2013/4/6

楽しい週末  サッカー(マリノス)

マリノスが強い、強い!開幕5連勝だ。しかも「守備のマリノス」が得点力のマリノス、「攻撃のマリノス」になっている。

土曜日のスポーツニュースをはしごしてニヤニヤしている。幸せ。

私が体調不良で観戦しなかったFC東京戦は同点に追いつかれながら、ロスタイム勝ち越し、今日も同点に追いつかれた後、突き放して勝った。地力を感じさせる強さだ。

スポーツニュースでは必ず「ベテラン選手がひっぱる」「おっさん選手が頑張る」と言う。

だけどさぁ。単なるベテラン選手じゃない。

日本代表の10番を海外チームにいながら8年背負い続けた選手、日本代表守備の要として世界と戦い続けた選手。Jリーグ外国人最多得点選手。JリーグMVPを獲得した選手たちだ。格が違う。

今年のマリノスは、代表でも活躍した、或いは活躍している選手だけでなく、中堅どころの脂の乗った選手たち、中町、冨澤、兵藤、小林、藤田が活躍している。強さの理由だと思う。

03、04年連覇した年も、「働き盛りの選手たちが優勝に飢えていて、名将を迎えて開花した」と言われた。

優勝に飢えている働き盛りの選手たち、という点が似ているかもしれない。

今日の広島戦で、中町、冨澤が全国区で注目を集めてしまった

(中町さんの整った眉とエクボがテレビに大映しになった! あ、兵藤は特殊能力写真で注目されたんだった)

スカパーの解説・インタビューは久保竜彦さんだった。マルキーニョスと並ぶと、2003年を思い出してしまうではないか。マルキーニョスの同点弾、久保の勝ち越し弾そして浦和のアシストでマリノスは劇的優勝。樋口監督も当時コーチだった。(だから、久保に『たっちゃん』だった)

10年前のメンバーのうち、哲也、中澤、ドゥトラ、マルキと今もレギュラーとは、立派なものだと思う。

週末は幸せ気分なのだが、03年のメンバーを考えたら、ちょっと悲しい気持ちになった。だから、ここで終わり。
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ