2013/5/3

日本の民主主義の危機  生活

時代が崖を転げ落ちていくように、悪い方へ向かっている。民主主義の危機と思っている。

今日は憲法記念日。戦後日本を支えてきた宝物だ。女性の参政権だって、男女平等だって、この憲法で初めて権利として認められたのだ。

アベ(呼び捨てにする)は参院選挙は改憲を争点とすると言っている。

改憲は自衛隊と「国軍」とするだけ、と思っている人が多いのではないだろうか。

違う。民主主義の自殺。日本の輝かしかった「戦後」の平和と成長を担った民主主義と平等(=中流意識を見よ)を日本人自らが葬り去ろうとしている。

自民党の改憲案を読むといい。自民党は自由主義諸国から離脱を図っているようだ。

ニコ動のイベントで迷彩服を着て戦車に乗るアベが報道された。あれを馬鹿にして笑う人がいる。笑い事ではない。もっと危機意識を持つべきだ。

白昼堂々、「殺せ」「レイプしろ」と在特会が新大久保でデモをしている。こんな民族差別、人種差別、ヘイトスピーチが堂々と行われる国になってしまった。心ある人々が抗議の声をあげているが、知事や閣僚など地位ある人々から問題だとする発言がない。

(前回の大統領選挙の時、共和党マケイン候補は「オバマはイスラム教徒で、テロリストの仲間」と言う支持者に「違う、彼は家族を愛するわれわれと同じアメリカ人」とはっきりと言った。支持者をたしなめたのだ。今そういう政治家が自民党にいるのか)

株価が上がって「アベノミクス」と喜んでいるうちに参院選挙があり、野党がだらしないから、自民党が大勝するだろう。改憲は日程に上がってくる。

姑息なことに、96条を変えることから始めるという。そんなに「改憲」が重要と言うなら、今のままで、国会議員も国民も説得すればいい。卑怯者め。

更に、一票の価値の問題で憲法違反状態、投票率戦後最低で、これを進めるというのだから滅茶苦茶な話だ。

アベが「改憲」「戦後レジーム」に固執する理由は、アベ個人の「暗い情熱」じゃないか。国のことも、国民のことも、それこそ天皇一家のこともまったく眼中にない。偉大なおじいちゃん(&叔父さん&お父さん)に認められたい?乗り越えたい?或いは60年安保のトラウマか。無教養のせいか。

原発のことも、私は危ないと思いつつ何もしなかった。そのことの後悔がある。だから、微力だけど、行動している。

今回のアベの個人的な暗い情熱による&誤った使命感による、カルト的な歴史観とは闘わなくてはならないと思っている。

(教育基本法改悪の時も、私としては行動したつもりだ。世の関心は低かった。教育というと進学競争しか頭にないのかな)

私はあと20年も生きないだろう。だが、私たち戦後生まれが、享受してきた自由、民主、平和、平等は、絶対に後の世代に渡さなくてはならない。上の世代は「戦争」で多くの犠牲を払い、何百万もの血を流した。その歴史を繰り返すまいという深刻な反省の上にできた憲法、そして戦後民主主義だ。

失ってから気づいても遅い。ワイマール憲法からナチスまで、大正デモクラシーから戦時体制まで、あっという間のことなのだ。ユーゴスラビアもあっという間に内戦になってしまった。

今まで、私は組織が嫌いで、一人で動いてきた。だけど、これからは仲間を頼る。グループ、組織に入れてもらおうと思っている。多くの人とつながって行動しないと、本当に日本は危ない。
5

2013/5/1

マリノスから町内会加入勧誘  サッカー(マリノス)

掲示板に↓ ↓ ↓のようなポスターが貼ってあった。

クリックすると元のサイズで表示します

すご〜く嬉しかった。町内会役員だって引き受けちゃう。

わが町内会も代替わりが進んでいる。

実家を引き継いだり、別荘を第二の人生の地にしたりして、横浜の住居を子どもたちに引き渡している人たちもいる。

うちの子どもたちの幼馴染や同級生たちが町内会役員になっていたりする。すてきなパートナーを連れていたり、かわいい子どもと遊んでいたりする。

ほんと、赤ちゃんの頃から、幼稚園、小・中学生まで知っている子たちだからねぇ。(高校生以降はよくわからない)

孫と公園で遊んでいたら、声をかけられて「※※(娘の名)さんのお母さんですよね。同級生○○です」なんて言われることもある。

ご近所さんたち、娘・孫と歩いていると、皆にこにこと声をかけてくれる。中には抱っこしてくれる人もいる。時には子育て仲間と「孫同士が遊ぶ日が来るなんて感無量ね」と話したりする。

ご近所さんには恵まれていると思う。

ピアノのこともそうだ。一応消音装置をつけ、夜8時以降は弾かないようにしていた。だが、消音装置(イヤホン)はうっとうしいらしく、昼間、子どもたちは普通に弾いていた。そのことを謝ると、「いえいえ、ピアノが聞こえてくると嬉しいの。ショパンなんかもっと弾いてほしいくらいですよ」と言ってくださった。

娘の友人は、夜泣きがうるさいと隣人から怒鳴り込まれたとか。幼児がすっかりおびえてしまったそうだ。子どもの歩く音がうるさいと階下から、再三クレームをつけられる人も1人や2人ではない。本当に悩んでいて気の毒だ。階下の人たちはまだ1歳程度の子どもの足音も許せないらしい。

うちの隣人たちは、「可愛らしい音」「元気でいい」「伸び伸び育ててね」と言ってくれる人たちだった。今もそう。

昭和30年代に子ども時代を送ったわれわれ世代は、我が家も隣近所もみんな一緒のようなものだったから、そういう感覚があるのかもしれない。「お互い様」だった。でも子ども達、昭和・平成育ちは、核家族で、地域社会が機能しなくなりつつある時代、しかも学校では「イジメ」が問題になっていた世代だ。それに、今の日本社会全体が寛容さを失いつつある。子育ても大変だ。

そんなこんなで、マリノスも進める町内会自治会。活動を活発にして、「お互い様」、「迷惑をかけるのもかけられるのも人の縁」で、寛容な、助け合えるご近所にしたいと思う。
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ