2013/5/14

ヴァイオリンコンサート  音楽

「ヒラリー・ハーンヴァイオリンコンサート」@みなとみらいホールへ行ってきた。

何故チケットを買ったのかわからない。毎月1回はコンサートへ行きたい、サッカーと重ならない日、と思って選んだのか。チラシを見て、バッハ、フォーレならOKと思ったのかもしれない。

というくらい、ヒラリー・ハーンさんについては知らない。出かける前、チラシをもう一度よく見ると「ヴァイオリンの女王」と書いてあった。ふーん、と思ったのだが、コンサートへ行って、そのことがよくわかった。人気実力とも女王にふさわしい。

いつものように音楽鑑賞ではなく、コンサート風景報告です。

会場に入ると、日曜日午後ということもあってか、いつもと客層が違う。後ろの方から見ると、いつもは白髪、グレー、光沢^o^;、という感じなのに、今回はほぼ真っ黒。若い人が多いのだ。デート?カップルも多かった。きちんとしたワンピースを着た小学生の姿もちらほらあった。

客席はほぼ満席。

ヒラリーさんは背中の大きくあいた黒のドレスで登場。チラシはロングヘアーだが、今日はショートだった。すっと立った姿がとても素敵。

曲目は、まず「27の小品:ヒラリー・ハーン・アンコール」より2曲。現代音楽だ。2曲目は現代音楽と言っても、なんだか懐かしい感じがした。リストの時もそうだったが、懐かしさを感じると亡き父母、亡き友が自然と脳裏に浮かぶ。

3曲目はモーツァルトのヴァイオリン・ソナタ。どうして、モーツァルトはこんなにも気持ちよいのだろうか。五嶋みどりさんのコンサートの時もモーツァルトで眠りそうになった。今日も頭がカクンと揺れて、「あ、いけない、いけない」と姿勢を正したのだった。

終わった後、近くの人が「いや、寝てないって」と連れに言っていたので、夢見心地になったのは私だけではないのだ、と思った。

ついで、「27の小品」から大島ミチルさんの「Memories」。きれいな曲だった。聴いていると大河ドラマとか文芸ドラマの「音楽」のようだなぁと思った。

そして、バッハの「シャコンヌ」。これが素晴らしかった!!帰りにCDを迷わず購入した。

休憩の後は「27の小品」から現代音楽2曲。現代音楽はいつもとまどう。ヴァイオリンをキィキィこすり、不協和和音や不安定な音階で不安を駆りたてて、作曲者が表現したい世界はこういうものなのか?演奏者も共感して演奏しているのか?と思う。ただ、古い音楽を心地よく演奏(再現)するだけでは芸術家は不十分だろうし、現代に生きる者として「表現」しているのだろうとは思うのだけど…。

(昨日1966年のドキュメンタリーを放送していたのだが、この音楽がまさに現代音楽だった。航空機事故の原因究明作業を追ったドキュメンタリで、事故の悲惨さ、原因の不明、不確定、手さぐり、模索、を表現するには、現代音楽が合っているのだなぁと思った。)

ついでフォーレのヴァイオリン・ソナタ。初めて聴いた。これも美しかった。楽章ごとに拍手が入って、私はあれ?と思ったのだが、このことをヒラリーさんに尋ねた人がいたようだ。ご本人は「フォーレは楽章ごとに完結してるし、それを意識して弾いている。それを観客がいい、って思ったから拍手してくれた、ごく自然なこと」と語ったそうだ。

さらに2曲。演奏が終わって、みなとみらいのお客さんはブラボーは言わないけれど、拍手は熱狂的だった。それも、どんどん拍手が大きくなっていく感じだった。

拍手が鳴りやまず、何度も出てきてくれた。アンコールは2曲。これも「27の小品」からかな。ロビー柱にアンコール曲が書いてあって、写真も撮ったけど、英語の曲で良くわからないから割愛。

最後に引き上げる時ヒラリーさんはヴァイオリンを弦で叩いて、聴衆にも拍手(サッカー選手が頭の上で拍手して観客に感謝するように)して引き上げた。

(客席を出ると、ホアイエで60代の男性が何か言い争っていた。「俺が何をしたっていうんだよ!」と大声で言っていた。コンサート中、音を立てるとか、椅子を蹴るとかトラブルがあったのだろうか)

かなりの聴衆がいなくなって、ゆっくりとロビーに降りて行ったら、今までに見たことのないほどの人が列を作っている。サイン会の列だ。係員が「ここは列の途中です」というプラカードを持って2人くらい立っていた。つまり、ロビーの中を蛇行しながら列は続き、それが入口を超えてチケットセンターまで伸びていた。すごい人気なんだなぁと改めて自分の無知ぶりを恥じた。

あれだけの量と質の演奏をして、その後、長蛇の列のファンにサインする、って芸術家も大変だなぁと思った。姿をお見かけしたが、思ったより、小柄で、そしてクールビューティというのか、美しい方だった。

今日のヴァイオリン・コンサートは、無知蒙昧なまま出かけて、すごい感銘を受けて帰ってきた。充実した演奏だった。演奏中は、レム睡眠と言うか、ただ心地よく音に浸っていた。だから、コンサート自体を思い出そうとしても、ぼんやりになってしまう。よかったなぁ、だけです。

今回も、もっと勉強しなくてはいけない、と思い、そして、もっともっと音楽を聴きに行きたいと思った。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ