという話。

2

2012/9/1

ガタガタ  

9/2追記:自分のケガのことを書いたのだが、まるで、FC東京戦のマリノスを語るような題名になってしまった。

一挙に順位が落ちて10位になった。いつもの安定の中位。しかし「いつもの」「やっぱりね」落胆の気持ちになってはいけない。その安穏さが中位定着を許してきた。

サポーターがいつも言ってる「俺がやってやるって気持ちが大事さ」。そういうことだと思います。

以下、本文です。
*****

今年ひどい尻もちをついて、背骨を痛めて以来、いろんな所が不具合だ。

腰痛も起こしたし、首痛もあった。

昨日からは、足の付け根が痛む。立っていても痛いし勿論歩いても痛い。。横になっても痛い。。足を伸ばせない。曲げても痛い。

椅子に座っても痛い。椅子の座面後方にクッションを置いて、骨盤を立てるようにするとやや痛みが和らぐような気がする。でも長くは座っていられない。

なので、痛みが収まるまで、blogの更新休みます

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ