2014/2/26

梅を見に行ったが空振り  旅・散歩

そろそろ梅が見ごろだろうね、どこへ行こうか?

三渓園は行ったし、横溝屋敷あたりも行ったし、三ツ池公園も、湯島天神も行ったばかりだし、今まで行っていないところ、そうだなぁ、都内の公園で行っていないのはどこだろう?

というわけで、浜離宮庭園に行ってきた。

新橋で下りて汐留のしゃれたビルの安いお店で昼食。工事中の分かりにくい道を歩いて、浜離宮恩賜庭園へ。徳川家の離宮として使われた後、明治維新後皇室のものとなった。建物のほとんどは関東大震災や空襲で焼失したという。現在は東京都の公園。

まず、
クリックすると元のサイズで表示します
三百年の黒松。みごとなものだった。

次いでお花畑。春は菜の花、秋はコスモスだそうだ。
クリックすると元のサイズで表示します
杭が倒れているのは、14日の大雪のせいだ。ネットは鳥の食害から守るため。

梅園は全然咲いてなかった。浜離宮の梅園は日当たりがよくない。それでいつも開花が遅いのだそうだ。それで、全景ではなく梅花アップの写真。一つに木に紅白の花が咲く珍しい梅。
クリックすると元のサイズで表示します

海側は水上バスの出発地にもなっている。レインボーブリッジやフジテレビのビルも見える。

が、こちらの写真がいいかな。
クリックすると元のサイズで表示します
東京タワー。

ビル群を背景にした庭園が浜離宮庭園らしさ、なのかな。
クリックすると元のサイズで表示します

目を細めて、海方面を見た。埋立地もなく、ビルも道路も橋もなく、ただ海原が広がっている風景を想像してみた。

きっと美しかったろうなぁ。気持ちの良い場所だったろうなぁ、と言っても当時、それを目にすることができたのは徳川様ご一行だけだけど。

大雪の被害で、立ち入り禁止の場所が多かった。

庭師の方が「枝が折れたりして、ひどいもんです」と言っていた。チェーンソーの音がして、ヒノキのような香りが漂ってきた。折れた枝の処理をしていたらしい。

2.14豪雪、孤立世帯はなくなり、不通だった鉄道もも開通したそうだが、雪の被害はこれからもっともっと深刻な形で明らかになってくるのではないだろうか。都心の公園ですらこうなのだから。

梅を見に行って、故郷の山々、田畑、人々の暮らしが心配になってしまった。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ