2013/12/30

嬉しいとしか・鳥栖戦  

嬉しいとしか言いようがない。

風は冷たいが陽射しが暖かい年末の日曜日。帰省してきた娘とともに日産スタジアムに向かう。

一か月前、新潟戦を新幹線に乗って観戦に来て、「私が来たせいかも」とがっくりしながら地方都市へ戻って行った娘。国立競技場から意気消沈、外苑前ドトールでため息をつきながらコーヒーを啜った2年間。今日こそ、という思いは強い。

でも、相手は後半戦好調の鳥栖。優勝を逃した痛手から回復基調とはいえ、まだ完全ではないマリノス。マルキは移籍してしまったし、小林選手は累積。

今日は自由席。1時間前に到着したが、1階席はかなり埋まっている。久しぶりに2階席に行く。やっぱり2階席ゴール裏は見やすいね。

クリックすると元のサイズで表示します
トリコロールフラッグがきれい。民衆の歌。伴奏なしの歌声の方がいいかもしれない。気持ちが盛り上がる。

今日はサポーターたち「最高の場所へ」を歌わず、通常の応援だった。それがよかったと思う。

鳥栖の選手紹介で水沼にはブーイング、金井には拍手。二人とも控えで途中出場だった。

試合開始。

両チームとも慎重。動きが硬いように思った。シュートまで行かない。俊輔の位置も低い。藤田はマルキーニョスに比べると動きの質が物足りない。

鳥栖は前半の前半、勢いがあった。マリノスよりチャンスが作れていたように思えた。試合が落ち着いてくると、やっぱり地力はマリノスが上だ。
クリックすると元のサイズで表示します
(俊輔のFK)

0−0で前半終了。シーズン中のゲームの方が面白かったなぁ、もっとレベルが高かったなぁなんて思いながら見ていた。

後半。マリノスの選手が出てくるのが遅れて、主審に促されていた。周囲から選手に向かって「シュート打てよ、打たなきゃ点は入らないぞぉ」と大きな声が飛んでいた。

勇蔵がファビオに交代。「勇蔵、どうしたの?」と心配になる。

後半はマリノスがホーム側に攻めてくる。2階席の俯瞰図で見ると、全体がわかって楽しい。ドゥトラがフリーでいるよ、とか、俊輔も前半より上の位置にいる。

ここまで、ダイナミックな動きはあまり見られなかった。サイドチェンジもスルーパスもあんまりなく、裏を取る動きもなく(学は3回くらいパスカットされていた)、近くの選手の足元にパスすることが多かったし、ドリブルで長い距離を運ぶことはなかった。

まだリーグ戦の疲れが取れないのかな?と思っていた。攻撃の後、学や藤田がなかなかオフサイドラインの中に戻らないので、ロングパス出せないじゃない、カウンターできないよ、と思ったりしたが、選手の間では了解済みだったのかな?後ろでボールを回しているうちに二人とも戻った。

その中で、奈良輪君はダイナミックだった。見事な動きだった。

俊輔のCKに藤田がドンピシャリ、と思ったら、DF丹羽選手の足元でゴールならず。あれを「丹羽のG線上のクリア」というらしいね。

鳥栖の攻撃は怖くなかったが、あの、ロングスローだけは嫌だった。続いた時は、甲府戦のロスタイム同点被弾を思い出して、いい気分ではなかった。ファビオが治療でいなかったりしたから余計にね。でも守備陣は集中していた。

無得点のまま時間が過ぎる。「延長じゃいやだね」、「PK戦とかなったら、見てられない」「トイレにこもるよね」なんて話していた。

と残り5分くらいの時、学⇒中町⇒学、学の横ドリブル、その視線の先に走りこむ奈良輪。シュート!と思ったが、もたつく、が、⇒藤田、その瞬間、行ける!と思ったね⇒兵藤!ゴール!!

ゴール裏まで走り寄る兵藤。頼りになる選手。優秀選手にただ一人選ばれないなんて屈辱もあったのに、こういう時にちゃんと決める。

新潟戦の時、兵藤ユニの人が「今日の兵藤は良くなかった」と言っていたが、大分戦あたりから復調著しいと聞いていた。その通り
クリックすると元のサイズで表示します
(ゴール裏から戻る兵藤、藤田、中町ら)

「1−0の時はここからが長いよね」「ドキドキするよね」。ドキドキを紛らわすために、手拍子をし、チャントに合わせて「マリノスオーレ」と歌う。

アディショナルタイムは4分。落ち着いて時間を消化してください、と祈るような気持。冨澤から俊輔へ。この時間なのに、俊輔はドリブルで走る。

そこからは一瞬なんだけど、いろんなことを考えた。コーナー付近へ持ち出して時間稼ぎ?端戸へパス?あ、シュートなの?いやフェイント、あっ打った!いやん外れる、あ、ポスト、あ、入ったぁ!!!

俊輔は余裕の表情でキャプテンマークを振り回す。これで元日国立は決まり。
クリックすると元のサイズで表示します
(冨澤とガッチリ、タッチ、中澤さんここまで来てたのね)

隣りの若者グループが「俊さん、すげぇや」。「あ〜決勝のチケット、欲しいなぁぁ」

試合終了。嬉しかった。娘とハイタッチ。Jリーグ発足以来初めての元日国立・天皇杯決勝だ。
クリックすると元のサイズで表示します
(バックスタンドに挨拶する選手たち。「奈良輪〜」の声が多かった)

クリックすると元のサイズで表示します
(インタビュー後、バックスタンド⇒ゴール裏にに回る兵藤)

階段を下りる時、方々から「勝つとわかってたらチケット買ったのになぁ」「今からチケットとれるかな」との声が聞こえた。

チケットはサッカー後援会枠で確保してある。2012年元日。京都vs東京を見て、こんどこそマリノスがこの場に立ちたい、そして天皇杯を掲げる俊輔を見たいと強く願ったのだ。
クリックすると元のサイズで表示します

ようやくかなった願い。スタジアムから出ると、みんなの表情が柔らかい。笑いさざめいている。みんな嬉しそう、幸せそうだ。

テレビで見た兵藤インタビュー。「まだ何も手にしていない」。そうだ、天皇杯、絶対に取ろう。優勝しよう。笑顔の俊輔や中澤や、榎本や、そう、みんなの笑顔が見たい。

2

2013/12/25

シャーロックが戻ってくる  テレビ番組

昨日、BBCよりシャーロック・シリーズ3の前日譚となる「Many Happy Returns」が解禁となった。

twitterのシャーロック関係のTLはファンの歓声・悲鳴であふれた。
ファンにとっては本当にうれしいクリスマスプレゼントだった。



相変わらず、作品の作りが上手いなぁ!!
シャーロックの音楽も流れる!ワクワクする。そして、あの妖しい笑顔(笑)

(追記:日本語訳と解説を加藤佑子さんが上げていてくれます。
こちら⇒http://blog.goo.ne.jp/mithrandir9/e/9d1641c769f1b07aade2870030781f9a

イギリスではあと1週間でシリーズ3・エピソード1が見られるんだよねぇいいなぁ。日本での放送はいつになるのだろう。

それまでネタバレ回避しなくちゃ。情報シャットダウン。かなりの難行、修行だ。

一方、相変わらず雑誌の表紙を飾るベネさん。


もちろん、購入。

「ビッグイシュー」の表紙にもなっている。
クリックすると元のサイズで表示します
「ビッグイシュー」を入手するには横浜だとどこだろう?

これもtwitterからの情報でわかった。横浜駅「みなみ西口」つまり相鉄線改札・交番近くだった。無事入手できて嬉しかった。

ミーハーは止まらない。
0

2013/12/24

クリスマスイブにお墓参り  旅・散歩

年末は用事が立て込んでいるので、今日思い立ってお墓参りに行ってきた。

日産スタジアム脇を通る時、真っ白な富士山とうっすら雪を被った丹沢、奥の方に白い山脈・南アルプス、奥多摩の山々が見えた。この景色は大好きだ。

千葉の霊園に着いた。さすがに今日は人がいない。お彼岸、お盆、年末はかなりの人たちが霊園にいるのだが、クリスマスイブにわざわざ来る人はいないわね。

春はうぐいす、夏は蝉、秋は虫の声、と自然の音が豊かな場所なのだが、今日は何も聞こえない。静寂そのもの。音がないというのは心静まる。

夏はバッタにアマガエル、蜂、と生き物も豊富だったが、今日はほとんど見当たらない。草むしりの時、小さなてんとう虫が2匹。

空は雲一つなく晴れている。霊園は山を切り開いて造成したから周囲は里山の風情だ。

左側の山
クリックすると元のサイズで表示します

公営墓地なので、宗教も様々、国籍も様々だ。近くのお墓の墓誌を読む。18歳で亡くなった少年、90歳の長寿を全うした方、22歳で30数年前に亡くなった娘さんの隣に最近80代で亡くなった父親の名前、戦前の同じ命日は空襲の被害者だろう、様々なことを想わされる、考えさせられる。

帰りはいつもの中華料理店と思ったが、わずかな差で「準備中」になってしまった。仕方なくアクアラインの「海ほたる」で食事。

クリックすると元のサイズで表示します
「海ほたる」から横浜方面。よく見るとランドマークタワーもあるのだが、わかりにくい。雲から漏れる光が美しい。

風もなく、海も静かだった。房総半島、三浦半島、箱根の山々、東京のビル群、スカイツリーもよく見えた。ただ、富士山が見えなかった。残念。もっと早い時間だったら見えたのにね。

今日は夫婦二人の静かなクリスマスだった。いつもと違うのはワインがあったことくらい。
今日のワインは「COCO FARM & WINERY」 の「2011こころぜ」です。

こちら⇒ http://cocowine.com/ 

ネットで購入した「ココワイン6本セット」のうちの一本です。

クリスマスなので、この歌を今年も貼っておこう。
http://youtu.be/qBJObglpL9A
1

2013/12/23

みなとみらい・中華街へ  旅・散歩

赤レンガ倉庫方面へ行ってきた。クリスマスイルミネーションがきれいだ。アイススケート場では沢山の人が楽しんでいた。

クリスマスマーケットをやっていて、ドイツのクリスマスグッズ、ホットワイン、ソーセージ、スペアリブ、スープなどの店が並んでいた。

赤レンガ倉庫のイベント案内
 ⇒ http://www.yokohama-akarenga.jp/event/index

クリックすると元のサイズで表示します
みなとみらいはカップルで大にぎわい。

その後中華街へ。前から行きたいと思っていた「山東」へ。思ったよりきれいだなと思ったら新しい店だそうだ。

餃子。
クリックすると元のサイズで表示します
つけだれが甘い。酢醤油+ラー油で食べたかったというのは店に内緒。

青菜の炒め物と前菜(三種)
クリックすると元のサイズで表示します
青菜の炒め物がおいしい。単純な料理だが、火力が強くないとこういう風においしく調理できない。

生ビールも飲んで満足満足。
1

2013/12/22

ものを買わない  生活

年末になると、会合が増える。

話になるのは、介護、老後のこと。家族では介護しきれない(重い病気がある)場合、介護施設に預けると月30万円。その後金額負担の少ない施設に移れて月15万円。もう重篤だったので、数か月だけだったが、どうにか負担できたけど、という話を3人くらいの人から聞いた。

自分の老後もどうなるかわからない。子どもたちに迷惑をかけたくない。

すると、老後の蓄えということになる。税金は上がる、健康保険料、介護保険料は上がる、窓口負担は増える、年金額は減る。節約せざるを得ない。

70代の方は、「もう服は何年も買っていない」「これ10年前のだけど、色も落ちてないでしょう」。化粧品も最小限、安価なものでいい。今更ねぇ、きれいになっても仕方ない。

健康食品も買う必要はない。日々の暮らしで気をつけて、ジムに行かなくてもラジオ体操と散歩で十分。健康であれば、大口の出費はないよね、という話になる。

物を買わないのは、節約のほかにもう一つ理由がある。家のものを増やしたくないのだ。

母、義母と続けて亡くなり、家の中の整理をした。

きっと母たちの世代は親の残したもので苦労したことはないのだろうと思う。

戦前の家庭はモノが少なかった。まして、戦争中の、モノのない時代があった。祖父母世代はあまりモノを持っていなかった。

戦後、生活が劇的に変わった。豊かになるにつれ、モノが増えた。家電製品、家具(ダイニングセット、学習机、本棚、ソファ、テーブル、ベッド)、書籍・文学全集・美術全集。

旅行も気軽にできるようになるとお土産物が増える。どこの家にも、北海道土産の熊の木彫りがあったろう。こけし、人形、各地の陶器、磁器、漆器、織物、刺繍、染め物。海外旅行へ出かけると、民芸品(やはり木彫りの置物、陶磁器、ガラス製品、民俗衣装の人形)、スカーフ、織物(タペストリーなど)、化粧品類。

きっと欲しくて購入したであろうりっぱな壺や花瓶。洋食器。絵。和服。

趣味で作ったものもある。木目込み人形、布花、書道作品、絵、パッチワーク、セーター類。毛糸、布地。

これらは処分に困った。

その上、モノのない時代を経験した世代だから、モノが捨てられない。包装紙、紐・リボン、紙袋、紙箱、お菓子の缶、ビン類、峠の釜めしの釜、古い雑誌、レコード、貰ったポケットティッシュ、タオル等、押入れや戸棚に押し込んである。

だから、私たちはできるだけ物は買わないようにしようと思っている。使い切るだけにする。

最近はデパートに行っても、これ、私たちがいなくなった後、誰が引き継ぐだろうか、と思うと購買意欲は湧かない。あるものを壊れるまで使っていこうと思う。セット物も欠けて揃わなくなっても別にかまわない。

バザーがあると、使わない漆器や陶磁器、未使用のひざ掛け、毛布等は持っていく。漆器は沢山ある。記念品やお祝いごとのお返しに漆器は見栄えがいい。でも日常使いにはあまり便利ではない。最近はお盆や菓子鉢もあまり使わないし。

本もだいぶ処分した。古書店にも来てもらった。もう本はほとんど買わない。図書館と電子書籍で間に合わせている。

実家にあった毛糸類を引き取ってきたが、これも少しずつセーターにしている。今年編んだセーターはもともとの製図が細身で私にきついかと思ったが、アンゴラ交じりの太い毛糸のせいか、細身な分だけ実に暖かい。ピタッと腕について、その上のフリースを着ればぽかぽかだ。

今は極太でカーディガンを編んでいる。母が親戚から毛糸を大量に贈られて、でも「極太じゃ編むものがない」と嘆いた毛糸だ。確かに、セーターの本を見てもあまり極太糸のデザインはない。ようやく、直線編みの無骨なカーディガンの編み方を見つけて、編んでいる。直線編みだから気楽。

親たちの衣類は未使用の物はホームレス支援の団体に送った。自分の物でも、まだ着られるがサイズが合わなくなったり、着ないうちに年齢に合わなくなったものがある。それらも送る。もちろんクリーニングしたものだ。

企業組合あ・うん 寄付・ご協力のお願い
http://www.awn-net.com/kifu.html

物は買わずに、今あるもので暮らしていく。使わない物は段々に処分する。使えるものはリサイクル。

試供品だの、粗品だの、いつの間にか溜まっている。それらも使うか捨てる。少しずつ引き出しや棚が空いてきたような気がする。

家にあるものを減らして、段々軽くなっていきたい。子どもたちに負担を掛けないように。

アベノミクスで株が上がったと喜んでいる人たちもいるが、どこの世界の話だろう。
肝心の消費が伸びる可能性はあまり高くないと思う。老人はモノを買わないし、若い人たちは生活の安定が厳しい社会だからだ。

しいて言えば、増えているのは地震対策のもの。10日程度持ちこたえろというとかなりの分量になる。新しい防災用品が紹介されると(簡易トイレとか)、あった方がいいかも、と買ってしまう。

それと孫のおもちゃと衣類。ウチに泊まりに来た時用だ。子ども達が独立して空いた部屋が、孫たちの納戸になってしまう。ま、これは仕方ないね。


2

2013/12/14

中島みゆきマイブーム  音楽

11月3日NHKプレミアム「オール中島みゆきナイト」を見て以来、私の中で、中島みゆきブームが再燃している。周期的にみゆきブームが来る。秋・冬のことが多い。

その番組では、みゆきさんファンのクリス松村、棋士・先崎学8段、おかもとまり、茂木健一郎と、ビデオ出演の、薬師丸ひろ子、安達祐実、さだまさし、ゆず、槇原敬之、坂崎幸之助がそれぞれ自分の「みゆきさん」を話す。司会はビビル大木。

構成はけっこうグダグダで、トーク(特に茂木さん)やクイズ、街頭インタビューはいらなかったな。

各自が自分の一曲を話すのだけでよかったと思う。

先崎八段は「信者」でみゆきさんは「唯一神」と言っていた。リクエストは「歌姫」。おかもとさんは自分が仕事がなく辛かった時に聴いた「命の別名」。

槇原さんもこれは自分のことだと思ったという「誕生」。クリスさんは「アザミ嬢のララバイ」。薬師丸さんは「時代」。街頭で答えていた人も「『時代』は特別な歌」。

これらは本当にみゆきさんの歌を聴いてきた人たちの選曲だと思った。

安達祐実は当然「空と君の間に」、ゆずは「浅い眠り」、工藤静香「見返り美人」、坂崎さんは「ファイト!」

NHKは自前の映像がある「地上の星」「ヘッドライト・テールライト」推し。でも、それはもうウンザリの境地だ。曲に罪はないにしても。

みゆきさんの映像をYoutubeで探していたら、「有吉とマツコの語る中島みゆき」があった。

マツコさんの一曲は「タクシードライバー」。私はこの歌をあまり知らない。マツコさんの実体験に重ねる部分があるそうで、そういう時、みゆきさんの歌は「こころ」にというか、身体に沁み入る。

みゆきさんの歌を表面の言葉だけで語るな、その奥にある深み、重みをこそ見なくてはとのこと。それを感じられる人にこそ、熱烈に支持され愛されているのだ思う。

有吉は「ホームにて」。自分の経験と重なるので、「この曲が流れると、もうだめですね」と珍しく殊勝に話していた。

「ホームにて」は01年慶応大学学園祭のステージで歌ってくれた時も、私の前の席の学生がそっと涙をぬぐっていた。(以前にも書いた)

マツコさんもクリスさんも、先崎さんも「みゆきさん」と呼ぶ。尊敬がこもっている。

さだまさしは「あれは天才ですから」「日本の宝です」と言う。そう思う。

最近「ファイト!」を聴きかえす。特定秘密保護法案反対で国会周辺に通っていた頃や成立してしまった時、何故かこの歌が浮かんだ。弱いものへの励ましに満ちている。

それにしても、今の権力者たちには「あの蒼い海の向こうで 今誰かが傷んでいる」「柔らかな皮膚しかない理由(わけ)は 人の傷みを聴くためだ」(銀の龍の背に乗って)という感性はないのだろうか。

NHK「八重の桜」で兄・山本覚馬が同志社卒業生に贈る言葉「諸君はこれから学業を終えそれぞれの仕事につかれる どうか弱きものを守る盾となってください」。

こういう言葉を政治家や企業家から聞かれなくなった今は、殺伐としていると思う。1%が富を得て99%が苦しむ格差社会を助長する日本政治。道徳を科目化するなんて愚かなことをする前に、正すべきはこちらだろう。

こういう時だから、みゆきさんの歌を聴きたくなるのかもしれない。
3

2013/12/13

Jリーグアウォーズ(TV視聴)  サッカー(マリノス)

Jリーグアウォーズは申し込みを忘れた。孫の誕生やら娘の転居やらでわさわさしていたから。

マリノスが優勝を逃した時点で、アウォーズは行かなくて正解だったと思った。

とはいえ、当日午後になると、落ち着かない。4時過ぎ買い物を兼ねて、アリーナ方面に向かうことにした。

アリーナの周りはもう入場者の行列ができていた。通用門の方へ行ってみると、続々関係者の車が入ってくるところだった。車から降りたのは大久保選手かな?遠目でよくわからなかった。するとドゥトラ選手が歩いてやってきた。駅とは反対の方向からだ。また車が入ってきて、下りたのは冨澤選手だった。二つある入口の別の方から入った車からは長谷川健太監督が4人くらいと一緒に歩いてきた。ガンバの選手と一緒だったのかな。

それ以外にもサッカー選手らしい人たちも車から降りたのだが。後姿のままアリーナに入って行ってしまうので、誰だがわからなかった。で、買い物へ行くため、裏口は離れた。
クリックすると元のサイズで表示します
アリーナ入口前で色紙を持った少年たちが数名。「あ!」と言って駆け出した。その先に浦和の阿部、那須、槙野選手。阿部、那須選手はサインしていたが、槙野選手は「お願いします」という少年の声を振り切っていた。

買い物の帰り、アリーナにもう一度寄ってみる。裏口の方にいた人たちに聞くと、柿谷、山口蛍、高萩選手が入っていったと言う。

家に帰ってテレビで中継を見る。夕飯時だったので、最初の方は流していただけ。選手の表彰あたりからちゃんと見た。

マリノスの選手が10名、にこやかな表情の学を先頭にステージに上がった。

ベストイレブンの那須には「?」で、13日の「キック・オフ・マリノス」で中澤さんが「得点が多いとか代表選手が選ばれるのかと思っていたから、自分の名前を呼ばれた時はビックリした」と言ってて、中澤選手も他の二人には違和感があったんだなと思った。

MVP発表に「よこ」だけで飛び上がって拍手した。俊輔以外にMVPはいないと思っていたけど、発表されるまではね、ドキドキした。

俊輔のスピーチは立派だった。9月21日の「俺達は俊輔と優勝したい」ダンマクに感動したという話。サポーターは感涙だね。あの試合の俊輔のプレーぶりは凄まじかった。

ちょうど家に遊びに来ていた孫娘(3歳)にテレビ画面の俊輔を指さして「しゅんすけだよ。ばあばが大好きな選手」と教えた。

すると即、孫娘は「しゅんすけ、かっこいいね」と言った!

そしてラックに入っていた「サッカーダイジェスト」俊輔表紙を持ってきて、「しゅんすけ」と指差した。

ばあばの教育が成果を見せたわけだ。商店街のバナーを見ると「マリノス!」と叫び、日産スタジアム脇を車で通ると「ばあばの好きなサッカー、マリノス」と言う。

来年はマリノスタウンンに連れて行こう。
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ