2013/5/31

「リンカーン」を見てきた  映画

続けて映画3本を見た。一つはシネコンで、一つは自主上映で、もう一つはDVDで見た。

シネコンは「リンカーン」だ。ずっと見たかったので、ようやく見に行けたという感じ。第一回目の上映だったので、観客は20人いたかなぁ。

この映画は「ザ・ダニエル=デイ=ルイス」でした。圧倒的。

アカデミー賞でも「賞レースに絶対はない、と言われるが、ダニエル=デイ=ルイスは絶対確実。抜きん出ている」と言われていた。

映画の見どころはダニエル=デイ=ルイス。

映画音楽はおなじみのジョン・ウィリアムス。今回はとても格調高い静かな音楽だった。
共演陣ももちろん見事だった。見知った俳優もいるのに、ちゃんと南北戦争時代の人に見えるよねぇ(と言っても南北時代を知らないから、要するに現代人のようではない、と言うべきか)。

この映画はリンカーンの生涯のうち、「奴隷制廃止の憲法修正13条」をめぐる議会の攻防2か月間だけを描いたものだ。

予備知識なく行ったので、これがそもそも意外というか、ちょっと拍子抜けだった。だが、議会の投票場面はスピルバーグらしく、結果はわかっていてもハラハラさせられた。盛り上げるのが上手い。

昨今の情勢と照らし合わせて、政治的リーダーは「理想を語るべき」とつくづくと感じた。自由、平等、博愛。

「博愛」。「人間愛」「隣人愛」=人として普通の感情。
リンカーンが奴隷制廃止を主張するのは、鎖でつながれた黒人たちの悲惨な姿を見たことが原点になっている。それは映画「アメージング・グレイス」で描かれたウィリアム・ウィルバーフォースの姿に重なる。彼の行動の原点は奴隷貿易船での黒人たちの悲惨な状況にあった。

(ただしリンカーンはアメリカ原住民インディアンに対しては残酷だったとのことだ)

それと、言葉の深さと豊かさ。要するに教養。日本は今、露悪的な言葉がもてはやされる。建前への嫌悪はわかるが、本音を言えば良いわけではない。やはり、人間社会が積み重ねてきた人智というか、思想哲学への尊敬は失ってはならないと思う。

一方でリンカーンは政治家としてのしたたかさもある。「方位磁石」の話が印象に残っている。磁石は「北(正しさ)」を常に指し示す。しかし、磁石はそこに到達する道に、岩山があるか沼地があるか砂漠があるかは教えない。われわれは北へ到達するために、岩山を上り、沼地を避けなくてはいけない。正しい道に到達するには回り道も、妥協も、必要だということ。

それと、リンカーン家で働く黒人女性の「私たちはずっと戦ってきたのです」という言葉は重いと思った。抑圧されてきた人々はずっと戦ってきたのだ。今も闘っている。

冒頭の南北戦争の殺戮シーン。戦争とは殺人だ。簡単に「戦争」を語ってほしくないと思う。
0

2013/5/28

J1中断期間(訂正)  サッカー(マリノス)

鳥栖戦を終えて、マリノス、というか、J1※は中断期間に入った。前半戦、2位(実質は3位?)。シーズン前の不安が嘘のような成績だ。

(※指摘があったので訂正しました。ありがとうございました)

(大宮が強すぎるよ。「大宮一位」と言うのはさすがに誰も予想しなかったろう)

本当は、最近の浦和のように大量得点で、安心して見ていられる試合がいいのだが、それはマリノスファンになった時点で、考えてはいけないのだ。1−0で勝つ大人のサッカーがマリノスだ。とはいえ、心臓によくないわ(小心者)。

クリックすると元のサイズで表示します
そごうで開催されていた写真展にも行った。優勝シャーレが3枚。もう一つを加えたい。

〜〜いつも写真展で、「松田直樹選手」の雄姿を見るたび、悲しくなる〜〜

昨日は俊輔の記事があるというので「東洋経済」を買った(俊輔記事以外は読むところなし。いや、「日本の富豪」記事は読んだけど

マリノス好成績と俊輔の好調ぶりでメディアの露出が増えている。いいことだ。

(三栄建築設計さんの株価操作事件はどうなったのだろう。困った問題だ)

さて、明日は代表の練習試合。勇蔵が出ないかなぁ。

そして6月4日はいよいよW杯最終予選オーストラリア戦だ。チケットは確保済み(ヤフオクでは高値がついているらしい)。

はるばる埼玉スタジアムまで行く。W杯出場を決めたなら、選手がピッチ一周する時まで残っていたいが、多分無理。早めにスタジアムを後にすることになるだろう。

梅雨入りしているだろうから、雨が降らないといいな。

その後は6月16日の復興チャリティマッチに行く。

復興とついているので、宮城スタジアムでやるとばかり思っていた。ベッカムが参加するという記事で、「国立開催」と知った。

「国立でやるの?」「もちろん俊輔は出場する」、それじゃ、チケットは取らなくちゃ、というわけで即購入。

ベッカムはとうとう一度もプレーを見ないうちに引退されてしまった。引退後とはいえ、もし見られるなら、嬉しい。でも、一番は俊輔だよ。

2

2013/5/25

4月放送中島みゆきの歌  音楽

4月に中島みゆきのテレビ番組2本を録画した。NHK「SONGS」、WOWOW「歌旅」(訂正しました)だ。

「SONGS」は「時代」を取り上げていた。何十年も歌い継がれ、人々を励ましてきた。特に東日本大震災後には、多くの人々の心に深く沁みいったという。

この中で、興味深かったのは、八神純子さんの話。中島みゆきさんが世界歌謡祭に出場した時、2年連続で出場、この年は絶対グランプリを取る、との意気込みだったそうだ。しかし、結果は中島みゆきの「時代」がグランプリ。八神さんはその日ホテルで泣き、以後「時代」は絶対に歌いたくない歌だった。

長い年月を経て、ようやく歌えるようになった。被災地でも歌うという。

彼女は伸びのある美しい声で、リズム感も豊かでヒット曲も沢山ある。実力シンガーと思う。

けれど、彼女の歌う「時代」は意外にもよくなかった。陰翳に乏しく、唱歌のようだった。一青窈の方がずっと良かった。

中島みゆきの声は美声ではないが、ニュアンスが多彩で、表現力が豊かなんだと改めて感じた。

コンサートのドキュメンタリである「歌旅」は好きな歌が沢山入っていた。
録画したものを聴いていたら、眠ってしまった。後で確かめたら、曲名は知らないが、途中に「アザミ嬢のララバイ」が入る歌、その歌を聴いていたら気持ちよくて寝てしまったようだ。まさにララバイだった。

WITH、誕生、ファイト、糸、一期一会、その他いろいろ。繰り返し録画を見ている。

本当に稀有の歌手だと思う。
2

2013/5/23

橋下発言抗議院内集会  

5月22日「女性の人権を尊重する政治を!橋下発言に抗議する緊急院内集会」に行ってきた。twitterでこの集会を知って、友人に一緒に行かないかとメールしたところ、旅行中とのこと。それで一人で行ってきた。一人でも多く意思表明をした方がよいと思ったからだ。「枯れ木も山のにぎわい」だもん。

地図や路線図など下調べをして、出かけた。永田町出口1から外に出ると、すぐ参議院議員会館だ。女性たちが中に入って行くのでその後について行った。金属探知機で手荷物検査をして空港にあるようなゲートをくぐった。ロビーへ行くと入館証を配る人たちがいたので、一ついただく。ICカードを改札口のような入口でタッチ、ようやく入場。

講堂へ近づくと、受付で既に行列だった。席も埋まっていたので立ち見を覚悟したところ、追加の椅子が運ばれてきた。どうにか着席できた。入館証は300用意したが足りなくなり、まだ70人以上が行列していると司会者から報告があった。

最初の方は議員の挨拶。民主党は参議院選挙を意識しているね。ちょっと白けた雰囲気。維新に投票する有権者が悪いみたいな言い方もあって、それは上野千鶴子さんが後で「政権に居る時やるべきことをやらなかった」と民主党を批判していた。

それでも、いわゆる「2007年閣議決定」について、辻元議員が「あれは私の質問主意書への回答で、主旨を二重にも裏切っての悪用」、「この後更に8本の質問主意書を出して、『強制はなかった』と言うようなことは二度と言わせないようにする」と発言したのがよかった。

(追記:この件に関して上野千鶴子「安倍閣議決定の謎」参照)

次々と発言する女性たち。つくづく、感じた。世の中で大きく取り上げられることはないけれど、社会の津々浦々で、女性やマイノリティ、権利を保障されていない人、権利を奪われようとしている人、差別されている人、傷ついた人々のために地道に活動している人たちがたくさんいるということ。決して楽なことではない。長くじっくりと腰を据えた活動をしている女性たちがこんなにもたくさんいることに感銘を受けた。

どの発言も重みがあった。

集会の模様は映像にあります。
「アジア女性資料センター」HP
 ⇒5/22緊急院内集会 映像・資料

その中で、北原みのりさんの発言が印象に残った。映像では1時間10分あたりから。

「怒りで眠れない。男ってそういう生き物だと社会に橋下発言を受容する土壌がある。私は『男はそういう生き物だから』と言う男は、家の中のお父さんがそうでも、上司や同僚がそうでもすごく嫌だ」「レイプ神話のように男とはそういうもんだと胡坐をかく社会か、男性優位社会では起こりがちで犯罪だと認識されにくいのだと考えるかで、事実の見え方が違ってくる」「橋下発言を受容する土壌を変えていくためにもっと怒るべきだ」

性暴力救援センター大阪の加藤治子医師の話も重い話だった。踏みつけられる女性たちのこと。

当日の緊急アピールを以下に掲載します。
**********

橋下大阪市長・日本維新の会共同代表は、5月13日、「慰安婦制度が必要なのは誰だってわかる」「海兵隊の性的エネルギーを解消するためにもっと風俗業を活用するよう進言した」等と発言しました。国内外からの大きな批判を受けても、橋下氏は表面的な弁明を繰り返すのみで、いまだに発言を撤回せず、責任を取ろうともしていません。

 橋下氏の一連の発言は、筆舌に尽くし難い日々を生き延び、今なおPTSDに苦しむ日本軍「慰安婦」被害女性や、今日も起きている性暴力の被害者たちの尊厳を著しく傷つけるものです。戦争を遂行するためには、女性を性欲処理の道具として利用することもやむをえない、という考えが、自治体の首長であり政党の代表である人物の口から平然と表明されるとは、心底おそろしいことです。このような人物が政治に携わり続けることは、とうてい受け入れられません。

しかし、その後も西村眞悟議員による「韓国人」女性を侮蔑する発言など、加害責任の否定と根深い差別意識にもとづく公人の人権否定発言が続いており、決して橋下氏ひとりの問題ではないことが明らかになっています。とりわけ、橋下氏の発言について明確に批判しないばかりか、自ら「従軍慰安婦に狭義の強制の証拠はない」と述べたり、「河野談話」の見直しを示唆するなど、「慰安婦」問題に関する日本政府の責任を否認してきた安倍晋三首相の責任は厳しく追及されるべきです。

橋下氏の発言は、また、「慰安婦」問題の責任否定が、今日における女性の人権軽視と深くつながっている事実をあらためて突きつけています。沖縄の海兵隊による性暴力を、「男性兵士の性的エネルギーの解消」の問題としか捉えずに「風俗の活用」を主張する橋下氏は、占領地における軍人の性暴力対策として「慰安所」を設置した旧日本軍とまさに発想を同じくしています。これは、男性の性欲はコントロールできないという神話にもとづいていますが、こうした考え方のもとで、男性の性暴力は容認される一方、女性は、自らは性的欲求をもたず、男性の欲求に応えるべき存在とみなされてきました。このような性的偏見を維持したまま「風俗」を男性の性的欲求のはけ口として活用すべきと主張することは、「風俗」ではたらく女性たちに対する性暴力を容認することになりかねず、女性を「“貞操”を守るべき女性」と「“性の防波堤”となるべき女性」とに分断し、差別することにもつながります。性的自由はすべての人がもつ普遍的な権利であり、私たちは、外国人女性や「風俗」に従事する女性たちに対する差別的扱いを決して認めません。

これまでも公人による差別発言がくりかえされ、そのたびに容認されてきました。もう、このようなことを許すわけにはいきません。私たちは橋下市長に対し、発言の撤回と謝罪、辞職により、多くの人々を傷つけ侮辱した責任をとるよう求めます。また、日本政府に対し、国連人権条約にもとづいて、橋下氏ら公人による人権否定発言に対して明確に反論し、差別と偏見を是正する責務を果たすように求めます。そして「慰安婦」制度が日本軍による戦争犯罪であった事実を認め、被害者に公式謝罪と個人賠償を行って問題解決にあたるよう求めます。この事実を教科書にも記述し、次世代への教育にも努めなければなりません。

最後に、日本軍による性暴力や、沖縄における米軍の性暴力の頻発は、戦争と軍事化が、女性に対する暴力と密接な関係にあることを示しています。私たちは、戦争ができる国をめざす憲法改悪を拒否し、あらゆる女性と男性の人権が実現される政治を求めます。

2013年5月22日
「女性の人権を尊重する政治を!橋下発言に抗議する緊急院内集会」参加者一同
2

2013/5/22

橋下発言抗議署名・集会  

橋本発言への抗議署名はこちら

こちらのページから画像をクリックして、署名画面へ進んでください。
⇒ http://www.ianfu-kansai-net.org/index.html

これが署名のページですが、うまくリンクできてないかもしれません。
橋本市長に謝罪と辞任を求める抗議文に賛同してください。」

集会はこちら
女性の人権を大切にする政治を!橋下発言に抗議する緊急院内集会 」賛同221団体(最終的には22日昼までで235団体)

日時:5月22日午後3時から5時
場所:参議院議員会館 講堂
(地下鉄有楽町線「永田町駅」、丸の内線・千代田線「国会議事堂前駅」南北線「溜池山王駅」)


1

2013/5/21


すっかり遅くなって記憶も薄れているが、一応書いておこう。勝てなかったなぁ・・・

俊輔の表彰があるというので、いつもよりちょっと早めに出かけた。

クリックすると元のサイズで表示します
月間MVPと月間ベストゴールを受賞。

三栄建築設計社長さんの挨拶は最初に仙台へ「東北に力を与えているチーム」と讃えたたので、仙台から大きな拍手があった。マリノスゴール裏からは「ありがとう」とスポンサーへの感謝の弾幕が掲げられた。

試合開始。水曜日にナビスコの試合のあったマリノスと、なかった仙台では明らかにコンディションの差があった。俊輔でさえ、ボールに足がつかず、奪われる場面があった。マルキーニョスも重かった。オフサイドによく引っかかるのは、ラインの上げ下げへの対応をさぼるからとのこと。

前半は押されっぱなし。バックスタンド側(左サイド)攻撃が多かったと思う。特に赤嶺には嫌な思い出があるから脅威だった。好調時のように中町・冨澤でボール奪取という場面が少なかった。

でも攻撃もドゥトラ側が多かったような気がする。仙台サポの分析で、俊輔が左サイドにポジションを変更したので、攻撃が増えたとのことだった。そうなのか。

前半は耐えて0点。

試合開始時は暑かったのに、スタジアムは風が強いこともあり、段々肌寒くなってきた。長袖上着を着て、ひざ掛けも出した。

後半開始から「一人一人の気持ちを合わせて〜」の歌が始まった。この歌は気持ちが高揚する。10分くらいまでは私も歌っていた。選手にもサポーターの気持ちが伝わっていたと思う。それで、選手が攻勢に出た時、すかさず、「ドンドン来い!」で後押ししてほしかったと思うんだよね。その時も「最高の場所へ」を歌い続けていたから、メリハリがなかった。20分も歌っていたらしい。

柳沢のシュートには肝を冷やした。入らなくてよかった。その後も仙台はクロスとか、シュートとかFKとか不正確なので助かったよ。

哲也が太田と接触して起き上がれない。何が起きたか、わからなかった。一度立ち上がったがダメ。仙台サポのブーイングはひどいと思った。0−0で時間稼ぎをするわけないじゃない。

六反に交代。哲也の診断結果は出たのだろうか。心配だ。

六反は実力者なのでプレーに不安はなかった。2度ほど危ない場面を防いだ。背が高いというのはいいよね。

哲也の治療場面。俊輔は中町や冨澤と話し合っていた。その輪に更に選手が加わり5〜6人になっていた。俊輔現場監督。中澤も学に声をかけていた。

学は、倒れないでほしいと思う。倒れてファウルを取ってもらえないと不満そうな態度だったり、悔しがったりしているけど、すぐに立ち上がって、プレー続行してほしいと思う。

哲也交代後、マリノスは選手の「勝ちたい気持」をビシビシ感じた。応援も盛り上がった。バックスタンドもみんな懸命に手拍子していた。

俊輔のループは入ったと思った。風の影響だったのか。その後のマルキのシュートは大きくはずれた。

藤田はポストプレーが本当に安定している。マルキーニョスでなく、藤田をもっと使うことはできないのだろうか。藤田はまだ樋口監督の信頼を勝ち得ていないのか?

結局0−0。上位はみんな勝ったので、引き分けはもったいない。試合内容から言えば、「よく引き分けた」なんだけど、勝てるチャンスはあった。勝たなくてはいけなかった。

まだ、もう一つ足りない。優勝のためにもう一つアクセルが必要。

樋口監督にもう少しの大胆さがあればなぁと思う。勝負師の大胆さ。それさえあれば大監督になれると思うのだけど。

サンデースポーツ(NHK)で俊輔の特集。絶対優勝したいよね!

COOL JAPAN FOOTBALL(フジTV)の俊輔FK教室。まぁっ〜たく何んて選手なんだろう。世界的名選手のFKを事細かに解説しながら、実際に蹴ってみせる。マリサポから「中村大先生」と呼ばれてるけど、坂本龍一を「教授」と呼ぶように、俊輔も「中村教授」と呼んでいいと思う。
3

2013/5/18

Jリーグ20年とかいろいろ  サッカー(マリノス)

5月15日はJリーグ開幕20周年だった。開幕試合はマリノス対ヴェルディ。オリジナル10のうち、ずっとJ1なのは4チームになってしまった。マリノスの伝統は本当に誇らしい。

20周年のベストイレブンに川口、井原、松田、中澤とGK・DF陣が選ばれ、俊輔も勿論選ばれている。これも堅守マリノス+稀代のファンタジスタ(代表10番)だから、嬉しい、誇りに思う。

ベストゴールのレオナルドは納得。長女がレオ様ファンで鹿島のファンクラブにも入っていた(レオ様移籍と同時にやめた)。

「やべっち」のJリーガーが選んだ名シーンベスト1はストイコビッチの革靴ゴールだった。あれはスタジアムで見た。唖然だった。でもいいものを見せてもらいました。

Jリーグのベストゲームはマリノス以外はほとんど印象にない。
マリノスは3試合。私が観戦したのは03年磐田戦だけだ。川崎が2試合もあるのは組織票?全く印象にない。

Jリーグ開幕試合はもちろんテレビ観戦。

近所の女子高生がこの試合を見に行って、途中ダフ屋に「チケットを売ってくれ」としつこく言われたとか、チアホンをプープー吹いたとか、すごく楽しそうに話していた。あの当時はチケットが入手困難、それに、まだ子どもたちも小さかったので、スタジアムにはなかなか行けなかった。

その5月15日、マリノスはナビスコ磐田戦があった。松永コーチや解説・水沼さんのチャントも歌われたという。昔の「ウィアーマリノス」も歌ったそうだが、これ、ガンバがよく歌っているものですよね。ずっとガンバのものだと思っていた。マリノスの方が先にこの歌を使ったそうだ。

この試合は快勝、行けたらよかったのになぁ。勝利インタビューも楽しそうだった。楽しそうというと、マイク、狩野、小宮山3人のお立ち台「超バモス」(07年か)を思い出す。3人ともいない。なんか切ない。

名古屋もハラハラドキドキの試合だった。もう見てられないよ。でも哲也の活躍で勝利をつかみ取った。ありがとう。

ところで、ベッカム引退。とうとうベッカムのプレーを直接見ることはなかった。残念だ。華やかな話題に包まれていたけど、インタビューとか聞くと素朴な人柄だなぁと思うことが多かった。

さて、今日は仙台戦。負けてばかりだから、絶対勝ってほしい。

昨日新横駅で仙台チームに遭った。最初サラリーマンの集団だと思ったのだが、バッグがブランドだったり、背が高かったり、引き締まっていたり、サラリーマンじゃないや、とよく見たら、赤嶺がいて仙台だと分かった。赤嶺には本当にやられっぱなしなので、顔は忘れない。柳沢もいたので、間違いなく仙台と確認。みんなかっこいいね。でも、マリノスの方がカッコイイよ。

試合は、絶対負けない。勝つ!
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ