2012/9/14

一応行きましたイラク戦  サッカー(代表)

イラク戦は早々チケットを確保。

でも足を痛めてしまい、埼玉スタジアムは遠すぎるし、あきらめようと思った。だが、チケットを譲る先が見つからない。

チケット代を無駄にするのは癪だなぁ。電車にずっと座って行って、パスで埼スタまで行き、帰りは早めに出てゆっくり歩けば大丈夫かなぁ。早めに浦和美園駅に着けば、座って帰ることもできそうだ。

で、行くことにした。バイト先から浦和美園へ。

栗原勇蔵選手も出ないし、テンションは低め。代表への思い入れのピークは過ぎてしまったのかもしれない。俊輔や中澤がでない代表なんて。

あんまり熱心に見てなかった。香川がいないことに気付くのも遅かった。

最初の方イラクの攻勢。ジーコにしては組織的な攻撃じゃないか、なんて思った。イラクの選手はどこで練習しているのだろうか、とか、中東のリーグにいるのだろうか、などと考えてた。

結構ヒヤヒヤ場面もあったが、川島に拍手。

(写真も一応iphoneで撮ったのだが、前の方の頭頂部が写っているので掲載できない)

周りにお知り合いがいたので、おしゃべりもした。「マリノスの試合に比べると代表は時間が過ぎるのが早いなぁ」には笑った。

(知り合いと会えるので、代表選はやっぱり魅力的)

代表選手は身体が強いし、バランスがいい。倒れない。

目の前のCKは遠藤。遠藤は20代初めより今の方が断然かっこいいなぁと思った(プレーよりそっち?)

CKのたび、俊輔のCKを想った。

(今日はYoutubeで俊輔プレー集を長々と見てしまった)

前田のゴール。前田が点を取ると嬉しい。代表関係では不遇だったから(前も言ったか)

本田はいつもの(私の知っている)本田だった。

後半30分で席を立った。残念だけど仕方ない。マイクは見たかったけど。

スタジアムの外に出ると、もうかなりの人がスタジアムを後にして駅へ向かっていた。

途中何回か歓声が聞こえたが、ゴールという感じではなかった。結局1−0で勝利。勝ち点が大切。

若い観客たち、彼らにはワールドカップに出場するのが当たり前なんだろう。そういう意味でも時代が変わって私の出る幕ではないのかもしれない。代表観戦・応援は引退しようかなぁ。

日本代表は勝ち点で首位、ブラジルがぐっと近くなった。ただ中東アウェイが残っているから、ここが関門。あんまりハラハラしないで、早めにW杯出場を決めてもらいたいと思っている。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ