2013/9/25

遅ればせながら清水戦  サッカー(マリノス)

試合からの帰り道、流れ星☆彡を見た。その時「俊輔と優勝したい」と思っていたので、この願いがかなうのではないか!と思った。年甲斐もなく乙女チックに

それほど、清水戦は「俊輔とマリノスサポーター」の気持ちが一致し高揚した試合だった。

「民衆の歌」の時から気持ちが盛り上がった(三ツ沢だとみんなの歌声がよく聞こえる)。

そして選手入場時のコレオ。自分の旗を振るのが精いっぱいで、全体は良く見えなかった。後で映像や写真を見ると、美しかった!

でも、何より「俺達は俊輔と優勝したい」のダンマク。「うんうん」と私も深く頷いた。ウルっっときたサポーター・ファンも多かったろう。ゴール裏サポーターの皆さんありがとう。

そして、あっという間の俊輔のゴール。遠かったが、俊輔が相手をものともせず、足を振りぬいたのが分かった。そして揺れるネット。

歓声は凄まじかった。雄叫びを挙げる俊輔。ゴール裏へ駆けつける。

サポーターの気持に最高のプレーで応えた。

試合開始後4分に上げた1点を残り86(+ロスタイム)分守り抜いた。バーやポストも味方だったが、つまり、それだけコースを塞いでいたということだ。

高く飛び、スライディングで滑り込み、身を投げ出して守り抜いた。

でもずっと劣勢だったのはよくないなぁ。冨澤さんが流血して以後、マリノスは受けに回ってしまった。オフサイドに何度も引っかかるし、マルキーニョスはすぐにファウルを取られるし、前線でキープができなかった。ドリブルも引っかかった。セカンドボールもなかなか拾えなかった。

でも、清水に点を取られるような気はしなかった。

とはいえ、ハラハラドキドキではあった。

チケットは完売、だから席はギュウギュウ。周囲の人の野次や言葉がよく聞き取れた。

勇蔵が高いヘディングをするたび「おぉ〜」と歓声。中澤が見事なパスを通すたび「やるなぁ」。学がボールを持つと「勝負、勝負!」の声。パスを選ぶと失望の声。ドウトラや中町の宇宙開発にはガッカリのため息と「やっぱりね」の笑い声が混じる。俊輔へのファウルに、周囲がブーイングすると、一方で「冷静にいこうぜ」との声もかかる。

清水はガツガツきていた。こういうチームだったかな?とちょっと意外に感じた。

交代で入った奈良輪くん。懸命の走りに大拍手だった。ロングパスは大きすぎたが、判断が早くてためらいのないプレーはいいよね。

学くんは倒されてもファウルを取ってもらえないのだから、すぐに起き上がって、次のプレーへつなげてほしいと思う。周囲の声も後半は結構厳しかったよ。

試合終了の瞬間は、今までにない大きな歓声に聞こえた。密集しているから、日産では感じられない音量だった。みんな本当にほっとしたのだと思う。

浦和が引き分けなのはわかっていたから、勝てば勝ち点差を広げられる。(しかも同点にしたのが青ちゃんだなんて。)

86分間、1点差を守る試合は疲れる。他の人のブログで「♪どんな時でも〜」が流れた時は感動したというのを読んだのだが、私にとってはこの歌は「トラウマ」。この歌には失点の思い出がこびりついている。ハラハラドキドキして余計に疲れた。
クリックすると元のサイズで表示します

でも快い疲労感だ。そして、俊輔はほんとに凄すぎる。

テレビの前のインタビューでは冷静に普通に良識的に語っていたけど、サポーターの前では「また、相手にも審判にも勝ちました」と毒舌。こういうとこ、変わらないね。そこがいい。

仙台は苦手だが、どうしても勝ちたい。そして俊輔と優勝!!

2

2013/9/18

2リーグ制はわからない  

Jリーグの理事会で2015年からの2ステージ制が決まったという。

試合会場でサポーターたちが反対のダンマクを掲げていたけど、その声は届かなかった。

理由は何より「お金」。それを持ち出されたら、一ファンは何も言えない。チームやリーグが存続してくれなくちゃ、ファンでいることもできない。

財務やスポンサーその他各チームの事情は、ファンはまったく蚊帳の外の分野だ。だから、経営者のような顔で何かを言うことはできない。代案を示せるわけもない。

でも釈然としない。2ステージ制、ポストシーズン制がリーグを活性化させるのだろうか?

今がじり貧だから、何か手を打たなくてはならない。それはわかる。それが2ステージ制、ポストシーズン制だ、とは私の中ではストレートには結びつかない。

一ファンの、素人の、素朴な気持を言えば、こんなのやだよ、ということ。

なんかなぁ、教育の改革が必要とか言って、民間人校長だとか、スーパー進学校だとか、志の低い改悪をして、教育がますますじり貧になっていく有様と重なる。

Jリーグは2ステージから1ステージになった。その時の理由(勝ち点一位が優勝チームでないのはおかしい)や理念(国際標準に合わせる、長期的にチームの完成度を図る等)はみんながすごく納得したはず。

今回については理由が「お金」、でも理念を聞かない。

**********
9.19追記:2ステージ制についての意義、木之本興三「日本サッカーに捧げた両足」に以下の記述があった。J発足時の加茂周さんのアイディアだそうだ。

「2シーズン制にして複数の優勝チームを作り、それぞれにMVP、得点王、アシスト王、ベスト11を選出すればヒーローをたくさん生み出すことができる。そうすればメディアが大きく取り上げてくれる」⇒この理屈は20年を経た今も通用するかな?
**********

決定方法についても、決定内容についても唐突、拙速に思える。(この理事会にチェアマンが出席していなかったというのは真実ですか?)

昨年のJ2昇格を争う試合は盛り上がった。でも大分が昇格したのは良かったのだろうか?この方法は良かったのだろうか?

*ポストシーズンのチャンピオンを決める方法もよくわからない。
年間勝ち点1位&前後期1位だったチームがチャンピオンになれなくて、たまたま2位(前期、後期どちらかの成績が悪くても)のチームがチャンピオンになれるんですか?

※※選手の疲労は大丈夫なんですか?※※

*サポーターの中に反対の声が多い中(「総意」ではない、とは思うが)、今の状態で踏み切って、それがJリーグにプラスになるのだろうか?

*2リーグ制の95年にはもう既にグッズ売り上げなど陰りが見えて、鳥栖、清水の経営危機があり、98年にはフリューゲルスが消滅(じゃなかったマリノスと合併)、と2リーグ時代だって経営は厳しかった。2リーグ制がJリーグ人気復活の起爆剤になるのだろうか。

ポストシーズン制により、Jリーグにお金が入り、基盤の弱い地域リーグが支えられるのは大事なことだと思う。けど、それは長期的に地域リーグの基盤強化となるのだろうか?

Jリーグ100年構想のもと、地域のサッカーチームは増えた。少年サッカーチームも地域に根付いている。サッカーは盛んになった。日本代表もワールドカップの常連となった。その点はうまく行っている。なのに、何故?こうなのか。

ここまで書いてきて、気づいた。つまり、私は今回の制度改定が「『カンフル剤』でしかない」、という捉え方をしているのだと思う。何故そう思うか?@拙速だから、A理由は理解しても、理念が見えないから。

誰もが言っているけど、まずやるべきと思うのはJリーグの地上波テレビ中継。地上波でやらないと一般の方はJリーグに親しみが持てない。

TVKでマリノスや川崎、湘南の試合を毎週1試合、いや、贅沢は言わない。ダービーだけでもやってほしい。これはできないことなんですかね?

マリノスのことで言えば、
*ファンクラブの割引チケット購入が以前は前日くらいまで買えたのに、今は1か月前までだ。友人たちを誘っても、勤務のローテンションが決まらないと「行けるかわからない」と言われる。誘いにくい。
*大切な選手を簡単に切ったことがあとを引いている。松田選手、坂田選手のファンだった人たちは、「あれはないよ」と、その後マリノスの試合に行かなくなった。誘ってもダメだ。
=選手の移籍が頻繁過ぎて、愛着を持ちにくくさせている。
*年代別代表だった選手たちの伸び悩み。本人の自覚か、チームの問題かわからないが、日本代表選手になれないことは動員に響く(なんだかんだ言っても代表人気は侮れない)。若いスターの不在。
(現フロントもスポンサー獲得やグッズ販売、サポーターもファン動員に努力していることはわかっているし、それは素晴らしいと思っていることは前提としてあります)

思いつきでダラダラ書いてきたけど、唐突に浮かんだことがある。根本に川渕三郎さんへの嫌悪感があると。川渕サン的な、というべきかな。新自由主義に親和的な。ごめん、妄想。でも、都の教育委員になったり、知事選挙の選対本部長になったり、うさんくさい。そういう人の影響力のある組織にそもそも、抵抗があるんですね。

だから、書いてきたことも言いがかりかもしれない。

(でも木之本興三さんの「日本サッカーに捧げた両足」を買ってきましたよ。読むつもり)

それと一番の反対理由。マリノスは常に優勝に絡むと思っているから、前期優勝でハラハラ、後期優勝でハラハラ、ポストシーズン2〜3試合?でハラハラ、CSでハラハラ、なんて耐えられない。そんな人為的な勝負事には、私の心臓は耐えられない。もうたくさんだ。

1リーグ制で戦い抜いて、結果、優勝がついてきて、みんなで喜びあいたいというのが、私の願いです。

素人、一ファンの繰り言、失礼しました。
1

2013/9/16

健康診断をした。  生活

先日、健康診断をした。ほぼ問題はなかった。

悪玉コレステロールだったか?中性脂肪だったか?(手元に診断結果報告書がないし、ローマ字で書かれたことはそもそも覚えられない)の値が正常値の上限なので、それだけ注意するよう言われた。

更に、「血管エコー検査があり、血管の様子がわかります。健保もきくので、受けてみませんか」と医師に言われた。それで予約した。

後日、検査に行った。簡単な検査で、あっという間に終わる。

結果、まったく問題なし。『20代並みの血管です!!』

わーい嬉しい

血管は20代、以前計った骨量も標準以上、80代まで十分持つ、と言われた。歯も丈夫(抜いたのは親知らずだけ。全部自分の歯)。

これは親のおかげですね。丈夫に産んでくれた。

医師からは「魚中心の食事をしているの?」と言われた。まぁ、そうですね。野菜は沢山食べている。カルシウムも摂っている。

同じ食事をしていてもでも、夫は高血圧だ。夫はきっと体質なんだと思う。

私の問題は脚力。これもやや遺伝のせいで、脚力が弱い。父も脚力が弱く、従軍中でも隊列に常に遅れたと言っていた。

血圧、血糖値、コレステロールを正常値に保つには食事のほか運動が大切だという。だから、ウォーキングは続けないといけない。

季節もよくなったので、ウォーキングを真面目にやろうと思う。
2

2013/9/15

濃密だったC大阪戦  サッカー(マリノス)

台風の影響で、蒸し暑い夜だった。

入場して、まず選手の私服写真掲示場所(N16)へ。基本Tシャツにパンツ、ハーフパンツだから、誰が一番センスがいいとか、選べない。とすると、目立つ服(帽子^v ゜)をチョイスすることになる。娘は兵藤選手に投票。私は服でなく、カッコイイかどうかに目が行く。たとえば飯倉選手(やっぱりイケメン)、ファビオ選手(背が高くてモデルみたい)。目立つといえば冨澤選手も目立ってた(帽子)。でも投票はせず。

コンコースを歩いている段階で、娘が「今日は客層が違う気がする」と言っていた。ユニ姿の比率が低いのだ。

ダノンネーションズカップ3位のプライマリーとユース優勝のユースの報告会があった。下部組織強いね!トップに上がって活躍してね。また、かつてのG大阪や今のC大阪のように代表に、世界に羽ばたく選手を輩出しますように。

入場。民衆の歌を歌う人がすごく増えた。フラッグも増えて、ビジュアル的には美しく、かつ大迫力。C大阪ギャルもマリノスゴール裏を見たら、こちらに来たくなるのではないかしら。(トリコロール傘が回せたら、もっと魅力的だったのに

今日はゴール裏の熱気が伝わって、バックスタンドも開始直後から手拍子の音量が大きかった。私も数年来愛用のマリノスウチワ(トリコロール色のプラスチック製)を打ち鳴らしていたら、割れてしまった目

ゴール裏から、選手一人一人のコールがあると、選手は頭で拍手したり、片手を挙げたりして応える。勇蔵は何もしなかった。奈良輪君は手を挙げた後、ゴール裏へ頭を下げていた(感謝の気持)。対照的と思った。

試合はとにかくドゥトラ様様。200試合出場表彰でお子さん3人プレゼンターだった。パパは張り切った。(子どもたち全員5番ユニかと思ったら、25番がいたね)。

あのゴールは「あ、マルキーニョスに合わないよ」とがっくりした瞬間ネットが揺れたから、「え?!」という感じだった。低くてすごい弾道だ。GK動けず。

前半は兵藤CK⇒冨澤ヘッド⇒大阪GKスーパーセーブとか、冨澤オーバーヘッドキックとか、扇原君のサイドチェンジとか、柿谷カウンターとか、見どころ満載だった。

でも、しびれたのは、俊輔からマルキへのピンポイントパス。あの距離で並走するDFには触れずマルキにピタッと合うボールを蹴れるのは俊輔だけじゃない?これはGK触ってゴールならず。

前半は攻守の切り替えが早くて、どちらもそれぞれの特色を出してのサッカー面白かった。目が離せなかった。

浦和戦の時はドキドキして、逃げ出したい気分だったが、今日は「選手を信じて、応援するのみ」と肚をくくったので、ハラハラすることなく、見ていた。
クリックすると元のサイズで表示します

後半開始。学くんは前半の方がよかったと思う。判断が遅いというか、チャンスを逃したり、勝負せずに戻したり。奈良輪君はクロスを上げるのに迷いがない。スローインもそう。迷わず早く投げる。足も速いね。パン三さんとは違うタイプでだけど、良い選手だと思った。

俊輔のFKが壁に当たってばかりなのは、壁が近かった?

この日は暑い上に湿気がひどくて、風もない。少しずつ選手の足が止まってきた。特に兵藤くんが疲れているのが私にもわかった。交代は当然だと思った。

ドゥトラの対面の選手が足が攣って交代。これ椋原選手だったんですね。楠神選手も、山口蛍選手もよくわからなかった。分かったのは新井場と杉本、柿谷、外人選手。

すごく危ないシーンがあって、「やられた」と思ったが、誰かが掻き出した。(勇蔵?)

中澤、勇蔵は「柿谷」に仕事をさせなかった。15日の東京新聞も「中澤vs柿谷」の写真だった。中澤さんはシュっとまっすぐに長いパスを通したり、ロビング(松田選手がよくやってた)を蹴ったり、攻撃面もよかった。勇蔵はセットプレーの後、前線に残って、攻撃に絡んでいた。最後の方、シュート決めたかった。

試合はほぼマリノスが圧倒していた。だけど決まらない。前まで運ぶけど、そこから停滞。終了近くなって、ドゥトラがPAに駆け込んできた場面があった。他の選手にもこういう気の利いたというか、勇気あるプレーをしてほしかった。

それにしても、あの時間にあそこまでダッシュしてくるなんて、信じられない。守備にも長い距離を走って、防いだしねぇ。凄すぎる40歳。

俊輔のCKの時、水を飲んでいるとピッと笛を吹かれたり、線審に声をかけられたりしていた。マリノスは「お休み時間」がリーグ1多いそうなので、そのせいで注意されていたのかと思った。

他会場の結果(浦和、広島負け)を知っていたので、同点でもあまりキリキリしないで見ていられた。でも勝ってほしかった。

最後のFKは名古屋戦のように、俊輔がビシっと決める場面が目に浮かんだ。祈った。でも残念。また壁に当たってしまった。俊様、髪の毛も切ったことだし、ぜひ、FK決めて新記録を作ってくださいね。
クリックすると元のサイズで表示します

3万5千人が入ったスタジアム。4日前の代表戦効果があったと思う。若い才能ある選手は観客を引きつける。マリノスの若手、もっと頑張れ!

勝てなかったのは残念だったけど、レベルの高いプレーが見られたし、選手の頑張りも見られた。中身の濃い試合で面白かった。

首位キープ。柏戦の悪い流れは断ち切れた。(そうそうナビスコ柏戦チケット買いました)。

次は必ず勝って勝ち点3を取りましょう!期待します。

追記:ゴール裏サポーターから芝生管理スタッフへの感謝のダンマクが出された。
⇒ブログ新横浜さん「この夏を越えた芝生の管理に感謝」より。

ゴール裏サポーターの皆さん、ありがとう。これはマリノスファン、サポーターの総意ですね!本当にステキなダンマクです。
0

2013/9/15

秋の訪れ  季節

散歩していてみつけたもの。
クリックすると元のサイズで表示します
ちょっと前まで、緑色だったドングリも茶色に。

クリックすると元のサイズで表示します
根元にもこぼれています。
1

2013/9/11

ガーナ戦  サッカー(代表)

ゆっくり夕飯を食べていたら、6時40分になってしまった。夫に車で送ってもらったが、西ゲートなので、思ったより時間がかかり、到着は選手入場直前だった。

代表選へ賭ける思いがもう以前とは全然違うのよね。

クリックすると元のサイズで表示します
にぎやかなガーナ応援団

前半は攻め続けるもガーナのゴールをこじ開けられない。
また、点が取れないうちに逆襲されない?などと言っているうちに失点。

後半に同点。香川君の得点なので拍手。あとはもう日本が得点を重ねるだろうと思った。

学くんが84分くらいに入った。ザックさん、もっと早く入れてほしかったよ。まずまずだったかな。シュートでなくパスを選んだのは遠慮かしら。

にしても、日本・ガーナ4点全部遠い方のゴールだったので、良く見えなかった。試合から取り残されている感じがした。

横浜国際競技場なので、選手のインタビュー、ピッチ一周全部見られてよかった。学くんは長谷部キャプテンたち一緒に垂れ幕を持って、歩いていた。前から3番目かな。「まなぶ〜」という声もかかった。

選手一同から遅れて、インタビューを受けていた本田、香川、柿谷とやってきた。柿谷の人気もすごいね。でも今週末の試合では活躍しなくていいからね。

熱のない観戦記でおしまい。
1

2013/9/10

カタカナが覚えられない  生活

先日、化粧品を買いに行った。店員さんから口紅を勧められた。そろそろ新しいのを買ってもいいかな、と思った。

それで「この口紅、あのヌメヌメしたタイプじゃないですよね?」と聞いたら

「グロスですか?」。そうそう、グロス。カタカナ語が出てこない。

老眼鏡を一つなくしたので、新しくした。で、「眼鏡を外した時に落ちないようにする、ヒモが欲しいんですけど」と言うと、

「チェーンですね」。そう、チェーン。こんな簡単な言葉も忘れる。

前にも書いたけど、昔、子どもが幼稚園だったころ、「寒くなったら『ももひき』はかなくちゃね」と言ったら、「スパッツでしょ」と幼稚園児にたしなめられた。今はレギンスか。

シャンプーの「ケラスターゼ」も覚えられない。「ケスタラーゼ」「ケレステーゼ」と言っては直される。

オペラの「イル・トロヴァトーレ」も「イル・トルヴァーレ」「イル・トロトヴァ―レ」と言っては、笑われている。幼稚園の頃から娘には直される。

イギリスの男優さん、「サスペンダー」と言ったら「ファスペンダーです」。サスペンダーじゃズボン吊りになっちゃう。

オペラ歌手の、ディミトリ・ホヴォロフトスキーはもう絶対に覚えられない。最近は「ホロホロさん」と呼んでいる。

もっといろいろある。今度言い間違えたたびにメモしておこう。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ