2013/9/18

2リーグ制はわからない  

Jリーグの理事会で2015年からの2ステージ制が決まったという。

試合会場でサポーターたちが反対のダンマクを掲げていたけど、その声は届かなかった。

理由は何より「お金」。それを持ち出されたら、一ファンは何も言えない。チームやリーグが存続してくれなくちゃ、ファンでいることもできない。

財務やスポンサーその他各チームの事情は、ファンはまったく蚊帳の外の分野だ。だから、経営者のような顔で何かを言うことはできない。代案を示せるわけもない。

でも釈然としない。2ステージ制、ポストシーズン制がリーグを活性化させるのだろうか?

今がじり貧だから、何か手を打たなくてはならない。それはわかる。それが2ステージ制、ポストシーズン制だ、とは私の中ではストレートには結びつかない。

一ファンの、素人の、素朴な気持を言えば、こんなのやだよ、ということ。

なんかなぁ、教育の改革が必要とか言って、民間人校長だとか、スーパー進学校だとか、志の低い改悪をして、教育がますますじり貧になっていく有様と重なる。

Jリーグは2ステージから1ステージになった。その時の理由(勝ち点一位が優勝チームでないのはおかしい)や理念(国際標準に合わせる、長期的にチームの完成度を図る等)はみんながすごく納得したはず。

今回については理由が「お金」、でも理念を聞かない。

**********
9.19追記:2ステージ制についての意義、木之本興三「日本サッカーに捧げた両足」に以下の記述があった。J発足時の加茂周さんのアイディアだそうだ。

「2シーズン制にして複数の優勝チームを作り、それぞれにMVP、得点王、アシスト王、ベスト11を選出すればヒーローをたくさん生み出すことができる。そうすればメディアが大きく取り上げてくれる」⇒この理屈は20年を経た今も通用するかな?
**********

決定方法についても、決定内容についても唐突、拙速に思える。(この理事会にチェアマンが出席していなかったというのは真実ですか?)

昨年のJ2昇格を争う試合は盛り上がった。でも大分が昇格したのは良かったのだろうか?この方法は良かったのだろうか?

*ポストシーズンのチャンピオンを決める方法もよくわからない。
年間勝ち点1位&前後期1位だったチームがチャンピオンになれなくて、たまたま2位(前期、後期どちらかの成績が悪くても)のチームがチャンピオンになれるんですか?

※※選手の疲労は大丈夫なんですか?※※

*サポーターの中に反対の声が多い中(「総意」ではない、とは思うが)、今の状態で踏み切って、それがJリーグにプラスになるのだろうか?

*2リーグ制の95年にはもう既にグッズ売り上げなど陰りが見えて、鳥栖、清水の経営危機があり、98年にはフリューゲルスが消滅(じゃなかったマリノスと合併)、と2リーグ時代だって経営は厳しかった。2リーグ制がJリーグ人気復活の起爆剤になるのだろうか。

ポストシーズン制により、Jリーグにお金が入り、基盤の弱い地域リーグが支えられるのは大事なことだと思う。けど、それは長期的に地域リーグの基盤強化となるのだろうか?

Jリーグ100年構想のもと、地域のサッカーチームは増えた。少年サッカーチームも地域に根付いている。サッカーは盛んになった。日本代表もワールドカップの常連となった。その点はうまく行っている。なのに、何故?こうなのか。

ここまで書いてきて、気づいた。つまり、私は今回の制度改定が「『カンフル剤』でしかない」、という捉え方をしているのだと思う。何故そう思うか?@拙速だから、A理由は理解しても、理念が見えないから。

誰もが言っているけど、まずやるべきと思うのはJリーグの地上波テレビ中継。地上波でやらないと一般の方はJリーグに親しみが持てない。

TVKでマリノスや川崎、湘南の試合を毎週1試合、いや、贅沢は言わない。ダービーだけでもやってほしい。これはできないことなんですかね?

マリノスのことで言えば、
*ファンクラブの割引チケット購入が以前は前日くらいまで買えたのに、今は1か月前までだ。友人たちを誘っても、勤務のローテンションが決まらないと「行けるかわからない」と言われる。誘いにくい。
*大切な選手を簡単に切ったことがあとを引いている。松田選手、坂田選手のファンだった人たちは、「あれはないよ」と、その後マリノスの試合に行かなくなった。誘ってもダメだ。
=選手の移籍が頻繁過ぎて、愛着を持ちにくくさせている。
*年代別代表だった選手たちの伸び悩み。本人の自覚か、チームの問題かわからないが、日本代表選手になれないことは動員に響く(なんだかんだ言っても代表人気は侮れない)。若いスターの不在。
(現フロントもスポンサー獲得やグッズ販売、サポーターもファン動員に努力していることはわかっているし、それは素晴らしいと思っていることは前提としてあります)

思いつきでダラダラ書いてきたけど、唐突に浮かんだことがある。根本に川渕三郎さんへの嫌悪感があると。川渕サン的な、というべきかな。新自由主義に親和的な。ごめん、妄想。でも、都の教育委員になったり、知事選挙の選対本部長になったり、うさんくさい。そういう人の影響力のある組織にそもそも、抵抗があるんですね。

だから、書いてきたことも言いがかりかもしれない。

(でも木之本興三さんの「日本サッカーに捧げた両足」を買ってきましたよ。読むつもり)

それと一番の反対理由。マリノスは常に優勝に絡むと思っているから、前期優勝でハラハラ、後期優勝でハラハラ、ポストシーズン2〜3試合?でハラハラ、CSでハラハラ、なんて耐えられない。そんな人為的な勝負事には、私の心臓は耐えられない。もうたくさんだ。

1リーグ制で戦い抜いて、結果、優勝がついてきて、みんなで喜びあいたいというのが、私の願いです。

素人、一ファンの繰り言、失礼しました。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ