2012/10/12

KOM天皇杯&昔話  

この後深夜、日本代表対フランス代表戦がある。

今の時間に起きているということは、明日朝4時起きは無理だ。勇蔵くんはサブなんでしょう?

フランスの選手もほとんど知らないし、無理する必要はないな。フランス代表98年〜02年くらいまでは全ポジションの選手名知っていたのにねぇ。

今日は「キック・オフ・マリノス(KOM)」を楽しみにしてた。

広島戦前のイベント紹介はよかった。いつも開始ギリギリに行くので、イベントのことはほとんど知らないのだ。

パラリンピック代表土田選手の姿も映った。本当に素晴らしいアスリートで尊敬している。

そして、天皇杯のハイライト。俊輔のFKはもう何度目だろう。スカパーの速報天皇杯の映像はコマ送りをして見た。

最初のは相手の壁を超えると急に落ちて、ゴール内ぎりぎりでワンバウンドして入った。スタジアムで見た時は枠に当たって入ったのかと思ったが、違った。

2ゴール目は、GKの逆を突いたのがよかったのかもしれない。コース的にはちょっと甘い。でも凄いスピードで、少し落ちて入った。

NHKの天皇杯ハイライトでは、終盤、サイドを駆け上がって相手からボールを奪取、そのままキャプテンマークを直しながら、ドリブル、マルキにパス、の映像もあった。あの時の俊輔、しびれた。NHKはFCの得点シーンはなし。だから、これは永久保存版。

俊輔がカズに試合前握手を求めに行ったり、試合後ユニフォームを交換したり、小林パンゾーさんがカズの前で言葉を噛んでしまったとか、ほほえましいエピソードがあったとか。

中澤blog「俺っちも死ぬまでに1回くらいはあんなシュート決めてみたいわ!」も笑えたね。

ところで、横浜FCのあの巨大横断幕は日本サッカー協会から厳重注意を受けたそうだ。当然だと思う。

あの後、「ダービーの雰囲気を盛り上げて面白かった」とか、「規則だ、何だというたび、ゴール裏が窮屈になり、サッカー文化が衰退する」とか、「PTAみたいにうるさいこと言うなよ」的な意見がかなり出た。

こういう意見を言う人は、必ず、一通りの批判が出尽くした後に、「後だしジャンケン」みたいに言う。「俺らの方がよくサッカー文化をわかってるんだ」と言わんばかりだ。

もちろん、お互い挑発しあって、勝負の雰囲気を盛り上げるのは、悪くない。選手も気持ちを昂ぶらせて、より真剣なプレーをする。サッカーが面白くなる。

私はブラックユーモアは嫌いじゃない。

だけど、あの弾幕はそういうレベルじゃない。やってはいけないことだった。FIFAはサッカーでの人種差別的な言動には厳しく対応している。それと同じことだ。

横浜FC立ち上げの時のサポーターの高邁な理想を思うと、本当に残念だった。

参考のため、過去のダービー観戦記を貼っておきます。暇な方はご覧になってください。

2007年3月11日「横浜FC対横浜F・マリノス」(三ツ沢)
一夜明けて横浜FC戦
まだまだ続く横浜FC戦
この時はマリノス側がFCを挑発している。FCサポは真面目。この程度は笑いで済まされる。FCには戦力外になった奥や、奥を追った久保がいた。久保は「恩讐の彼方へ」で、マリノスのレジェンドとして、先日日産スタジアムに現れたけど。

中田前市長が来てバカ発言。恥知らずはこの時からばれてる。

2007年8月11日「横浜F・マリノス対横浜FC」(日産スタジアム)
11日「すべてに圧倒FC戦
12日「ダービーあれこれ
14日「これでお終いダービーの件
この中で、「横浜無敵艦隊司令部☆☆☆さんの「『F』の誇り」にリンクが貼ってある。この文章は必読だと思う。

この後、横浜FCとの対戦を積み重ねるのだろうか。そのたび、またエピソードが重ねられていくのだろう。俊輔のFKもまた。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ