2014/5/10

谷保天満宮の池  旅・散歩

谷保天満宮は3回目かな。

狛犬
クリックすると元のサイズで表示します
よく見たら子犬がいる。親子狛犬なのだ。初めて気が付いた。

神社の説明に「湧水」という言葉があったので、ちょっと外に出てみた。

この辺りは武蔵野台地と多摩川低地との崖面(立川崖線)となっていて、湧水が多い。

きれいな水が道路わきを流れている。都市の下水とは思えないきれいさ。下水でなく用水と言うべきですね。
クリックすると元のサイズで表示します

この元はどこなのだろう、と探すと
厳島神社の池
クリックすると元のサイズで表示します
谷保天満宮の隣と言うか、境内にある。

神池(弁天池)。水は澄んでいる。
クリックすると元のサイズで表示します
鯉、フナはわかるが、ヤマメやニジマスもいたのにはびっくり。ハヤもいた。それと亀さんがいっぱい。甲羅干しをしていた。あと、カモが一羽、岩の上に止まっていた。

クリックすると元のサイズで表示します

この水は更に西隣の「常盤の清水」から湧き出したものだそうだ。

詳しくは「タチカワオンライン 多摩武蔵野ウォーキング 谷保天満宮・城山・ママ下湧水公園」に詳しい。

湧水は大好き。柿田川湧水も、富士山の忍野八海も行った。

40年くらい昔だけど石神井公園の三宝寺池の湧水も見た。これはそういうものがあると知らずに行ったので、かなり感激だった。池の底からプクプク清水が湧く様子が見えたのだ。

井の頭池、善福寺池と合わせて武蔵野三大湧水池だそうだ。井の頭池、善福寺池も行ったけど、泉が湧く様は見たことない。

上記で紹介しているウォーキングコース、今度行ってみたいと思う。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ