2014/2/11

都知事選挙  原発関係

東京都知事選挙は自公推薦の舛添氏が当選した。

前回の選挙では積極的に宇都宮氏を応援し、カンパをし、ボランティアにも行った。

だが、今回は何もしなかった。

安倍暴走に歯止めをかける、原発再稼働・輸出をさせないことが何より優先で、「舛添を勝たせないこと」が一番重要なことだと思っていた。

だけど、この結果。

特定秘密保護法が参院を通った日。日比谷野音での集会で、山本太郎君が「どんな威勢のいいことを言ったって最後は数の力で、この法律は通ってしまうんです。しかも3年間国政選挙はない。だけど、地方選挙があります。ここで民意を示すことができる。

皆さん、まとまらないと勝てませんよ!まとまることができますか、まとまってください!」と言った。

そういうこと。

前回の選挙の時、宇都宮さんが遊説に来るというので、都内城南地域の駅に聞きに行った。「枯れ木もなんとか」だから。

だけど、ショックを受けた。しょぼかった。

駅の昇降客は見向きもしなかった。ビラもほとんど受け取らなかった。知名度がないのはわかっていたけど、これほどとは思わなかった。挙句に猪瀬氏は400万票だ。

浅野史郎さんが都知事選挙に出て、石原氏に大差で負けた時、「石原都政の抑圧、しわ寄せを受けている人たちは必死で都政批判をするが、多くの人たちはそれを自分の問題としてあまり感じていないようだ」と話した(と思う)。

この石原300万票、猪瀬400万票の地盤を崩すのは容易なことではない。実感として宇都宮さんでは今回も勝てないと思った。宇都宮氏のことは尊敬している。政策も支持する。

今回は一本化で、脱原発に取り組む人々も動いた。宇都宮陣営はギリギリまで含みを持たせた。が、細川陣営は一本化は考えていなかったようだ。一本化があるとしたら、宇都宮さんが選挙から降りることしかなかった。政策協議、話し合いの時間もなかった。

結局、統一候補を出すことができなかった。

私は全く動けなかった。twitterでリツィートしたのは「舛添を知事にしない」、「選挙に行ってください」だけ。

選挙後、山本太郎くんが「苦しかった」とblogに書いている。
http://ameblo.jp/yamamototaro1124/entry-11768915243.html

選挙の翌日、安倍政権は原発再稼働、憲法の解釈変更、集団的自衛権と早速動き出した。

自民党は除名した人を推薦する、というリアリズム。対抗勢力は理想論・筋論。

高木仁三郎
「小異を捨てて大同につくべきような時にも、小心さから自分の身だけは潔癖に保とうとし、小異にこだわってしまう。日本の市民活動家などは皆その傾向がある」

堀茂樹
「自分が絶対的に正しいと確信する政策ではなく、他人たちも相乗りできそうな、相対的にマシな政策を打ち出す事。このリアリズムを実行する器量がなければ、自民党政権を打ち負かす多数派形成は夢のまた夢」

だけど、細川さんを統一候補とすべきだったのか、宇都宮さんを統一候補にすべきだったのか、私はわからない。依然として中途半端な気持ちのまま。

(小泉元首相の演説を動画で見たが、原発については共感した。この演説はもっと多くの人たちに聞いてほしいと思う。靖国参拝、イラク自衛隊派遣、新自由主義経済政策に私は反対だったが)

事実としてあるのは、自公側、安倍側が勝ったことだ。

かなり、がっくりしている。どうしてこうなってしまうんだろう。

考え続けるしか、そして、脱原発、安倍暴走ストップの集会やデモに行き続けるしか、ないのだと思う。
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ